2015年11月08日

AJ・ウェバマン、ディランとレノン、ヘンドリクスを語る

 ロック・ミュージックの批評・研究の世界で活躍する論客の中で、今回紹介するAJ・ウェバマンほど論争の的になってる人はいないでしょう。当ページでは、4年前にボブ・ディランのファンジンThe Bridgeに掲載されたインタビューを紹介しましたが、今回Tablet Magazineに掲載されたインタビューでは、ウェバマンはボブだけでなく、ジョン・レノンやジミ・ヘンドリクスについても語っています。内容が内容なので、どこまで信憑性があるかはわかりませんが、AJが彼らと実際に会った経験がある歴史の生き証人であることは確かです。

david_peel_2.jpg

【一番左がAJ・ウェバマン】


 昨年、ディラン・ファンの生態をテーマにした本『The Dylanologists』が出た時には、ディラン関連アイテムを集め「過ぎ」の人、コンサートを追いかけ「過ぎ」の人、録音し「過ぎ」の人等、極端な人ばかりを紹介しているという批判が、一部からあがりました。AJが自称している「ディラノロジスト」という言葉をタイトルに使用していなかったなら、反発はもう少し穏やかものになっていたでしょう。AJという人物、及び「ディラノロジスト」という言葉は、ディラン・ファンからも嫌われており、自分をまともな人間だと主張するためのスケープゴートにさえされています。
 我々の持つディラン観は徐々に変化してきました。かつてはリベラル派でプロテスト・フォークの旗手というイメージでしたが、最近では、プロテスト・ソングを上手に書くことが出来たがために、そっち方面で祭り上げられてしまったが、実は意外に保守的な価値観の人間で、政治にはそんなに興味はなさそう、という見方が一般的になってきています。40年以上前に、最初にそう言ったのはAJです。我々のディラン観はAJ的なそれに少し傾いてきています。とはいえ、このインタビューで言い張ってるような極端過ぎる意見と完全に一致することはないと思いますが…。
 とにかく、「痛い人」というレッテルだけで人を判断するのはおかしい、この人物の発言の中にも重要な情報が含まれてるかもしれないという意図で、今回もインタビューを紹介しますが、イスラエル問題やアメリカの政治の部分は、門外漢ゆえご勘弁。ロックに関する部分だけ抄訳しておきました。ポール・マッカートニー死亡説に関する発言は初耳です。


   
記事本文を読む
posted by Saved at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | Beatles | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする