2015年06月28日

ゲーム開発者の見たポール・マッカートニー死亡説騒動

 youtube上で面白いスピーチを発見しました。1999年3月17日にカリフォルニア州サンノゼで行なわれたゲーム開発者会議で、ブライアン・モリアティーという人が行なったものです。前半は誰もが知ってる「証拠」を面白おかしく紹介しているだけなので、時間のない人はすっ飛ばしてOKですが(でも、話し方が面白いので見ましょう)、ゲーム・クリエイターの視点からポール死亡説騒動を語る45分以降は必見です。



 少年時代に6週間に渡って自ら一生懸命「証拠」集めをしたブライアンは、ポール死亡説騒動は「これまでにプレイした中で一番面白いゲームだった」と語り、これは「口コミや学生新聞、アングラ雑誌、アングラFMを通じて一度に大勢の人が参加した超巨大マルチプレイヤー・ゲーム」だったと評しています。
 そして、面白さの要素としてブライアンが強調しているのは「Constellation」です。この言葉は字義的には「星空を見て、意味のある星の配置(星座)を見出す」ということですが、そこから敷衍すると「雑多なデータの中から恣意的な関連を見つける」という意味でしょう。大勢の人間がポール死亡の「証拠」探しに夢中になったのは、星空に星座を見出すように、雑多な情報(ジャケットや歌詞)の中から何か意味のある繋がりを探すことで、手応えや充足感を得ていたからではないかというのが、ブライアンのユニークな分析です。
 ところで、デトロイトのFM局の放送を聞いて触発されて、ミシガン大学の学生新聞にポール死亡説記事を書いたFred LaBourのことを、このスピーチではフレッド・「ラバー」ではなくて「ラボア」と発音しています。スピーチ中に流されるTV番組『ポール・マッカートニー:最初で最後の完全ストーリー』とおぼしき音声でも、フレッド本人が「ラボア」と発音しているので、『ポール・マッカートニー死亡説大全』の該当箇所を修正し、第3版としてアマゾンにアップロードし直しました。もう既にご購入の方は、ファイルの更新をお忘れなく(出来ない場合は連絡をください)。まだお読みでない方は、この機会にお求めいただければ幸いです。
 なお、フレッド・ラボアはカントリー&ウェスタンのバンド、ライダーズ・イン・ザ・スカイのベーシストとして活躍中です。

   

posted by Saved at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Beatles | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月16日

《ブラッセルズ・アフェア1973》解説でこのブログの記事が引用されました

 ローリング・ストーンズの《ザ・マーキー・クラブ ライヴ・イン1971》のデラックス・エディションは《ブラッセルズ・アフェア1973》のCD付きで発売されましたが、《ブラッセルズ》の解説では以前ここで紹介した「ヨーロッパ'73」に関する記事が紹介されています:

ミック・ジャガーとの日々:ヨーロッパ'73ミキシング秘話
http://heartofmine.seesaa.net/article/249475992.html

 注目していただき、大変嬉しいです。5年間に付いたコメントが10コもないという誰からも相手にされてない日陰者系のブログとしては大快挙!

   
posted by Saved at 15:43| Comment(0) | TrackBack(0) | Rolling Stones | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月15日

グレイトフル・デッド FARE THEE WELL チケット狂騒曲・さらに追加発売あるか?編

 当初の席の割り振りと値段設定がいつの間にか変更されているというレポートを前回紹介しましたが、その記事を書いた人のところにプロモーターのピーター・シャピロから電話がかかってきたのだとか。実際に話してみたら、金の亡者どころか、超いい人だったようです。

PeterShapiro.jpg

[ピーター・シャピロってこんな人らしい]


 昔はスタジアムでもチケットは一律いくらで売り(もしくは席による差が今ほど細かくない)、後は野となれ山となれダフ屋の利益になれでしたが、現在では、かつてのダフ屋の値段を需給関係が調整された上での適正価格と見て、最初の売値をそれに近づけることで最大収益をはかろうとしています。発売時か直前にならないと席の割り振りや代金が発表されないのは、ぎりぎりまで計算しているからでしょう。グレイトフル・デッドのチケットのメールオーダーがしっかり機能してたのは、もちろん前者の時代です。デッドの伝統も大切にしたいと考える殊勝な心の持ち主のシャピロは(ファンの苦情にいちいち耳を傾けているもの)、新旧のシステムの板挟みになっているのではないでしょうか。
天才 > クソ野郎 > 巨人
文:ディーン・ソティリー


 去る1月に『The Official Home of Unofficial Grateful Dead and Music News』というサイトを立ちげた際、その目的は私が冗談を言って楽しむことでしたが、さまざまなBBSで議論の的になりました。私が書いた最初の2つの皮肉の記事は、フェイスブックにある複数のグレイトフル・デッド系のページにコピペされました。ブログを始ることをある人から勧められたのですが、どうやったらいいのかわかりませんでした。そして、あれこれあって、ここにいます。希望や期待があってサイトを作ったわけではありません。ショウが始まるのを待つ間、少し楽しむことが出来たらいいな、暇つぶしの役に立てたらいいなと思っていただけです。この過程で、たくさんの仲間が増え、数人の人から嫌われました。好かれようと嫌われようと、そんなことどうでもよかったし、日常生活にも何の影響もありませんでしたけどね。
 時間を早送りして、昨日、電話がなりました。電話の向こうにいたのはピーター・シャピロでした。この電話を受けた時、私は自分の創造性(その殆どはお笑い)を表現するために作ったしがないサイトのインパクトに気づき、笑い出さないではいられませんでした。全部、最初は冗談だったのに、それが大きくなってひとり歩きするに至るという愉快な事態が起こったのです。
 短い会話を通してはっきりしたことなのですが、ピーター・シャピロはこの件に関して、必要以上に気にかけている人物です。この時、私が聞いた情報は今は漏らしませんが、この先、まだ何かがあるとだけお伝えしましょう。これまでに起こったさまざまな問題は、私達デッドヘッズ・ファミリー内で解決可能であり、実際にそうなるでしょう。シャピロがデッドヘッズ・コミュニティーを大切に思っていて、出来る限りベストなショウを開催するだけでなく、簡単には満足しないファンを満足させるために出来る限りのことをやろうと意識しています。それについて私はシャピロに敬意を表します。皆さんには、デッドヘッズ・コミュニティーの外側のメディアにあれこれ話す前に、少し待つことを勧めます。ピーターは我々のコミュニティー内で起こっていることを、シカゴ・トリビューン紙の記者よりも気にかけています。
 今日の夜、自分のスマホを見たら、ピーターから、数分、話す時間はないかというメールが届いていました。ピーターは素晴らしく謙虚で誠実な人です。私はブログをやってるだけの何でもない人間ですが、20年間、大規模コンサートのプロモーターをやってる人物が再び電話で話したいと言うのです。
 私はこの場で、この数日間、数週間、数カ月間してきた礼儀を欠く発言に関して、ピーターに謝罪したいと思います。問題を取り上げたことについては謝りません。問題は解決されつつあるからです。私がこれまでに見たこともない、大胆かつ前代未聞のやりかたで、この件に関係するあらゆる立場の人が完全に納得するよう、問題は解決されるでしょう。GDTSTOO経由でチケットを購入した人もその対象です。詳しいことは、近々出るであろうピーターからのメッセージで発表されますが、私の期待をはるかに超える解決策です。この解決策でも満足出来ず、バンドや金、ピーター・シャピロについて悪口を言う奴がいるなら、そいつのほうがクソッタレです。そのくらいの解決策です。当然、何にでも難癖をつける奴はいるでしょう。誰がそういうあら捜し野郎なのかは、そのうちわかるでしょう。
 今は落ち着いて、その発表を待ちましょう。

骨の髄までデッド、
ディーン・ソティリーより


Copyrighted article "Genius To Jackass To Giant Among Men" by Dead Sotille
http://gratefuldean.com/genius-to-jackass-to-giant-among-men/
Reprinted by permission

 上の記事がグレイトフル・ディーンに載ったのが6月10日。グレイトフル・デッド50周年オフィシャルHPに「希望者には返金」の旨が記されたのが同日の少し後。ファンの苦情(グレイトフル・ディーンの記事)に対応してデッド側が返金を決めたことという記事がワシントン・ポスト紙のサイトに掲載され(同日)、そして、デッド側の正式発表とこの報道を受けてディーンが6月11日にアップした記事が「天才 > クソ野郎 > 巨人 > まあまあ」です。ということはちょっと評価が下がったようです。
 シャピロに対する評価の変遷を表したタイトルを、「このタイトルは私の知らないどこかのジャムバンドのセットリストのように見えてきたなあ…」とジョークのネタにして始まる記事は、大半が比喩と冗談で埋め尽くされ、私には真意がわからない箇所が多いので、直接的な言い方で書かれていて理解しやすい後半だけ紹介します。ファンとして一番気になってるのが今後の見通しの件ですし。
 今後私が注目したいのが以下のことだ。チケットマスターのサイトには、チケットの値段は予告なく変更されることがあると明記されている。サンタクララ公演のチケットは明日、放出される予定だ。100レベルの良い席がたくさん出てくるはずでだ。それで、シカゴ公演の良い席はどこに行っちゃったのか? VIPパッケージ購入者以外、100レベルの良い席を持ってるという人からは、連絡をもらったことがない。この席のチケットが放出されてないなんて考えられない。良い席がまだ入手可能だなんてことがありうるだろうか? チケットマスターで販売される時には、いくらになってるだろう? 199ドル+サービス料のままだろうか? 100レベルの席が放出される時には、それが$199.50のチケットを注文した人にいかなかったのはなぜか、皆が知りたく思うだろう。こうしたことが明らかになるまで、まだまだ、緊急発進という事態が生じることだろう。だが、全ては今後数週間のうちに起こるのだ。これがシャピロの戦略だ。私の予想では、今後数週間のうちに、VWバスの中のツツガムシのようにチケットが突然現れるだろう。

 実際に、サンタクララ公演のチケットは12日13:00(米東部時間)にチケットマスターで追加発売されましたが、この記事をアップする直前に試しにチケットマスターにアクセスしたらGAフロアが出てきました(日本時間6月15日21時くらいの時点)。ディーンが予想するように、シカゴも直前に大量の追加販売あるかもしれません。私のシカゴ公演の席はステージ裏3階スタンドなので、アップグレードしたいところです。(2/28に友人がチケットマスターで予約したチケット、まだ郵送されてないらしいので心配なのですが…)

Santaclara.jpg


   
posted by Saved at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | Grateful Dead | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月13日

ロジャー・マッギン来日直前インタビュー

 7月に久しぶりの来日公演を行なうロジャー・マッギンのインタビューがボブ・ディラン・イグザミナーに掲載されました。
 このブログでは、私の腰が重く、脳味噌も超低速回転であるせいで、タイムリーなことは全く取り上げてませんが、たまには本当に「最新」のものを、焼き立てほっかほかのうちに載せたいと思います。

mcguinn.jpg


ロジャー・マッギン・オン・ツアー「ワンマン・プレイだよ」
聞き手:ハロルド・レピドゥス

 
 今朝(2015年6月10日)早く、私は電話でロジャー・マッギンにインタビューを行なった。バーズの創設メンバーとしてロックンロール・ホール・オブ・フェイム殿堂入りを果たしているミュージシャン/ソングライターであるロジャーは、木曜日に開催されるハノーヴァー・シアター公演のためにマサチューセッツ州ウースターに向かう直前に、ニューヨーク州ポウキープシーのホテルでインタビューに応じてくれたのだ。25分間のインタビューでは、1972年以前の放送用レコーディングに関する音源使用料をめぐって、SiriusXMやSpotify等の大企業と争っている裁判のために最近ワシントンDCに行ったことから、バーズの元メンバーであるデヴィッド・クロスビーとのツイート合戦、1970年代前半にボブ・ディランとレコーディングしたことまで、多岐に渡ることを語ってくれた。

「ロジャー・マッギンとの夕べ」と題した今回のツアーでは、ファンとしてどんなことを期待していいのでしょうか?

 ワンマン・プレイだよ。自分のキャリアの歴史を披露する予定で、おしゃべりをしたり、歌ったりする。バーズのヒット曲も演奏するし、《Back From Rio》の曲も歌う。ソロ期の曲も歌うし、《The Folk Den Project》の曲も歌う。曲と曲の間にはトークも行なって、全体をひとつに結び付け、ひとつの大きな物語にしてあるんだ。

あなたはこれまでずっと、片足を伝統音楽の中に突っ込み、もう片方の足を現代の世界に突っ込んできました。早いうちからモーグ・シンセシザーや宇宙旅行に興味を持っていて、現在ではブログやツイッターによく投稿してますね。あなたはエルヴィス・プレスリーの〈Heartbreak Hotel〉に触発されて、ミュージシャンになろうと決意したのだとか。

 そう、〈Heartbreak Hotel〉だ。当時は最先端技術だったトランジスタ・ラジオでこの曲を聞いたんだ。だから、テクノロジーは私の音楽の嗜好に常にひとつの役割を演じている。

音楽のR&B側ではなくてフォーク側に進んだのはなぜでしょう?

 シカゴの北側で子供時代を送り、シカゴのオールド・タウン・スクール・オブ・フォーク・ミュージックに通って、そういう音楽にさらされたからさ。この学校ではそういう音楽が教えられていた。そういう種類の音楽にさらされていたんだよ。

バーズ時代から現在まで、あなたは全キャリアを通じて、たくさんの実験を行ない、たくさんの予想不可能な道をたどってきました。これは安全な判断ではなかったでしょう。収入を生み出す最良の方法ではなかったはずです。

 金儲けという観点でキャリアについて考えたことはないよ。芸術優先。音楽が大好きっていう気持ちが優先だったね。

(続く)

Copyrighted article "Roger McGuinn on tour - 'It's kind of a one-man play'" by Harold Lepidus
http://exm.nr/1FKeI0u
Reprinted by permission


最新ツアーの映像:




   
posted by Saved at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | Roger McGuinn | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月06日

グレイトフル・デッド FARE THEE WELL チケット狂騒曲・ケチつきまくり編

Screen-Shot-2015-06-04-at-8.39.04-PM1.png


 1月末以降、チケットの販売方法に関してケチがつきっぱなしなのは、以前掲載した記事(中間報告惨敗編終わってなかった編実券到着直前編)の通りなのですが、この期に及んでまた新たにケチがつきました。いったい何やってんだよ!(怒)の世界です。
 20年前にグレイトフル・デッドの最後のコンサート開催地となってしまったシカゴに戻って、あらためてさよなら公演をやりましょう----という人生のけじめ的なイベントなのに、今のところは有終の美を飾るどころかこの醜いゴタゴタ続き。はっきり言って、もう「萎え〜」です。こうなったら本番で超ステキなコンサートやって、音楽で名誉挽回してもらうしかありません。
 ところで、5月に発売になったビル・クロイツマンの自伝『DEAL: My Three Decades of Drumming, Dreams, and Drugs with the GRATEFUL DEAD』は、他人にあまり気をつかわず、好き嫌いをはっきり述べてて面白いです。フィル・レッシュの自伝『Searching For The Sound』はとっくの昔に邦訳の原稿は出来てるのですが、出版社の段階で作業がストップして数年経っており(無責任極まりない)、かわりに出してくれそうな他の出版社も見つからないまま、今日に至ってます。興味のある方がいらっしゃいましたら連絡ください。原稿はすぐに送れる状態です。
 話を元にもどすと、6月に入ってメール・オーダーで注文したチケットが予定通りファンのもとに届きはじめ、チケットマスターでは6月5日(金)12時(現地時間)からチケットの追加発売をしたのですが(極めて少数枚だったので一瞬でなくなった模様)、ここでまたひと悶着です。グレイトフル・ディーンというサイトに次のような報告+意見が載りました:


   






記事本文を読む
posted by Saved at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | Grateful Dead | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする