2018年09月19日

《MORE BLOOD, MORE TRACKS》速報&予習

 ネットでブートレッグ・シリーズ第14集《MORE BLOOD, MORE TRACKS》の曲目とやらが流れてきました。9月19日の時点でアマゾンにもリンクが出来始めています。

  

 第12集《1965-1966 THE CUTTING EDGE》でセッション全部を収録するという大盤振る舞いをしちゃったため、《BLOOD ON THE TRACKS》もそうしてくれなきゃ物足りませんが、Michael Krogsgaardが20年以上前に行なったテープ庫調査のデータと照らし合わせてみると、こうです。

Disc: 1
If You See Her, Say Hello
If You See Her, Say Hello
You're a Big Girl Now
You're a Big Girl Now
Simple Twist of Fate
Simple Twist of Fate
You're a Big Girl Now
Up to Me
Up to Me
Lily, Rosemary and the Jack of Hearts
Lily, Rosemary and the Jack of Hearts

Disc: 2
Simple Twist of Fate
Simple Twist of Fate
Simple Twist of Fate
Call Letter Blues
Meet Me in the Morning
Call Letter Blues
Idiot Wind
Idiot Wind
Idiot Wind
Idiot Wind
Idiot Wind
You're Gonna Make Me Lonesome When You Go
You're Gonna Make Me Lonesome When You Go
You're Gonna Make Me Lonesome When You Go
You're Gonna Make Me Lonesome When You Go
You're Gonna Make Me Lonesome When You Go
You're Gonna Make Me Lonesome When You Go
You're Gonna Make Me Lonesome When You Go
You're Gonna Make Me Lonesome When You Go
You're Gonna Make Me Lonesome When You Go

Disc: 3
Tangled Up in Blue

ここまでが1974年9月16日のセッション初日。既にオフィシャル筋からリリースされてるものは今回はカット? 14.はバディー・ケイジのペダル・スティールがオーバーダブされてないバージョンでしょうか? この部分に対応するセッション・データはこう:

A & R Studios
New York City, New York
16 September 1974

1st Blood On The Tracks recording session, produced by Bob Dylan.

1. If You See Her, Say Hello
2. If You See Her, Say Hello
3. You're A Big Girl Now
4. You're A Big Girl Now
5. Simple Twist Of Fate
6. Simple Twist Of Fate
7. You're A Big Girl Now
8. Up To Me
9. Lily, Rosemary And The Jack Of Hearts
10. Simple Twist Of Fate
11. Simple Twist Of Fate
12. Simple Twist Of Fate
13. Call Letter Blues
14. Meet Me In The Morning
15. Call Letter Blues
16. Idiot Wind
17. Idiot Wind
18. Idiot Wind
19. Idiot Wind
20. Idiot Wind
21. Idiot Wind
22. You're Gonna Make Me Lonesome When You Go
23. You're Gonna Make Me Lonesome When You Go
24. You're Gonna Make Me Lonesome When You Go
25. You're Gonna Make Me Lonesome When You Go
26. You're Gonna Make Me Lonesome When You Go
27. You're Gonna Make Me Lonesome When You Go
28. You're Gonna Make Me Lonesome When You Go
29. You're Gonna Make Me Lonesome When You Go
30. Tangled Up In Blue

Bob Dylan (guitar, vocal), Charles Brown III (guitar), Barry Kornfeld (guitar), Eric Weissberg (guitar), Thomas McFaul (keyboards), Tony Brown (bass), Richard Crooks (drums).

Notes
・ 11, 17, 18, 20, 22-25, 27, 28, and 30 are interrupted.
・ 3, 4 Your A Big Girl Now on recording sheet.
・ 5, 10 Simple Twist A'Fate on recording sheet.
・ 9 Jack Of Hearts on recording sheet.
・ 21 overdubbed October 8, 1974
・ No unreleased tracks are in circulation.
・ Recorded 6 pm - midnight.

 

Official releases
9, 14 and 21 in overdubbed version released on the test pressing of BLOOD ON THE TRACKS, Columbia PC-33235, November, 1974.
14 released on BLOOD ON THE TRACKS, Columbia PC-33235, January 17, 1975.
14 released in remastered version on the CD/SACD BLOOD ON THE TRACKS, Columbia 512350-6 as part of the CD box BOB DYLAN REVISITED, THE REISSUE SERIES, 24 March 2004.
14 released in remastered version on BLOOD ON THE TRACKS, Columbia 88691924312-18 as part of the CD box THE COMPLETE ALBUM COLLECTION, VOL. ONE, 5 November 2013.
14 released on BLUES, Columbia/Legacy 88697009172, 19 December 2006.
15, 30 released on THE BOOTLEG SERIES (RARE & UNRELEASED) 1961-1991, Volume 2, Columbia 468 086 2, March 26, 1991.
2 released on THE BOOTLEG SERIES (RARE & UNRELEASED) 1961-1991, Volume 3, Columbia 468 086 2, March 26, 1991.




Disc: 3続き
You're a Big Girl Now
You're a Big Girl Now
Tangled Up in Blue
Tangled Up in Blue
Spanish Is the Loving Tongue
Call Letter Blues
You're Gonna Make Me Lonesome When You Go
Shelter from the Storm
Buckets of Rain
Tangled Up in Blue
Buckets of Rain
Shelter from the Storm
Shelter from the Storm
Shelter from the Storm

Disc: 4
You're Gonna Make Me Lonesome When You Go
You're Gonna Make Me Lonesome When You Go

ここまでが9月17日。ミュージシャン数が減ってきてるのに注目。

A & R Studios
New York City, New York
17 September 1974

2nd Blood On The Tracks recording session, produced by Bob Dylan.

1. You're A Big Girl Now
2. You're A Big Girl Now
3. Tangled Up In Blue
4. Unidentified Song
5. Blues
6. You're Gonna Make Me Lonesome When You Go
7. Shelter From The Storm
8. Shelter From The Storm
9. Buckets Of Rain
10. Tangled Up In Blue
11. Buckets Of Rain
12. Shelter From The Storm
13. Shelter From The Storm
14. Shelter From The Storm
15. You're Gonna Make Me Lonesome When You Go
16. You're Gonna Make Me Lonesome When You Go

Bob Dylan (guitar, vocal), Tony Brown (bass), Paul Griffin (organ).

Notes
・ 4, 5 are interrupted.
・ 6, 15, 16 Lonesome on recording sheet.
・ 7, 8, 12–14 Shelter on recording sheet.
・ 10 Tangled Up on recording sheet.
・ No unreleased tracks are in circulation.
・ The released version of track 7 has both bass and organ removed from the mix, due to bad timing from the bass player Tony Brown (source ICE).
・ Recorded 7 pm – 1 am.

 

Official releases
2 released on BIOGRAPH, Columbia C5X & C3K 38830, October 28, 1985.
2 released on SIDE TRACKS, DISC TWO, Columbia 88691924312-47 as part of the CD box THE COMPLETE ALBUM COLLECTION, VOL. ONE, 5 November 2013.
2, 14, and 16 released on the test pressing of BLOOD ON THE TRACKS, Columbia PC-33235, November, 1974.
14 and 16 released on BLOOD ON THE TRACKS, Columbia PC-33235, January 17, 1975.
14 and 16 released in remastered versions on the CD/SACD BLOOD ON THE TRACKS, Columbia 512350-6 as part of the CD box BOB DYLAN REVISITED, THE REISSUE SERIES, 24 March 2004.
14 and 16 released in remastered versions on BLOOD ON THE TRACKS, Columbia 88691924312-18 as part of the CD box THE COMPLETE ALBUM COLLECTION, VOL. ONE, 5 November 2013.
14 released in the UK on THE ESSENTIAL BOB DYLAN, Columbia C2K 85168, 31 October 2000.
7 released on Jerry Maguire - Music From The Motion Picture, Epic Soundtrax EK 67910, December 10, 1996.
7 released on THE BEST OF BOB DYLAN, Columbia SONYTV28CD, June 2, 1997.
16 released on CD PURE DYLAN – AN INTIMATE LOOK AT BOB DYLAN, Sony Music 8 86979 88082 5, 21 October 2011.


Disc: 4続き
Buckets of Rain
Buckets of Rain
Buckets of Rain
Buckets of Rain

9月18日はバディー・ケイジが呼ばれて、2人でセッション。セッション・データよりもトラック数が多いではないか! この日は、以上の他に初日の〈Meet Me In The Morning〉と2日目の〈You're A Big Girl Now〉にペダル・スティールのオーバーダブ。

A & R Studios
New York City, New York
18 September 1974
3rd Blood On The Tracks recording session, produced by Bob Dylan.

1. Buckets Of Rain
2. Buckets Of Rain

Bob Dylan (guitar, vocal), Buddy Cage (steel guitar).

Notes.
・ 1 is interrupted.
・ Remix of the previous sessions was done this day.
・ An overdub of Meet Me In The Morning and You're A Big Girl Now may have been done during this session.
・ Recorded 4-8 pm.

『A SIMPLE TWIST OF FATE: Bob Dylan And The Making Of BLOOD ON THE TRACKS』によると。バディー・ケイジのオーバー・ダブは9月24日となっていて、インタビュー等からセッションの内容をこう推測:

1. Meet Me In The Morning
2. Meet Me In The Morning
3. Meet Me In The Morning
4. Meet Me In The Morning
5. Meet Me In The Morning
6. Meet Me In The Morning
7. Meet Me In The Morning
8. Call Letter Blues
9. You're Big Girl Now
10. Tangled Up In Blue (?)
11. Idiot Wind

Krogsgaardの調査よりも『Making』の方が新しいので、後者の方が新事実を反映してそうだと思ってましたが、CDの曲目は前者のほうに近そうです。


Disc: 4続き
Up to Me
Up to Me
Buckets of Rain
Buckets of Rain
Buckets of Rain
Buckets of Rain
If You See Her, Say Hello
Up to Me
Up to Me
Up to Me
Buckets of Rain
Meet Me in the Morning
Meet Me in the Morning
Buckets of Rain

Disc: 5
Tangled Up in Blue
Tangled Up in Blue
Tangled Up in Blue
Simple Twist of Fate
Simple Twist of Fate
Up to Me
Up to Me
Idiot Wind
Idiot Wind
Idiot Wind
You're a Big Girl Now
Meet Me in the Morning
Meet Me in the Morning

Disc: 6
You're a Big Girl Now
Tangled Up in Blue
Tangled Up in Blue

19日はベースのトニー・ブラウンとふたりだけでセッション。ニューヨーク・セッションはこれで終了。ここまでに録音したものから一度はアルバムがまとめられたのですが、しばらくすると気が変わり、年末にミネアポリスでセッションすることになりました。

A & R Studios
New York City, New York
19 September 1974

4th Blood On The Tracks recording session, produced by Bob Dylan.

1. Up To Me
2. Up To Me
3. Buckets Of Rain
4. Buckets Of Rain
5. Buckets Of Rain
6. Buckets Of Rain
7. If You See Her, Say Hello
8. Up To Me
9. Up To Me
10. Up To Me
11. Meet Me In The Morning
12. Meet Me In The Morning
13. Buckets Of Rain
14. Tangled Up In Blue
15. Tangled Up In Blue
16. Tangled Up In Blue
17. Simple Twist Of Fate
18. Simple Twist Of Fate
19. Simple Twist Of Fate
20. Up To Me
21. Up To Me
22. Idiot Wind
23. Idiot Wind
24. Idiot Wind
25. Idiot Wind
26. You're A Big Girl Now
27. Meet Me In The Morning
28. Meet Me In The Morning
29. Meet Me In The Morning
30. Meet Me In The Morning
31. Meet Me In The Morning
32. Meet Me In The Morning
33. Tangled Up In Blue
34. Tangled Up In Blue
35. Tangled Up In Blue

Bob Dylan (guitar, vocal), Tony Brown (bass).

 

Official releases
6, 7, 19, and 15 or 16 released on the test pressing of BLOOD ON THE TRACKS, Columbia PC-33235, November, 1974.
6, 19 released on BLOOD ON THE TRACKS, Columbia PC-33235, January 17, 1975.
6, 19 released in remastered versions on the CD/SACD BLOOD ON THE TRACKS, Columbia 512350-6 as part of the CD box BOB DYLAN REVISITED, THE REISSUE SERIES, 24 March 2004.
6, 19 released in remastered versions on BLOOD ON THE TRACKS, Columbia 88691924312-18 as part of the CD box THE COMPLETE ALBUM COLLECTION, VOL. ONE, 5 November 2013.
19 released on THE BEST OF BOB DYLAN VOL 2, Columbia COL 498361 9, 8 May 2000.
19 released on 3 CD box set DYLAN, Columbia 88697114202-D2, 1 October 2007.
19 released in the UK on BEYOND HERE LIES NOTHIN’, Sony Music 8 86979 83862, 24 October 2011.
21 released on BIOGRAPH, Columbia C5X & C3K 38830, October 28, 1985.
21 released on SIDE TRACKS, DISC TWO, Columbia 88691924312-47 as part of the CD box THE COMPLETE ALBUM COLLECTION, VOL. ONE, 5 November 2013.
25 released on THE BOOTLEG SERIES (RARE & UNRELEASED) 1961-1991, Volume 2, Columbia 468 086 2, March 26, 1991.
One of the complete takes of Meet Me In The Morning was released on vinyl single Duquesne Whistle, Columbia 8765-8765-40533-7, 18 November 2012.

Notes
・ 1, 4, 5, 8, 14, 15, 20, 22-24, 27, 28, 31, 33, and 34 are interrupted.
・ 17, 29, 30, 32 are false starts.
・ 14, 16 Tango on recording sheet.
・ No unreleased track is in circulation.
・ Recorded 7 pm - 3 am.


Disc: 6続き
Idiot Wind
You're a Big Girl Now

12月27日ミネアポリスでのやり直しセッション初日。セッション・データとは順番が逆です。新事実が判明したのでしょうか。本当にこれだけ? 〈Idiot Wind〉はボブのハモンドがオーバーダブされてないバージョンが収録されるのでしょうか? 〈You're A Big Girl Now〉はボブのリード・ギターがオーバーダブされてないバージョン?

Sound 80 Studio
Minneapolis, Minnesota
27 December 1974

5th Blood On The Tracks recording session, produced by Bob Dylan.

1. You're A Big Girl Now
2. Idiot Wind

Bob Dylan (vocal, guitar & harmonica), Kevin Odegard (guitar), Peter Ostroushko (mandolin), Billy Peterson (bass), Gregg Inhofer (keyboards). Bill Berg (drums).

 

Official releases
Released on BLOOD ON THE TRACKS, Columbia PC 33235, January 17, 1975.
Released on BLOOD ON THE TRACKS, Columbia HC 43325, (half-speed mastered), 1981.
Released on BLOOD ON THE TRACKS, Columbia CK 33235, (CD), 1984.
Released in remastered versions on the CD/SACD BLOOD ON THE TRACKS, Columbia 512350-6 as part of the CD box BOB DYLAN REVISITED, THE REISSUE SERIES, 24 March 2004.
Released in remastered versions on BLOOD ON THE TRACKS, Columbia 88691924312-18 as part of the CD box THE COMPLETE ALBUM COLLECTION, VOL. ONE, 5 November 2013.

『Making』ではケヴィン・オドガードらのインタビューから、セッションの内容をこう推測:
1. Idiot WInd (rehearsal)
2. Idiot Wind
3. Idiot Wind
4. Idiot Wind
5. Idiot Wind
6. You're A Big Girl Now
7. You're A Big Girl Now


Disc: 6続き
Tangled up in Blue
Lily, Rosemary and the Jack of Hearts
If You See Her, Say Hello

12月30日、やり直しセッション2日目にして最終日。本当にこれだけ? 何度かやり直してないの? 〈If You See Her〉はボブのマンドリンがオーバーダブされてないバージョン?

Sound 80 Studio
Minneapolis, Minnesota
30 December 1974

6th and last Blood On The Tracks recording session, produced by Bob Dylan.

1. Tangled Up In Blue
2. Lily, Rosemary And The Jack Of Hearts
3. If You See Her, Say Hello

Bob Dylan (vocal, guitar & harmonica), Kevin Odegard (guitar), Peter Ostroushko (mandolin), Billy Peterson (bass), Gregg Inhofer (keyboards). Bill Berg (drums).
1, 2 Bob Dylan harmonica.

 

Official releases
Released on BLOOD ON THE TRACKS, Columbia PC 33235, January 17, 1975.
Released on BLOOD ON THE TRACKS, Columbia HC 43325, (half-speed mastered), 1981.
Released on BLOOD ON THE TRACKS, Columbia CK 33235, (CD), 1984.
Released in remastered versions on the CD/SACD BLOOD ON THE TRACKS, Columbia 512350-6 as part of the CD box BOB DYLAN REVISITED, THE REISSUE SERIES, 24 March 2004.
Released in remastered versions on BLOOD ON THE TRACKS, Columbia 88691924312-18 as part of the CD box THE COMPLETE ALBUM COLLECTION, VOL. ONE, 5 November 2013.
1, 3 released on single Columbia 3-10106, February 1975.
1 released on DYLAN ON DYLAN, Westwood One (Radio Station Discs), November 17, 1984.
1 released on BIOGRAPH, Columbia C5X 38830/C3K 38830, October 28, 1985.
1 released on BOB DYLAN’S GREATEST HITS VOLUME 3, Columbia 477805 2, November 15, 1994.
1 released on THE BEST OF BOB DYLAN, Columbia SONYTV28CD, June 2, 1997.
1 released in the UK on THE ESSENTIAL BOB DYLAN, Columbia C2K 85168, 31 October 2000.
1 released on 3 CD box set DYLAN, Columbia 88697114202-D2, 1 October 2007.
1 released in the UK on BEYOND HERE LIES NOTHIN’, Sony Music 8 86979 83862, 24 October 2011.
3 released on CD PURE DYLAN – AN INTIMATE LOOK AT BOB DYLAN, Sony Music 8 86979 88082 5, 21 October 2011.

『Making』ではケヴィン・オドガードらへのインタビューからセッションの内容をこう推測:
1. Tangled Up In Blue (G version)
2. Tangled Up In Blue (partial A version, rehearsal)
3. Tangled Up In Blue
4. Lily, Rosemary and the Jack Of Hearts (rehearsal)
5. Lily, Rosemary and the Jack Of Hearts
6. If You See Her, Say Hello (rehearsal)
7. If You See Her, Say Hello


Gのキーで演奏した〈Tangled〉収録希望。リハーサルから何から、テープがあるやつは全部収録してくれればいいのに。


 このブログで掲載した《Blood On The Tracks》関係の記事は以下の通りです:

・階下で練習するボブ・ディラン
http://heartofmine.seesaa.net/article/444165481.html
・『血の轍』ニューヨーク・セッション秘話
http://heartofmine.seesaa.net/article/246396589.html
・Meet Me In The Morning(別テイク)
http://heartofmine.seesaa.net/article/303455052.html
・【ISIS Selection 09】メイキング・オブ《血の轍》
http://heartofmine.seesaa.net/article/301330820.html

 《BLOOD ON THE TRACKS》セッションに関しては以下の本は必読

 

 
posted by Saved at 23:16| Comment(0) | Bob Dylan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月17日

編集者が語る新写真集『Led Zeppelin Live: 1975-1977』の見どころ

 エディーの日の別音源に関する記事イギリスの有名ブートレッガー死去の記事を快く提供していただいたLed Zeppelin Newsに、『Led Zeppelin Live: 1975-1977』の編集を担当した人物のインタビューが掲載されました。その編集者とは、キース・ムーン最後のザ・フーのライヴにウィングスのTシャツを着て出かけ、ステージに飛び乗ってピート・タウンゼントに抱きついたデイヴ・ルイスです。今回も本サイトに記事を快く提供していただきました。





編集者が語る新写真集『Led Zeppelin Live: 1975-1977』の見どころ
聞き手:ledzepnews


 1975〜77年に行なわれたコンサートから、6ショウに焦点をあてた新写真集『Led Zeppelin Live: 1975-1977』が発売された。編集を担当したのは、レッド・ツェッペリンのファンジン『Tight But Loose』を長年に渡って出しているデイヴ・ルイスだ。
 当サイト(LedZepNews)でも、この本は超オススメ。まさにファン必携だ。『Tight But Loose』のウェブサイトでは、ルイスのサイン入りの特別エディションが150部限定、£29.95(プラス送料)で販売されているが、通常版はアマゾンでも購入することが出来る。
 ルイスは『Led Zeppelin Live: 1975-1977』に関するメール・インタビューに答えてくれたので、ここでその全文を掲載する:

Author-pic-one-1-1.jpg


まず、どのような経緯があってこの『Led Zeppelin Live: 1975-1977』の編集に関与したのですか?

 昨年、Iconic Images/ACC Editionsが、テリー・オニールが撮影したデヴィッド・ボウイの写真集『When Ziggy Played The Marquee』を出したんだ。アメリカのテレビ番組『Midnight Special』のために1973年10月にロンドンのマーキー・クラブで撮影された『The 1980 Floor Show』の写真を収めた本だ。長年『Tight But Loose』の読者で友人でもあるメルヴィン・ビリンガムが、その撮影に居合わせていて、彼の思い出話がその本の中でフィーチャーされている。



 このボウイ本が発売される際に、彼がIconic Imagesの編集者、キャリー・カニアと話をしたところ、ツェッペリンの写真集も出す計画もあるって明かされたんだ。で、メルヴィンはキャリーにオレに声をかけることを勧め、昨年秋に、オレはこの計画に関して初めてキャリーと言葉を交わした。Iconic Imagesは基本的に、3人の写真家、テリー・オニール、マイケル・ブレナン、バロン・ウォルマンの作品の権利を持ってたんだ。
 2017年10月頃、キャリーはオレに本という形にまとめたい一連の写真を見せてくれた。オレの印象に残ったのは、全ての写真がバンドの後半の時期のものだっってことだ。大人数のオーディエンス、大きなステージ・セット、大きな照明、レーザー光線、そしてドラゴン・スーツの頃だ。キャリーはジミ・ヘンドリクスの本、ローリング・ストーンズの本も見せてくれたんだけど、この出版社は自分たちが何をやってるのかしっかりわかっていた。

image_4.jpg


写真を見た時の最初の反応は?

 まず、Iconic Imagesが持ってた写真にとても感動した。一目見て、この素晴らしい写真を通してレッド・ツェッペリン後期の物語を語ることが出来るなって思ったよ。音楽ファンの間で見たいという需要が高まり、バンド側でも劇的な演出でショウを見せようという意識が高まったタイムリーな時期をとらえている。運動靴にデニムって時代はとっくに過ぎ去っていた。
 1975年から、ロック・コンサートの演出が特に派手になったのと同時に、彼らが触れるもの全てが大スケールになった。黒の背景幕が付いている80×40フィートの大きさのステージを特注で作って、アンコールでステージに戻って来る時には、300個のフラッシュライトが同時に光って、大きく「Led Zeppelin」という文字を浮きあがらせていた。レーザー光線をショウで使用するのもレッド・ツェッペリンが先駆けだ。ペイジが〈Dazed And Confused〉でバイオリンの弓を剣みたいに振り回す際に、空中を貫く効果を出していた。ジョン・ボーナムのドラムキットが高い台に載せられたのも、この年が初めてだった。
 衣装も派手になった。ロバート・プラントは胸を見せつけるようなヒラヒラの上着を着てて、ジミー・ペイジは手の込んだ刺繍のしてある派手なドラゴン・スーツを着てた。
 実際、このやり過ぎの時代のツェッペリンが最も写真映えしていた頃だった。しかも、幸運なことに、世界中の才能ある写真家がそれをしっかり撮影してくれていた。キャリーから、編集者としてプロジェクトに参加して本を完成に導いてくれって言われて、オレはそれに同意した。
 『Five Glorious Nights:Led Zeppelin at Earls Court 1975』という本をまとめた時と似たような方法で、与えられたコンタクト・シートを見ながら、順番や配列のようなものを決める作業に取りかかった。それぞれの写真家の作品を見比べて、写真を分析し、出来る限り演奏曲目の順番に並べて、短い説明文を付けてみることにした。時折、ロバート・プラントがステージから喋った言葉も交えながら。

デザインの段階にも関与してたんですか?

 写真集の体裁はこうであるべきだとはっきりと意見を言わせてもらったよ。スケッチ帳に写真の順番のレイアウトを作ったくらいさ。スクラッブ・ブックのフォーマットに、持ってる写真を文字通りカット&ペーストしたんだよ。『Five Glorious Nights』のレイアウトをやった時も、この方法を使ったんだ。原始的なんだけど効果のあるやり方を使って、デザイナーのスティーヴン・リードに、本はこういう体裁がいいっていう指針をはっきりと示すことが出来たよ。感心なことに、スティーヴンはその指示通りにやってくれた。

本のタイトルは誰が思いついたんですか?

 キャリーが既に『Led Zeppelin Live』っていうタイトルを考えてたんで、本が扱ってる時代がはっきりとわかるように「1975-1977」って加えようってオレが提案した。後期ツェッペリンを紹介する本を目指すというのは、最初の段階からはっきりしてることだった。
 2018年1月上旬にキャリーとデザイナーのスティーヴン・リードと会って、以上のことを伝えた。数時間話し合って作業のベンチマークとなるものが出来上がり、次の数週間で、オレが仮のデザインを考えて、適切なキャプションとギグに関するコメントと序文を書いたんだ。

image_5.jpg


デザインの段階はスムーズに進行しましたか?

 とてもね。キャリーとスティーヴンはとても仕事をしやすい人で、一緒にこの本を作るのはとても楽しかった。真の問題は、オレが現在取り組んでる本のプロジェクトのスケジュールにどう合わせるかだった。マイク・トレマグリオと共著で『Evenings With Led Zeppelin: The Complete Concert Chronicle』にも取り組んでる最中だったんで、2つのプロジェクトのスケジュール調整は大変だったけど、どうにか乗り切ったよ。

締め切りには間に合ったんですね。

 もちろん。それも、キャリーとスティーヴンとオレが同じヴィジョンを共有してたからこそ、スムーズに出来たことさ。どうすればいい本になるか、皆、わかってたからね。マイク・トレマグリオが相談役、校正係として手を貸してくれたということも付け加えておかなきゃいけない。熱心に細かいところまで気を配ってくれたおかげで、キャプションやコメントを書くのに、大いに助けとなったよ。

写真に関してもっと詳しいことを話していただけますか。まずは、テリー・オニールの写真群から始めましょうか。

 テリー・オニールがツェッペリンの写真を抱えてることは、しばらく前から知ってたよ。アールズ・コート公演の写真や、Iconic Images/ACC Editionsから出たテリーの写真をね。テリーは1960年代のファッションやヘアスタイル、有名人を撮影していることで名をあげた人だけど、ビートルズやローリング・ストーンズ、トム・ジョーンズ、デヴィッド・ボウイ、エルトン・ジョンといったロックやポップの超大物とも仕事をやってるんだ。
 テリーが撮影したアールズ・コート公演の写真群は、キャリアが真のピークを迎えているバンドの姿をとらえている。照明やレーザー光線、ステージ衣装は、1970年のロック時代を雄弁に表してる最も代表的なイメージだ。ツェッペリンの写真の中で、これ以上に皆に見られているものはあまりないと思う。
 Iconic Images社が持ってたのは、テリーが撮影したアールズ・コート公演の白黒写真に加えて、途中で中止になっちゃった1977年6月3日のタンパ・スタジアム公演、その後の6月7日に行なわれたマディソン・スクエア・ガーデン公演の写真だ。
 ビックリする写真もあった。見たことのないやつだ。アールズ・コート公演のものなんだけど、ロバート・プラントの衣装から1975年5月23日(金)のコンサートだとわかった。1975年のアメリカ・ツアーではよく好んで着ていた、赤いサクランボの模様の入った上着を、この晩だけ着てたんだ。アールズ・コートの他の4公演では、これとは明確に区別の出来る黒いブラウスを着ていた。テリー・オニールがアールズ・コートで撮影した写真群の中には、ステージに出る直前に、アールズ・コートのバックステージ・エリアで撮影した一連のグループ写真もあった。その中の1枚が、後に、スワン・ソングのオフィスが宣伝用に配布した10×8(インチ)大の写真に使われた。このショットのコンタクト・シートはp.12〜13に載っている。オフステージでバンド全員でポーズを取ってる写真は、後期ツェッペリンではとても珍しいので、今回、それを紹介することが出来てとても嬉しいよ。アコースティック・セットをクローズアップで撮影した素晴らしい写真、ジョン・ボーナムが〈Moby Dick〉を演奏しているシーン、巨大な「Led Zeppelin」のネオン・サインに後ろから照らされてアンコールに応えているところの写真もある。

image_3.jpg


 この時期のロバート・プラントはマジでロックの巨神のように見え、テリーはこのイメージを収めた素晴らしい写真を多数残している。ルーファス・ストーン社のために『Five Glorious Nights』をまとめた際には、テリー・オニールの写真は入手出来てなかったんで、今回、もっと多くの人にテリーの写真を紹介することが出来て、本当に喜ばしく思う。

テリー・オニールの撮影した1977年の写真は以前も見ることの出来たものですか?

 これも殆ど未発表だ。1977年6月のデイリー・ミラー紙に2回にわけて掲載された「バンド・オブ・ブラザーズ」という特集でいくつか発表されただけだ。面白いことに、テリーはタンパでもオフステージでグループ・ショットを撮ってるんだよ。タンパ・スタジアム公演は2つの理由で重要だ。まず、この大会場に戻って来たのは1973年以来久しぶりだったという点。1973年の時は1つのグループが集めた観客数としては最多の56,000人を記録して『ギネスブック』に載ったんだ。そして、1977年6月3日にはさらに多くの70,000人が集まり、輝かしい凱旋公演になるはずだった。でも、残念なことに天候のせいでそうはならなかった。ギグの前にその地域では滝のように雨が降り、レッド・ツェッペリンがステージに登場した頃には黒い雲がまた出てきてしまった。雨の中、これ以上は危険ということで、たった15分演奏しただけでステージを離れなきゃならなかった。ギグは結局中止となり、地元の新聞はガッカリする客の様子を報じてる。
 テリーはそのまっただ中にいたんだ。客席の群衆を写した壮観な写真と、15分という超短いセットの間に撮影したクローズ・アップの写真がある。それから意味深長なバックステージ・ショットだ。このギグの後だから、衣装が濡れてるように見える。

1977年のマディソン・スクエア・ガーデン公演の写真も載っていますが。どの晩のものですか?
 
 残念な結果に終わったタンパ公演なんて、もう、ずっと過去のものになってしまってた。テリーが撮影したショウは1977年6月7日のものだ。ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンでの6回公演の第1夜だ。レッド・ツェッペリンはこの会場では必ず名演を残してるよね。丁度その頃、イギリスではエリザベス女王の即位25周年記念を国民の祝日にして祝ってたんで、ロバート・プラントはショウの間に1度ならずこのことに触れている。
 今回の本には、ジミー・ペイジがオープニング曲〈The Song Remains The Same〉を演奏しているシーン、ジョン・ポール・ジョーンズが〈Ten Years Gone〉で珍しいトリプル・ネック・ギターを持ってるシーン、ステージ前方に4人全員が集まって〈The Battle Of Evermore〉を演奏している(ジョン・ポール・ジョーンズはヴォーカルも担当)シーンといった素晴らしい写真もある。

次はマイケル・ブレナンのコレクションについてうかがいたいです。

 マイケルもテリーと同様、正しい時に正しい場所にいた。イギリスの複数の日刊紙に写真を提供して名をなした写真家だ。マイケルは1973年にアメリカに移住して、音楽やスポーツの関係の写真を撮る仕事を始めた。有名なものには、1977年に撮影したモハメド・アリの写真がある。

ザ・スターシップ上で撮影した素晴らしい写真がありますね。

 そう。1975年のアメリカ・ツアーでは、マイケルはザ・スターシップという名のレンタル・ジェット機(ボーイング720B)でバンドと一緒にツアーしたんだ。そういうふうに移動するのがいかに豪華なスタイルだったかよくわかる、最高の写真をものにした。
 1月31日のデトロイトのオリンピア・スタジアム公演では、マイケルはバンドに極めて近いところにいた。波乱含みなのがいかにもツェッペリンのスタイルなんだけど、ツアー前半にはいくつかトラブルがあったんだ。ジミー・ペイジが指を怪我したり、ロバート・プラントがインフルエンザでダウンしたりとね。メンバーは困難に勇敢に立ち向かってた。マイケルの写真は、一部はステージ上で撮影されていて、1975年のアメリカ・ツアーの派手なプレゼンテーションの一環の豪華な衣装を全て、見事にとらえてる。

image.jpg


 そのコンサートではステージのごく近いところに観客がいて、ステージの縁のところまで来たジミー・ペイジにファンがジャック・ダニエルズを差し入れする素敵な写真もある。マイケルはバックステージでメンバーを接写した写真もものにしている。『時計仕掛けのオレンジ』のコスプレをしているジョン・ボーナムが、ショウの前に物憂げな表情をしている写真もある。マネージャーのピーター・グラントが写ってるものも2枚ほどある。

最後はバロン・ウォルマンです。

 バロン・ウォルマンの写真は昔からずっと親しんでるよ。バロンは元ローリング・ストーン誌の写真家で、彼の写真はいろんな本の中で注目を集めてきた。バロンとは、2011年にロンドンのFOPP(レコード&書籍の店)で彼が写真集『Every Picture Tells a Story:The Rolling Stone Years』のサイン会をやった際に、会ったことがある。2016年にプラウド・ギャラリー・カムデンでウッドストック写真展をやった時にも見に行ったよ。

 


 Iconic Imagesはバロンがオークランド・アラメダ・カウンティー・コロシアムで撮影したツェッペリンのカラー写真の権利を持ってたんだ。バロンは7月23日と24日の両方を撮影してた。使いたいと思ったカラー写真の大部分は7月23日のショウだ。ロバートが「Nurses Do it Better」(看護婦のほうがアレがお上手)Tシャツを着てるから、明確に区別が出来る。
 カリフォルニア州オークランドにあるオークランド・アラメダ・カウンティー・コロシアムというオープンエアの会場で、2日間、それぞれ55,000人のファンの前で演奏したんだ。午後に行なわれた公演で、ストーンヘンジみたいに作られた奇妙なステージセットだった。日の光に照らされたバンドを写したバロンの写真は大スタジアムのセットをユニークなアングルから見せてくれる。
 残念なことに、オークランド公演は23日にバックステージで起こった暴力沙汰のせいでケチがついてしまったけど、この時期の様子がカラーで鮮明に写ってる写真は素晴らしい。ステージの袖にはジミーのギターがズラリと並んでる。ドラゴン・スーツも戻ってきた。プラントはどんなポーズを取っていてもロックの神様みたいだ。バックステージで何が起こってようとも、メンバー全員、とても起源が良く楽しそうだ。今回の写真集全体で最も印象的な写真の1つが、アコースティック・セットでジミー・ペイジがマンドリンを弾いていて、その隣でジョン・ボーナムがタンバリンを叩いてるものだ。オークランド公演の写真は、ジョンがアメリカで最後に行なったレッド・ツェッペリンのコンサートで撮影されたものだって思うと、心が痛むよね。

既にたくさんのレッド・ツェッペリン写真集が出ていますが、今回の本をツェッペリン・ファンが棚が軋むほど抱えてるコレクションに加えるべき理由は何だと思いますか?

 ツェッペリンの後期に焦点を当てている点だ。後期のツェッペリンのツアーの大スケールに焦点があたってる。大きなステージでたくさんのオーディエンスの前で演奏してたこの頃は、最も華やかで写真映えしてた時期だ。『Five Glorious Nights』と同様、そうしたコンテクストの中で写真を紹介し、そうした瞬間にバンドの中で起こってたことをいくらかでもわかってもらえるように努めた。『Led Zeppelin Live: 1975-1977』は、レッド・ツェッペリンが世界でトップのライヴ・アトラクションであると真に言えた時期の、威厳と壮観さをとらえている写真集だ。
 それを写真で証明する本を作るプロセスに関与することが出来たのは、とても名誉なことだよ。


The original article "Dave Lewis on his new photo book 'Led Zeppelin Live: 1975-1977'"
http://ledzepnews.com/2018/09/10/dave-lewis-on-his-new-photo-book-led-zeppelin-live-1975-1977/
Reprinted by permission


   

posted by Saved at 20:16| Comment(0) | Led Zeppelin | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月14日

映画『Paul Is Dead』10月1日公開

Paulis Dead.jpg


 ポール死亡説をもとにしたコメディー映画のウェブページを発見しました。今は予告編やポスター、プレスリリース等しか見ることができませんが、10月1日からは本編もここで見ることができるようです。

https://www.paulisdeadfilm.com/

 この本を読んでおくと、面白く見れること間違いなし。

  
posted by Saved at 21:26| Comment(0) | Beatles | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月11日

1965年と2018年のポール

 facebookでこんな写真が流れてきました。耳の形が少し違ってるような…。

paul.jpeg


 
posted by Saved at 20:44| Comment(0) | Beatles | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月05日

グレイトフル・テーパーズ:ファンによるコンサート録音の歴史

 ちょうど30年前に『Audio』誌に掲載された面白記事を発見したので、ここで紹介します。グレイトフル・デッドのファンがバンドの音楽を愛しすぎてコンサートの録音に情熱を燃やし、遂にはバンド側が正式に録音者用のセクションまで用意するまでに至った紆余曲折は、このブログでも手短に紹介してますが、アメリカのオーディオ雑誌にグレイトフル・デッドのショウの録音の歴史に関するこんな本格的な記事が掲載されてたなんて知りませんでした。しかも、書いたのは10年くらい前に六本木の炉端焼の店で一緒に食事をしたオジサンじゃないですか〜。
 SDカードやコンパクト・フラッシュ等にデータを記録するデジタル・レコーダーどころか、DATもまだ市販されてない頃に書かれた記事ですが、ひとつ言えることがあります。グレイトフル・デッドは日本とは殆ど縁がなく、こちらでは人気もなかったバンドですが、テーパーズ・セクションやテープ・トレードの世界を席巻していたのはメイド・イン・ジャパンの製品です。この記事では主にハード面の日本のメーカーが言及されていますが、カセット時代、DAT時代を通して、記録媒体として好んで使われていたのはMaxell、TDK、Sony、Denon等、日本のメーカーのテープでした。グレイトフル・デッドの重要なシーンを支えていたのは日本の製品なのです。海の向こうでそんなことを思いながら録音していた人、テープを聞いてた人は、あまりいないと思いますが…。
 この記事から30年経った今、テーパーたちの努力はインターネットに蓄積されています。記事の要所要所に、関連音源を聞くことの出来るリンクを作っておきましたので、是非クリックしながら読んでください。



GD Tapers01.jpeg


nash.jpg

昨年夏、友人たちとコンサートを楽しむ著者、マイケル・ナッシュ(ヒゲのオジサン)



グレイトフル・テーパーズ
ファンによるコンサート録音の歴史

文:マイケル・ナッシュ(写真:フィリップ・グールド)


 「ヘイ、そこでマイクを持ってるキミ」 グレイトフル・デッドのギタリスト、ボブ・ウィアはステージ上から呼びかける。不埒な輩を叱ろうとしているのか? 「いい音で録音したかったら、40フィート(12メートル)ぐらい下がるといいよ」
 ベーシストのフィル・レッシュも加わる。「後ろの方がずっといい音だよ」
 1971年8月。グレイトフル・デッドのコンサート会場で、ファンによるライヴ録音が定着し始めたのがこの頃だ。デッドはハリウッド・パラディアム2回連続公演の2晩目の演奏をしていたところで、これは奨励の言葉だった。ミュージシャンがファンに、コンサートを録音するのに最適なポジションをアドバイスしているのだ。こんなことがあったということを、どうして我々は知っているのか? それはもちろん、テープに記録されているからだ。[これを聞け→2トラック目〈Bertha〉6:54〜]
 あのハリウッド公演から16年経った今、ファンからもバンドからも正式に認められた存在へと進化を遂げたテーパーたちは、指定されたエリアからコンサートの録音を行なっており、彼らの生息場所、テーパーズ・セクションは、多種多様なマイクロホン、風防スポンジ、アクリル版や他の遮音材、アナログ及びデジタルのレコーディング機器が並ぶハイテク大会となっている。こうしたものは全て、デッドの演奏をしっかり記録するためだ。しかも、金なんか取らない。このテーマに関してジェリー・ガルシアはこんな発言をした。「オレたちの演奏が済むやいなや、今度はそれはファンのものだ」
 1965年にフィルモア・オーディトリアムでプレイしていた頃からグレイトフル・デッドと行動をともにしており、現在はサウンド・ミキシングを担当している音響の魔術師、ダン・ヒーリーはこう言う。「オレたちは、哲学的には、音楽は皆のものだという立場なんだ。金銭的動機からやることは、これに反した策謀だ。この世界、金だけじゃないだろう。オレは金が欲しくてここにいるんじゃない。続けているのも金のためじゃない。金のために今やってることを思いとどまるなんて、今後もないだろう」
 コンサートの録音を許すことはレコードの売り上げ減少につながるというのが音楽業界一般の主張だが、デッドはというとニコニコしているだけだ。「ライヴの録音が何かに損害を与えているなんて証拠はこれっぽっちもない。どちらかというと、状況を良くしてるね」とヒーリーは言う。彼は、コンサート・テープがバンドの音楽をもっと広い層に広めてきたとも指摘する。
 デッドはこれまでに、恐らく歴史上どのツアー・バンドよりも多い、2,000回以上のコンサートを行なっており、1987年にバンド史上最も商業的に成功したアルバム《In The Dark》がリリースされてプラチナ・アルバムに輝いて以来、人気はさらに増え続けている。
 グレイトフル・デッドのコンサートほど素晴らしいものはない、というのはデッドヘッズの口癖かもしれないが、熱心なテーパーなら、優れたレコーディングはそれに肉迫するものだ、とも言うだろう。1つの良質のテープは、デッドの音楽をいたるところに広めるネットワークを通して拡散されると、文字通り数千人のファンを生み出す可能性を持っている。音楽とその進化を研究し、後世のためにそれをアーカイヴすることに興味があるのであれ、「音楽がバンドをプレイしている」瞬間を追体験することに興味があるのであれ、その役割を満たすためにテープが存在しているのだ。

GD Tapers03.jpeg

花とデッドのステッカーで飾られたマイク・スタンド


 グレイトフル・デッドの音楽が絶え間なく前進しているように、テーパーのテクノロジーも常に進化を遂げている。たくさんの高級マイクロホンが林立する以前から、dbxノイズ・リダクションやPCMデジタル・プロセッサーが登場する以前から、会場にテーパーズ・セクションが設けられるようになる以前から、さまざまなフィールド・ワークが行なわれていたのだ。
 デッドをテープ上に記録した最初のテーパーのひとりが、スティーヴ・ブラウンだ。彼は1965年にパロアルトのバーでこのグループ(その時点ではザ・ウォーロックスとして知られていた)を初めて見て、一目惚れならぬ「一音惚れ」したのだという。当時、地元のラジオ局職員とレコードの宣伝係という二足の草鞋{わらじ}を履いていたブラウンは、その後も2年ほど、バンドのライヴに足を運び続けた。
 その後、ブラウンは海軍に入り、太平洋沿岸に配置された軍艦の船内娯楽システムのためにテープを作る仕事をするようになったのだが、非番の週末には、定期的に、サンディエゴから北上して、サンフランシスコのフィルモア・オーディトリアムやアヴァロン・ボールルームで行なわれるコンサートを見に行った。その中には、当然、グレイトフル・デッドも含まれていた。1968年春のある週末、ブラウンは海軍で使用していたオープンリール・デッキ----Uher 440----を持ち出して、ウィンターランドに密かに持ち込んだ。その晩の出演者はクリームだった。彼はバルコニー席の1列目のど真ん中でUherのコンデンサー・マイクを突き出して、モノラルで演奏を録音した。
 翌朝、ブラウンは、グレイトフル・デッドがその日ヘイト・ストリートでフリー・コンサートを行なうという噂を聞いた。手元にあるテープ・デッキは、クリームのコンサートで電池を殆ど使い果たしてしまっていたが、ブラウンはとにかくその現場に出かけていった。噂通りバンドが登場し、演奏を開始した。彼はマイクロホンを持つ手を変えながら、バッテリーがご臨終となる前に、最初の4曲----〈Viola Lee Blues〉〈Smokestack Lightning〉〈(Turn On Your) Lovelight〉〈It Hurts Me Too〉----を録音した。[これを聞け→
 1週間もしないうちに、太平洋沿岸の多数の水兵たちは、海軍の娯楽システムの第4チャンネルから鳴り響くワイルドでサイケデリックなバージョンの〈Viola Lee Blues〉を耳にすることになった。ブラウンは笑いながら言う。「そんなことやってたからオレたちは戦争に負けたんだよ」
 ヘイト・ストリート公演をテープに収めた人はブラウンしかいないようなので(5号リールを9.5cm/sで回していたので、20年を経た現在でも音質はまずまず)、この4曲のテープを持っているなら、その音源は彼だ。
 1968年3月3日に行なわれたこのコンサートは、ブラウンが録音した最初で最後のグレイトフル・デッドのショウだったが、彼は1970年代前半に、バンドのレコード・レーベル、ラウンド・レコードの発足に手を貸した。彼がこのレーベルのために働いていた間は、ファンがライヴ・テープを持っていることに何の懸念もなかったとのことだ。

Menke.jpg

1971年からデッドのコンサートを録音しているベテラン・テーパー、ボブ・メンキ。ベイエリアの自宅にて。


 ブラウンがデッドを録音した翌年、ボブ・メンキは兄と一緒にブラインド・フェイスのコンサートに行った。兄はこのショウにCraigの5号リール用オープンリール・デッキを持って行った。彼らは翌年夏にクロスビー・スティルス・ナッシュ&ヤングのコンサートでも同じことをやった。
 「このアイデア、いいねと思ったんだ」とメンキは回想する。1年もしないうちに、彼はSonyのポータブル・カセット・デッキ、TC-40を購入して、最初のコンサートを録音した。数カ月後の1971年7月にラジオで放送されたビル・グレアムのフィルモア・ウェストのさよならコンサートが、メンキがグレイトフル・デッドに接する初めての機会となり、この時、彼はショウをラジオから録音し、次の必然的なステップとしてデッドのコンサートに行ってみようと決意した。もちろん、Sonyのデッキを抱えてだ。
 8月に、メンキは次の16年間に録音することになる200回近いグレイトフル・デッドのコンサートのうちの第1回目のものを録音した。結果、決して最新技術ではなかったが、楽しく聞くことの出来るレベルのテープをものにした。しかし、当時においては、コンサートを録音するのは楽ではなかった。録音行為は基本的に禁止だったのだ。デッドがレコーディング契約を結んでいたワーナー・ブラザーズが、録音に対していい顔をしていなかったからだ。それでもなお、機材を会場内に持ち込んで、見つからないようにしながら事に及べば、録音に成功する可能性は高かった。
 1972年8月、Sonyのポータブル・ステレオ・レコーダー、124にグレード・アップしたメンキは、バークリー・コミュニティー・シアターの前列でこの新ユニットを試そうとしたが、1曲目で見つかってしまった。彼はこの時こそ意気消沈したが、懲りずにこの新しい趣味を続けた。
 メンキによると、当時は、東海岸と西海岸にわずかな数のテーパーしか存在せず、しかも、皆が基本的にはSonyのポータブル・デッキを使っていたらしい。次の数年間に、録音禁止の方針が徹底されるようになると、テーパーたちは巧妙な手段を使って録音機材を会場の中に持ち込むようになった。テープ・デッキを女性の太股に縛り付ける、乳母車の中で寝ている赤ん坊の下に隠す、ストリートに面したトイレの換気口にマイクを入れておいて、会場内に入ってからそれを回収するといった工夫や、入り口にいる警備員の気を逸らすトリックの話は、それこそ豊富に存在する。メンキはというと、デッキをタオルに包んでボーイスカウト用のバックパックの中に入れて、封を切ってない食べ物でそれを覆っておいた。メンキはこう回想する。「常に1歩先を行く必要があったね」
 1974年に、メンキはSony 152を使い始めると、「コンサートの録音はさらに本格的なものとなった」。ステレオのワンポイント・マイク、入力レベルの調整つまみ、ドルビー・ノイズ・リダクション、使用するテープのタイプによって切り替えることの出来るイコライザーがついていた152は、テーパーたちにとっては大きな恩恵だった。小さなデッキではないので隠すのは難しくなったが、音質が向上していたので、皆、すぐにこれを買い求めた。
 1974年には、グレイトフル・デッドのコンサートに来た観客も向上した音を聞いていた。ダン・ヒーリーとサウンド・デザイナー/エンジニアのロン・ウィッカーシャムが「ウォール・オブ・サウンド」という巨大サウンド・システムを完成させていたからだ。641個のスピーカーを有するこの音響システムは、コンサートPAとしては最も野心的なもので(あまりに大きいので、最終的には、使い続けることが出来なくなった)、コンサートの音響を幾何級数的に向上させたことで、普通のデッドヘッズと同様にテーパーたちも喜ばせた。実用性とコストを別とすると、このシステムは音響の点で最高だった。

parabola.jpg

指向性を高めるための工夫。手製ながら効果は絶大。


 1974年後半から1976年前半まで、グレイトフル・デッドはツアー活動を休止して、さまざまなレコーディングやソロ・プロジェクトを行なっていたのだが、メンキと仲間たちも、ジェリー・ガルシア・バンドや、ボブ・ウィアをフィーチャーしたグループ、キングフィッシュのクラブ・ショウを録音することで腕を磨いていた。ガルシアのステージ・モニターの隣にマイクを置いて素晴らしい録音が出来るという大勝利も経験したが、仕事に真面目なローディーにマイク・ケーブルをちょん切られるという不運も味わった。メンキの記憶に残る特に幸運な体験は、1975年9月に、デッドがゴールデン・ゲート・パークで行なった無料コンサートの時に味わった。誰かがヴォーカル用モニターをステージの端からこっちに向けたのだ。メンキは感度の異なる2本のSony製コンデンサー・マイクを使って、1本をこのモニターに向けて、他方は楽器に向けてみた。その結果は「アンビエンスが全く入ってない、ボード・テープみたいな音になったね」[これを聞け→
 1976年にデッドが活動復帰を果たすと、録音人口も徐々に増え始めた。Sonyも152の次に153、158を発売し、メンキも1977年に後者を購入した。マイクもSonyの上位レベルのECM-270、ECM-280を購入した。加えて、ハイバイアスのクローム・テープ(初登場は1971年)を使うようになっていた。メンキの作るテープは徐々に音質が向上した。

Adjustment.jpg

ライヴ・コンサートでは音源ははるか遠くにあるので、それぞれのマイクロホンの向きを正しい角度に調整するのが大切


 1977年3月のウィンターランド公演の録音中に、メンキと仲間は、バルコニー席の1列目に、便利なことに交流電源のコンセントがあることを発見して驚喜した。同年6月、デッドが次にウィンターランド公演を行なった時には、10号リールのかかるオープンリール・デッキを2台運んできて----Tandberg 10XとRevox A77----その電源プラグをコンセントに差し込んだ。新たに導入したAKGのダイナミック・マイク、D-224Eを棒の先に付けて、バルコニーから突き出した。その結果、音質の点でさらに少し前進した。[これを聞け→彼らは翌年も時々オープンリール・デッキを使い続け、メンキによると、1978年12月に友人がNagraのデッキと外部から電源を供給するNeumannのマイクの組み合わせで録音したテープが最高の出来だったという。
 1979年に、Sonyはフィールド・レコーディングのマニア用に作られた初のカセット・デッキ、TC-D5を発売した。この新モデルは158よりはるかに小型であり、グレイトフル・デッドのテーピング・シーン全体に恩恵をもたらし、テーパーの数はさらに増えた。TC-D5は当初の発売価格は700ドルだったので、安易に購入出来るものではなかったが、これが標準的機材となるのに時間はかからなかった。メンキもただちに1台購入し、1年後には(他の大勢のテーパーたちと同じく)メタル・テープに対応することの出来る新バージョン、TC-D5Mに買い換えた。
 1979年には、Nakamichiのマイク、700を使い始めた。指向性カプセル、もしくは、無指向性カプセルを付けることの出来るこのコンデンサー・マイクは、メンキによると、高い周波数の感度が向上し、会場の後ろのほうから録音する場合、それまで使っていたAKGよりも高音質だった。以来、Nakamichiが彼のお気に入りのマイクになった。メンキはパッシヴ・プリアンプを自作して、低音を6dBブーストしていたが、デッドの音響システムが低音をもっとたくさん出すようになると、このユニットは使わなくなった。

mics.jpg

デッドのコンサートでは殆ど毎回、高価なハイテク・マイクロホンの森がテーパーズ・セクションに出現する


 テーパーの数が増加するにつれて、デッドのコンサートに機材を持ち込む際のいざこざも増加したが、一部のテーパーが、コンサートを録音しない観客の権利を蹂躙するケースが増えてきたことは、さらに深刻な問題だった。初期のテーパーは常に目立たないように行動し、自分の場所を正当な方法で確保し、録音に興味がない人にも敬意を払っていた。しかし、残念なことに、テーパーの数が増えてくると、全員が礼儀正しい奴とは限らなくなった。メンキによると、この頃から、東海岸ではマイスタンドの林立が問題になり始め、徐々に手に負えない状況になっていったという。一方、メンキはSony/Nakamichiの組み合わせに落ち着いていた。
 メンキの録音仲間であるジェイミー・ポーリスは、同じようなシステムを使っていたが、まだまだ改善の余地があると感じていた。ナショナル・セミコンダクター社で電気工学技師をやっているポーリスは、1971年に東海岸で初めてデッドのコンサートを見て、1973年には彼の言う「粗末なポータブル」でいくつかのショウを録音したが、熱心に録音を始めたのは、1979年に居をカリフォルニアに移してからだった。以来、彼は機材の選択から手法まで、さまざまな実験を行なっている。
 ポーリスが最初の頃にまず悟ったのは、どんな機材をどのように使ったらいいのかを知る最良の方法は、とにかくコンサート会場に行って実験することだ、ということだった。彼が位相と振幅の違いの研究を開始し、ありとあらゆる組み合わせで、音を拾うパターンや、2本のマイクを開く角度を変えてみた。
 しばらく行なっていた実験は、自作のパッシヴ・ミキサーを通して3本のマイクを2チャンネルにブレンドすることだった。例えば、指向性の強いマイク2本と、無指向性マイク1本を使ってみたらどうなるか、という実験だった。ポーリスによると、その結果、SN比は多少損なわれるが、それでもマイクが2本だけの時よりも良い音がするとのことだった。



記事続きを読む
posted by Saved at 16:34| Comment(0) | Grateful Dead | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする