2015年04月30日

ヨーコ・オノ 1974年日本ツアーのメンバーは

 1週間前に気が付きました。ビックリです。白黒で時々画面がよれてますが、約1時間に渡って東京・中野サンプラザ公演(ただし、タイトルを信じれば----8月11日?)を収録しています。福島県郡山で行なわれたワンステップ・フェスティバル公演(8月10日)の様子はNHKのドキュメンタリー番組等で一部が放送されましたが、東京公演は初めて見ました。皆さんも、まずは見てください。



 ジョン・レノンと別居していた1973〜74年にヨーコ・オノがやった活動の中で、最大規模かつ最も有名なのが1974年8月上旬にプラスティック・オノ・スーパー・バンドで来日公演を行なったことでしょう。しかし、意外に判明してないのがバンド・メンバーです。30年ほど前にマイケル・ブレッカー・ファン経由で、ヨーコのバンドに参加して日本に来たのがマイケルにとっての初来日で、スティーヴ・ガッドも一緒だったという話を聞きましたが、他は誰がいたのかずっと不明でした(あくまで私にとっては)。
 2009年12月に毎年恒例のジョン・レノン・スーパー・ライブが10回目を迎えるということで、同年秋頃ヨーコが例年よりたくさんの取材を受け、私のような末端ファンにもインタビューする機会が回って来たので、東京国際フォーラム・ホールCでコンサートをやった翌日だったかな、雨の日にホテル・オークラに行きました。
:昨日のコンサートは〈It Happened〉で始まりましたが、1974年に初めてソロとして日本でコンサートをやった時にもこの曲を歌われましたよね。
ヨーコ:あら、そうなの?
:ヨーコさんが正式に出したビデオ作品(《YOKO ONO: THEN AND NOW》)に入ってるじゃないですか〜!

 という具合でインタビューは始まったのですが、昔のこと(もっと正確に言うと、私が本人に直接訊いて詳細を確かめたいと思ってた昔の出来事)を全然覚えてないというのは、会見中、首尾一貫していることでした(涙)。
:この時のバンドのメンバーは誰だったのですか?
ヨーコ:う〜ん、誰だったかしら?
:マイケル・ブレッカーとスティーヴ・ガッドはいたらしいのですが…。
ヨーコ:あの時は、あるコーディネーターに依頼してメンバーを集めてもらったのよね。

 こんな調子です。本人が覚えてないんじゃしょうがないってことで、私はこの後しばらくメンバー探しはやめてしまったのですが、昨年12月にイギリスの豪華本専門の出版社、ジェネシス・パブリケーションズからヨーコのアートが満載の本『Infinite Universe At Dawn』が発売され、1973年10月23〜28日にニューヨークのケニーズ・キャスタウェイというクラブで公演を行なった際にバンド・メンバーと記念撮影した写真とパーソネルが載っていたのは、うれしい驚きでした。

castaway.jpg

 デヴィッド・スピノザ(g)
 ケン・アッシャー(key)
 ゴードン・エドワーズ(b)
 リック・マロッタ(dr)
 ウォーレン・ダニエルズ(sax)

 また、aiu: a yoko ono websiteというウェブサイト(本が届いた後に、このページの存在に気がつきました)には、当時のコンサート・プログラムや歌詞の覚え書き、雑誌に載ったと思しき宣伝が掲載されているのですが、以上の中にはマイケル・ブレッカーの名前もスティーヴ・ガッドの名前も出てきません。
 しかし、今回youtubeにアップされた映像と、あらためて存在に気づいた他の動画(いくつもありました)を調べたら、メンバーが大きく映るシーンもあり、マイケル・ブレッカーらしき人とスティーヴ・ガッドらしき人は発見することが出来ました。ところが、今度は他の人の顔と名前が一致しません。

Kahn.jpg

 この人、デヴィッド・スピノザ? ちょっと違うと思うんだけど。

Michael.jpg

 マイケル・ブレッカーかな?

trumpet.jpg

 この人、ランディー・ブレッカーじゃないのかな? 吹いてるフレーズもランディーっぽいし。ということは兄弟でヨーコのバンドに参加して日本に来たの?

Midsummer NY.jpg

 この部分だとドラマーは2人いるように見えますが、郡山のカラー映像ではスティーヴ・ガッドがはっきりと見えます。しかも、今みたいな余裕しゃくしゃくの叩き方ではなく、ジンジャー・ベイカーばりの超ワイルドなスティックさばきです!(映像と音声が一致してないのが残念です)

Steve.jpg

lefty.jpg

 スティーヴ・ガッドの後ろにベースが映りますが、演奏している人は左利きですね。誰だろ? ゴードン・エドワーズは右利きのはずです。

Gruen.jpg

 NHKが放送したドキュメンタリーに映ってるこの頭がモジャモジャの人、ニューヨークを中心に活躍している写真家のボブ・グルーエンじゃないでしょうか。

piano.jpg

 ピアノの人、ケン・アッシャー? ネットにある写真を若くしてヒゲをはやしても、こうなりそうにないなあ。う〜ん、わからない。
 ということで、かえって謎が増えてしまったので降参しようと思ったら、マイケル・ブレッカーの経歴をまとめたMichael Brecker Live Recordingsというサイトに呆気ないくらいすんなり答えがありました(最初にここにたどりついていればよかったよ)。

1974 plasticonoband by Steve Khan Osaka Japan (1).jpg

[左から]リック・マロッタ(dr)、スティーヴ・カーン(g)、ランディー・ブレッカー(tr)、スティーヴ・ガッド(dr)、マイケル・ブレッカー(sax、fl)、ドン・グロルニック(key)、アンディー・ムソン(b)が正解のようです。先程の写真は、スピノザじゃなくてスティーヴ・カーン(名前からするとインド系の人?)、ケン・アッシャーじゃなくてドン・グロルニックでした。左利きのベーシストはアンディー・ムソンのようです(左利きであることは他の写真で確認出来てはいないのですが…)。日本公演用に、リック・マロッタ以外はメンバーを一新していたんですね。

1974_07_Yoko_Rehearsal_websized.jpg

 ボブ・グルーエンが撮影したリハーサル・セッションの写真もありました。指揮をしてる人、誰だろ? この人がニューヨークの優秀な若手スタジオ・ミュージシャンに声をかけて、ヨーコの日本ツアー用のバンドをまとめたのでしょうか? 1970年代後半〜80年代前半のブレッカー・ブラザーズ、ステップス、ステップス・アヘッドにつながっていく凄いメンツですよ、これ(そして、後に半数はSMAPのレコーディングにも参加する)。

taper.jpg

taper2.jpg

 バンドのメンバーとは関係ありませんが、NHKで放送されたドキュメントには客席でマイク2本を使って録音している人が一瞬映ってます。2本のマイクをあんな角度で広げるなんていう芸当からすると、かなりの達人のようです。この時のテープ、今でも残ってるかな?
 数年前にワンステップ・フェスティバルのDVDが発売されましたが、残念ながらヨーコ・オノ&プラスティック・オノ・スーパー・バンドの演奏は未収録でした。


5/1追記: 広島で撮影された記念写真を発見。

1926682_10204032012382074_6593503371798337554_n.jpg


   
posted by Saved at 23:17| Comment(2) | TrackBack(0) | Beatles | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月20日

グレイトフル・デッド FARE THEE WELL チケット狂騒曲・終わってなかった編

503381227_640.jpg


 私が心身ともに振り回された挙げ句、いろんな手数料分の金を失う結果に終わった(かなりの痛手)シカゴ公演メールオーダー騒動には、以下のような裏事情があったようです。チケット争奪戦撤退後も、一応、成り行きのチェックを続けているわけですが(こうなったら高みの見物)、大ブーイング中の3月10日にこんな記事が登場し、デッドヘッズの共感を呼びました。
こんなのグレイトフル・デッドじゃない
文:スチュワート・サロ

 グレイトフル・デッドの伝説的ギタリスト、ジェリー・ガルシアが宇宙をトリップするようになって、20年近くが経過した。残りのメンバー----ボブ・ウィア、フィル・レッシュ、ビル・クロイツマン、ミッキー・ハート----だけでもグレイトフル・デッドを名乗ることが出来るのかというのは、ジェリーが我々のもとを去って以来の大論争だが、2月28日に遂にその答えが出た。7月3〜5日にシカゴのソルジャー・フィールドで開催が予定されている「フェア・ジー・ウェル」(さよなら)公演のチケットを購入するために、この日、約50万人のファンがチケットマスターのサイトにログインしたらしい。これがニュースで謳われている通り、ロックンロール史上最大のコンサートだとしても、これはグレイトフル・デッドではない。
 50万人のうちの多くは、メール・オーダー優先販売という無益に終わった作業に、既に参加していた。第3者機関を通してではなく、バンドがファンに直接チケットを売るという、ファン思いのステキな伝統の復活に、自分たちも参加するという思いがあってだ。しかし、心と魂を込めて封筒にアートワークを施し、1月20日に大金を送った真のデッドヘッズの知らないところで、音楽産業の大物たちと秘密の裏取引がなされていたのだ。人生の喜びとインスピレーションの源として、グレイトフル・デッドを信奉し続けている人々の間では今でもなお健在の、愛と感謝の気持ちを利用して、いかにして金を儲けるかという取引が、である。
 ソルジャー・フィールドの収容人数は3公演で計21万人だ。グレイトフル・デッド・チケット・セールスによると、約6万通の封筒が届き、30万席分のリクエストがあったらしい。しかし、ショウはソールド・アウトというアナウンスではなく、一般発売日が2月28日に延期されただけだった。あれ? 21万枚のチケットしかないのに、伝統に則って封筒をアートワークで飾るような本物のファンから、郵便為替のかたちで30万枚分の代金を受け取っておいて、さらにチケットマスターを通してネット販売? つまり、チケットマスターが儲かるように、チケットの一部を2度売りするつもりなの? こんなやり方はグレイトフル・デッドではない。
 しかし、現実はさらに酷かった。後になって、メールオーダーのうち1割にしかチケットは当選しませんという発表があった。計算してみよう。メールオーダーで30万枚の申し込みがあったのに、そっちでは3万枚しか売らず、18万枚は、エンタメ業界の大物たちのポケットを気前良く満たす他の経路を通して売る予定だったのだ。
 一番解せなかったのは、チケットマスターでのチケット取り合戦が終了した直後に、突如、StubHub(合法のチケット転売サイト)に大量のチケットが登場したことである。会場の殆ど全てのブロックのチケットが、合計数千枚もStubHubで販売され始めたのだ。しかも、値段は600ドル(ステージ裏)から3,500ドルとかなりぼったくりだ。この金額を出す余裕がないなら、一番安い180ドルでパーキング券を買って、駐車場でショウを楽しめばいいってか? StubHubにあるこうしたチケットは、一体どこから供給されているのか? ひとつの答えは、最後のコンサートの開催地として不可解にもシカゴが選ばれたことと関係があるのかもしれない。アメリカ全土及び国外に熱心なファンを作ってきたとはいえ、グレイトフル・デッドはまず第一に西海岸のバンドだった。メンバーはサンフランシスコのベイエリアで暮らしており、最初期からのファンもまたしかりである。そういう歴史があるのに、なぜシカゴなのか? シカゴ・パーク・ディストリクトとシカゴ・ベアーズのシーズン・チケット所有者の間で交わされている契約に照らし合わせると、見えてくるものがある。ベアーズのシーズン・チケット所有者は、ソルジャー・フィールドで行なわれるあらゆるイベントのチケットを優先購入することが出来るようになっているのだ。StubHubに突然、数千枚ものチケットが登場した件も、次のように考えると合点がいくだろう。グレイトフル・デッドのショウが大宣伝されていたので、ベアーズ・ファンの意識レーダーがそれを捕捉した。彼らの殆どにとっては、こんなバンドなんてどうでもいいのだが、199.50ドルで購入したチケットを3,500ドルに変えてプエルト・バヤルタ(メキシコのビーチ・リゾート)旅行とシャレこむチャンスと見えたのだろう。ソルジャー・フィールドが選ばれたのは、1995年7月9日にグレイトフル・デッド最後のコンサートが行なわれた場所だからだ、というもっともな理由も、定価の数倍もの値段で取引されるチケットの数を考えると空しく響く。
 それに、フィッシュのリード・ギタリスト、トレイ・アナスタシオが参加するということも理解に苦しむ。ジェリー・ガルシアの死去以来、ジ・アザー・ワンズ、ザ・デッド、フィル・レッシュ&フレンズ、そして一番最近のファーザーといったデッド後のバンドにおいて、何人もの有名ギタリストがガルシアの代わりを務めてきた。この中にはワイドスプレッド・パニックのジミー・ヘリング、ダーク・スター・オーケストラ創設時のリード・ギタリスト、ジョン・カドルシック、ガヴァメント・ミュールやオールマン・ブラザーズ・バンドで活躍し、ザ・デッドやフィル・レッシュ&フレンズの要のメンバーだったウォーレン・ヘインズらがいる。ガルシアが作った多数の曲を、ロック・バンドと全米各地のオーケストラで演奏したジェリー・ガルシア・シンフォニック・セレブレイションを見事にやり遂げたヘインズこそ、気持ちの点ではいろんな意味で最高の適任者ではなかろうか。以上のミュージシャンは3人とも、ジェリー・ガルシアの代役を担当する資格があるほど、彼の音楽を十分に研究しているが、アナスタシオは否である。彼はフィル・レッシュ&フレンズのコンサートに登場したことはあるが、先月(2015年2月)のローリング・ストーンズ誌には「今まで、ジェリーのプレイをじっくり研究したことはない」というコメントが載っていた。
 シカゴ及びアナスタシオという選択は、ファンに真のグレイトフル・デッド体験を与えようという気持ちからなされたのではなく、プロモーターであるピーター・シャピロとマディソン・ハウス、及びその関連企業に最大の利益をもたらすために行なわれたように見える。アメリカの中心に位置するシカゴは、東西に片寄らない便利な場所にあり、「2次マーケット」での高額チケットを購入する余裕のあるファンを引き付けるのに必要な、大都市ならではの魅力もある。それに、アナスタシオが加わることで「フィッシュ・ヘッズ」も興味を抱くようになり、その分、600〜3,500ドルのチケットを買うことが出来る金持ちオーディエンスが増えることになる。
 そして、最後がこれだ。シャピロとマディソン・ハウスは、7月3〜5日のイベントを中心として一大事業を作る計画中だ。これには、アフターショウ・コンサート、オーディオ/ビデオ・レコーディング、ケーブルTVでの「ペイパービュー」放送が含まれている。つまり、数十万の人間をチケットが取れないイベントにわくわくさせ、定価の何倍もの値段のチケットを買うことの出来る人間にチケットを売り、「負け犬たち」からも金を取ってテレビでそれを見せるのだ。
 歴史上最もファンから愛されたバンドが、音楽史上最大のぼったくりに関与したとして記憶に残ってしまうのは、遺憾を通り越して悲劇である。グレイトフル・デッドは質の高い音楽とファンに忠実なことで自らのブランドを作り上げた。レコードを売ることよりも、ツアー活動やライヴ・パフォーマンスに主眼を置くことで、名声を得て大成功をおさめた。ファンがコンサートを録音し、演奏を無料で共有するのを許したこと、バンド専用のチケット代理店を作ったことによって、支持基盤を築いたのだ。「フェア・ジー・ウェル」で起こったような、中間搾取業者がシーンをかき回すのを許すことによってではない。
 「フェア・ジー・ウェル」ショウは、表面上は、多くの人に愛されたバンドの50周年記念のイベントということだが、実際のコンセプトはグレイトフル・デッドからあまりにかけ離れていることが、ショウ開催が発表されて以来、日を経るごとにはっきりとしてきている。

"Ladies and Gentlemen, Not the Grateful Dead" by Stewart Sallo
http://www.huffingtonpost.com/stewart-sallo/ladies-and-gentlemen-not-_b_6831912.html


   

 話はまだまだ続きます。

 かねてより、シカゴ公演の前の週にカリフォルニア州サンタクララ(マウンテンビューよりもう少しサンノゼのほうに行ったところ)で2回追加公演が行なわれるとの噂がありましたが、4月10日に遂に正式に発表となりました。スケジュールが合わなくて行けないので、私はこっちはチケット取りに参加すらしていないのですが、シカゴ公演のチケット発売に関して大ブーイングが起こってから追加公演が発表になるまでには、水面下でこんな経緯があったようです。



記事続きを読む
posted by Saved at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | Grateful Dead | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月18日

Lost Intruders アルバムをリリース

 去年の今頃、日本全国のボブ・ディランのコンサート会場にギターを持って現れていたオジサンが、Lost Intrudersというユニットを組んで、アマゾン経由でオリジナル曲のリリースを開始したことを、先日ここで報告しましたが、今度はアルバム『Albergo Abbandonato』をリリースしました。タイトルを日本語に訳すと「廃墟のホテル」?

 
posted by Saved at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 業務連絡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月15日

『ポール・マッカートニー死亡説大全』リニューアル&来日記念セール

 電子書籍作成プログラムのアップデートともなって、Kindleで見た時に最適な状態になるよう、中身をアップデートしました。ついでにテキストにも少し手を加えました(その99%は記号の変更と誤植の訂正)。随時このページで伝えてきたことも巻末に追加情報として盛り込みました。
 今までに購入した方の場合、何らかのかたちで要アップデートという通知が届き、自動もしくはクリックひとつで内容の更新が出来ると思いますが、それが出来ないという方は連絡ください。善処します。2回購入していただくのはもうしわけないので。
 ついでに、今月末にはポールの来日公演があるので、それを記念してしばらく割り引きセールを行ないます。まだ、多少興味はあるんだけどまだ読んでないという方は、是非この機会をご利用ください。

 
posted by Saved at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | Beatles | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする