2017年01月24日

ジョーン・バエズ、ボブ・ディランのノーベル賞受賞と自らの引退時期について語る

 高校生の時に中野サンプラザでジョーン・バエズのコンサートを見ました。7月の学園祭をサボって表参道のキョードー東京までチケットを買いに行き(席は最前列ど真ん中)、高校にはお昼頃到着しましたが、左翼系の社会科教師(元自衛官タモちゃんのAPA論文に書かれてる程度のことは、35年くらい前にだいたい教えてもらいました----自虐史観だけの教師とは出会ったことありません)からは、そういう理由ならばということで、ちょっと叱られただけで済みました(アリバイを作ったので、とっとと早退w)。
 今回紹介する昨年10月のインタビューでは、2017年のコンサート・スケジュールはなしと言ってますが、ドナルド・トランプの大統領就任式の日に全米各地で行なわれたWomen’s Marchのサンフランシスコ会場に姿を見せました。何かあったら人々の前に出てきて歌うという姿勢が崩れる気配は全くありません。





インタビュー:ジョーン・バエズ、ボブ・ディランのノーベル賞受賞と自らの引退時期について語る

聞き手:ランディー・コルドヴァ



お元気ですか?

 ええ。ジムから戻ってきたばかりで、たくさんの殿方がウェイトを持ち上げるのを見てたわ。

健康維持に関する話なのですが、どのようにしてこんなにステキな声を保ってるんですか?

 簡単じゃないのよ。30代半ばくらいから人は重力と戦い始めるでしょ。すっかり変わってしまったわ。最近では「どうしたら出来るだけスピーディーに欲しい音を出せるかしら?」って感じ。そうするのがあまりに大変になったら、引退の時ね。

そういう計画なのですか?

 ええ。辞めるわよ。



でも、今では80代になっても活動してるミュージシャンがたくさんいますよ。

 いるわね。でも、そういう人たちの中で、声で有名な人はひとりもいないわ。私にとっては声が天からの恵みでした。私はロックンローラーじゃありません。ヒットメイカーでもありません。私の場合、声帯から出てくる声への依存度が非常に高いんです。(ミック・)ジャガーは高くありません。(ボブ・)ディランもそう。ピート・シーガーもそう。それに、慢心しちゃうのよね。誰も(私の声が劣化していることを)教えてくれないから。「バエズ、あなた酷い声ですね!」なんて言ってくれる人、いないでしょ。

でも、そう言われたい人なんていないでしょう。それとも、あなたは「私をステージに立たせて!」なんてガツガツしないタイプの人なのですか?

 来年は私はツアーはやりません。アルバムを作って、それから様子を見ます。辞める時には、きっと、それに伴って心理的な負担があるでしょうね。

自分はロックンローラーではないとおっしゃってましたが、ロックンロール・ホール・オブ・フェイムにノミネートされて驚きましたか?

 「皆さん、ちょっと遅いんじゃないの」もしくは「私、ここで何やってんのかしら?」のどちらかでしょう。でも、1960年代に始まったあの音楽のスイッチには私も関与してたので、ロックンロールの一部ではあるわね。

名声や賞についてはどういう考えをお持ちですか?

 あまり考えません。ステキなものだとは思うけど。

ディランがノーベル文学賞を受賞した件について、あなたのご意見は?

 とても素晴らしいと思います。細かい決まりや意味的な問題は理解出来ませんが…。ボブのマナーはダメだけど、言葉のほうはノーベル賞に値すると思うわ。

マナーがダメとはどういうことですか?

 だって、ノーベル賞を取ったら、普通は折り返し電話をかけて「メッセージ承りました。ありがとうございます」って言わない?

あなたはずっとディランの歌に引きつけられていますが、どのようにしてマテリアルを選んでるのですか?

 うぶな言い方に聞こえるかもしれないけど、曲の方が私を選ぶの。本当にそうなのよ。ある種の歌詞を探したりはしません。(現在、レコーディング中のアルバムに関しては)徐々に弧が大きく膨らんでいく様子を見ているうちに、トム・ウェイツの曲が見つかったり、リチャード・トンプソンの曲が見つかったり、ジョシュ・リッターの曲が見つかったりするの。

キャッチーなコーラスのある心地よいポップ・ソングに魅力は感じないんですか?

 もちろん、感じるわ。どんぴしゃりでそのカテゴリーじゃないんだけど、ドノヴァンの…超名曲ってわけじゃないんだけど、〈Catch the Wind〉みたいな曲は聞いてて楽しいわ。今時の音楽には、あまり結びつきを感じないんだけど、スタージル・シンプソンのような人はとても気に入ってるわ。でも、10歳前後の子の聞く音楽の多くは耐えられない。私には13歳の孫娘がいるんだけど(ため息)。

あなたがその年齢の頃のポップ・ミュージックは今より優れていたでしょう。少なくとも、メロディーはもっと良かったですよね。

 白人音楽はメロディーが美しくてステキでした。ゴギー・グラントやアンドリュー・シスターズとか、美しい女性ヴォーカルがありました。その後、私が夢中になったのはリズム&ブルースなんだけど、こっちにも美しい声がたくさんありました。メロディーはそれほどでもなかったけどね。コードのパターンも似たり寄ったりで。でも、大好きだったわ。ハマっちゃった。そして、ちょうどその真っ只中でフォーク・ミュージックが出てきて、道が敷かれちゃったわけね。フォークは、楽しいんだけど何も語ってないバブルガム・ミュージックに対する反逆でした。

あなたの年齢がそのまま最新アルバムのタイトルになっていますが、人目にさらされてる人間でそういうことをする人はあまりいませんね。不安は感じなかったですか?

 選んでやったことなのよ。既にプログラムは決定していて、マネージャーから言われたの。「今度は誕生日を祝いたくないかい?」って。0.6秒くらい考えてから、イエスって答えたわ。この社会では、未来や死んでいくプロセスに、人は直面したくはないの。殆どの人は考えたくもないことなんだろうけど、毎日、鏡を見るとそれを思い知らされるのよ。

ペトゥラ・クラークのインタビューを読んだのですが、彼女はマスコミの人間が80代になってどういう気分ですかって質問するのにうんざりしていたのだとか。あなたもそれに共感しますか?

 いいえ。みんな、そんなこと訊かないもの。若く見えるから(クスクス笑)。今はまだ「80」って言い始めたばかりなので身の毛がよだつけど、「80」って日頃から言ってれば、そのうち恐ろしい要素が消えちゃうんじゃないかしら。

話題を変えましょうか。あなたのスペイン語アルバム(1974年リリースの《Gracias a la Vida》)は古典的名盤で、今や多くの家庭にあります。再びスペイン語のレコードを作る予定はありますか?

 わかりません。私がこの世で作るアルバムは、1枚よりそんなに多くは残ってないでしょう。真面目な話、そういうアルバムは作らない可能性の方が高いと思うわ。でも、未来のことなんてわかりません。あのアルバムを出した時は、私は政治問題にどっぷり浸かっていたの。行方不明になっちゃったチリ人や独裁政権とか。それでああいうアルバムを作ったの。あれが、何かしたい、どうにかしたいって時の私のやり方なのよ。

それがあなたにとっての音楽なんですか?

 難しい質問だわ。たぶん、そうなんでしょうね。少女の時は確かにそうだったわ。私は学校では人気者じゃなくて、メキシコ系で、あらゆる点で不適切な存在でした。でも、ウクレレを弾き始めて、それを学校に持ってったら、みんなが喜んで聞いてくれることに気づいたの。家では趣味で弾いてたのよ。4コードのリズム&ブルースを。それが始まりね。


The original article "Interview: Joan Baez on Bob Dylan's Nobel Prize and when she'll give up performing" by Randy Cordova
http://www.azcentral.com/story/entertainment/music/2016/10/26/joan-baez-interview-bob-dylan-aging/92732656/


   
posted by Saved at 15:05| Comment(0) | TrackBack(0) | Joan Baez | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月14日

放送大学公開講演会『ボブ・ディラン〜音楽に文学を重ねた男』

PT370561.JPG


 2017年のセンター試験第1日目の1月14日に、茗荷谷にある放送大学の東京文京学習センターで行われた公開講演会『ボブ・ディラン〜音楽に文学を重ねた男』が行なわれたので、タイトルに誘われて行きました。旧年中に行なわれたボブ関係のイベントというと、みんなでビールで乾杯したり、日本酒が振る舞われたりと、ノーベル文学賞が酔っぱらいによって酒の肴に矮小化されちゃった感がパないものばかりでしたが、『文学を重ねた』講演会はアルコール度数ゼロで、飲めない奴にも敷居の低いイベントでした。主催の放送大学としては、新年度の生徒募集のプロモーションの一環であって、講演後には大学スタッフによる進学相談も行なわれていたようです。
 講演の内容はというと、まずはパティー・スミスがノーベル賞授賞式で〈A Hard Rain's A-Gonna Fall〉を歌うビデオを流して、「この場に一番ふさわしくない人です。これに違和感を抱かない人はいないでしょう。でも、違和感なんか感じてる暇なんてないほど世界は早く動いてるんだぞ」というツカミで佐藤良明先生が始めたのは「いつも」のロック史概観・ボブ度ちょっと高めバージョン。開始早々、佐藤先生からは、中身はタイトルと違います宣言が出て、結局、お話全体を100とすると文学の話は2くらいの量でした。
 予定時間90分のうち、「ビートルズは(世界史で習うイギリス、アメリカ、アフリカの)三角貿易の逆回し」等の面白い話が進み、1965年のニューポート・フォークフェスティヴァルに到達したのは開始80分後。その後、最後の5分くらいで見せられたのがこのグラフです。

Chart.jpg


 ピケティーの『21世紀の資本』が話に出てくるとは完全に予想外でした。私のような頭の悪いロック・ファンはこんな本、読みませんから(正確に言うと、読んでも理解出来ない)。「アメリカの上位1割による資産の占有率」をロック史と重ね合わせると、資産占有率が低かかった時代とロックの黄金期は重なるというのです。しかも、ボブの30周年記念コンサート頃から、占有率は急上昇しています。ボブやビートルズ、ローリング・ストーンズといったロック・レジェンドたちが、レジェンドであることから逃れられなくなった時期とも一致しています。
 普段、だらだらレコードを聞いているだけの不勉強な私にとっては、これは久しぶりの「あっ!」でした(決して「ヘウレーカ」でないところが、私の脳味噌の限界です)。今までのはイントロダクション、ここからが本題って雰囲気になってきたものの、残念ながらここで時間切れ。続きは今後の著書や講義でってことで講演会はお開きになりました。
 ということで、帰りの電車の中ではこんなことを考えました:

・そういえば、1970〜80年代にビートルズ、ボブ、ストーンズは学校で全く人気がなかった。ファンは私ひとりだけ。郊外のレベルの低い公立校だったので、そうだったのかもしれないが…。

・こういう状況では人間不信にならないほうが不思議。現在、手のひらを返したように彼らをレジェント扱いするファンがウジャウジャいるのも(しかも同年代)人間不信の原因。

・ボブ30周年記念コンサートはチケット代が初めて100ドルを超えたロック・コンサートのひとつだった。

・ストーンズ初来日10,000円も衝撃だった。

・今やチケット代は100ドルでも安いほう。2015年にはグレイトフル・デッドでさえ100ドルを超えたので、個人的に超ビックリ。

・現在、資産を独占している人は、1960〜70年代に少年時代〜青春時代を送ったロック世代に属している。

・資産を独占するレベルではないものの、ロックファンはいつの間に高いチケット代を喜んで払い、高いボックスセット(箱物行政という)をハァハァしながら買えるほど金持ちになったのだろう?

・ノーベル財団の人が受賞者発表時に言ってた「アメリカの民衆音楽の伝統に新しい詩的表現を…」という言葉からすると、一昨年にNHKが放送したラジオ番組『カルチャーラジオ 文学の世界 ボブ・ディランの世界を読む』がまさにこれに沿ったもの。NHK、先見の明があったなあ。


   

posted by Saved at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | Bob Dylan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする