2018年01月30日

イギリスの有名ブートレッガー「ミスター・トード」が死去

 これはレッド・ツェッペリンのファンサイト「Led Zeppelin News」に1月26日付で掲載された記事ですが、ミスター・トードというと、ボブ・ディランのブートレッグもたくさんリリースした人物です。ゴスペル曲のみで構成されたコンサート(1979年11月16日サンフランシスコ公演)を収録した史上初のブートCD《Contact With The Lord》や、1981年ヒューストン公演のサウンドボード・テープを収録した《You Can't Kill An Idea》を1990年にリリースした後、ボブ専門レーベル、Wanted Man Musicも作りました。今から四半世紀以上前に、ゴスペル期再評価の最初のきっかけを作ったのがミスター・トードといっても過言ではありません。



イギリスの有名ブートレッガー「ミスター・トード」が死去
文:ledzepnews


 ミスター・トードのニックネームで知られているブートレッガーで、2007年の海賊盤裁判で注目を浴びたロバート・ラングレイが、今月上旬にこの世を去った。
 ブートレッグ情報サイト「Collectors Music Reviews」もラングレイ死去のニュースを報じているが、死因は明らかになっていない。
 2007年にジミー・ペイジが証人として出廷して話題となった裁判では、ラングレイに懲役20カ月の判決が下っている。
 ラングレイは、2005年5月にスコティッシュ・エキシビション&カンファレンス・センターで開催されたレコード・フェアに警察の捜査が入った際に逮捕された。その際、彼が権利者に無許可で違法に販売していた大量のブートレッグが、警察によって発見された。
 この人物が£11,500相当のレッド・ツェッペリンのブートレッグの他、£1,790相当のローリング・ストーンズのブートレッグ、£885相当のビートルズのブートレッグを所持していたことが警察の捜査で判明したと、BBCニュースは報じている。
 ラングレイは、初めのうちは、3件の商標権侵害、2件の著作権侵害については否認し、抗弁していたが、ペイジが出廷して彼に不利な証言するに至り、遂には有罪を認めた。
 ザ・スコッツマン紙の記事によると、ペイジはジュディス・ハッチンソン地方検察官にこう語ったらしい:

「ファン同士で音楽をトレードするまでは問題ないですが、何かと交換するつもりはなく、それを商品化するやいなや、法律的にも道徳的にもルールを侵していることになります。…そうしたレコーディングの中には、ブンブンいってるだけで、音楽が聞こえないものもあります。もしこうしたものが正規にリリースされるとしたら、正しいことではありません」

 ペイジが出廷したことは、当時、マスコミで大きく報じられた:


 クリントン・ヘイリンがブートレッグ産業の歴史について著した本『Bootleg!』には、ラングレイの発言がフィーチャーされている。彼は「ミスター・トード」の名前でインタビューに答え、1990年代初頭はブートレッグCDを製造するのに大変苦労したと、ヘイリンに語っている。
 彼が作ったボブ・ディランのCDブートレッグ第1作目はこんな感じの出来になってしまった:

「初めて作ったCDは酷い代物だった。究極的に酷かった」とラングレイは語る。「《They Don't Deserve It》は届いてみたら滅茶苦茶だったよ。工場に送ったのは75分間の音源だったのに、戻ってきたら、あちこちがカットされて72分になっていた。…ボリューム・レベルも滅茶苦茶で、送ったテープとは全然違っていた。イスラエルに行って、韓国に行って…。戻ってきたら、裏ジャケットは、こういうデータを載せてくれって業者に渡した、[ミセス・トードが]タイプ打ちした原稿をそのまま印刷したものだった。白い紙にね」

Deserve.jpg


 ラングレイはこの本の中でこんな話もしている。彼のブートレッグCDレーベル、Silver Raritiesは、CDの製造工場を探しにドイツに行ったのがきっかけで、1991年8月に誕生したもので、その後、新たにディラン専門のブートレッグ・レーベル、Wanted Manも立ち上げられた。
 イギリスでCDをプレスしてくれる工場を発見することが出来たおかげで、ラングレイは事業を拡大することに成功したのだが、ヘイリンはこのあたりの事情をこう説明している:

「彼は聖杯に出くわした。持って行った音源が何であれ、つべこべ言わずに製造してくれるプレス工場が、イギリスにあるのを発見したのだ。しかも、自分の代わりにあらゆるリスクを引き受けてくれる仲介人も見つけたのだ。イギリスの約半数の卸業者のために前代未聞の値段とスピードでCDをプレスしてあげたことで、彼は誰も逆らうことの出来ない人物になった。
 しかし、これが一時的な状態で、いつかは過ぎ去ってしまうだろう、自分が撒いた憎しみの種が7倍になって返って来るだろうとは、ミスター・トードは夢にも思っていなかった。著作権保護制度の隙間の蝶番{ちょうつがい}がはずれていた非常に短い間、イギリスはヨーロッパのブートレッグ製造の中心地となっており、ミスター・トードは、こうなりたいと夢に見ていた成り上がりの荘園領主のように、そこの主となっていたのだ」



The original article "The legendary bootlegger known as 'Mr. Toad' has died" by Ledzepnews
http://ledzepnews.com/2018/01/26/robert-langley-mr-toad-bootleg-dead/
Reprinted by permission

   



おまけを読む
posted by Saved at 22:19| Comment(0) | Music Industry | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月22日

ディラン・イン・グラスゴー1966:ナイフを持った暴漢と機材盗難

 《Trouble No More》がリリースされたせいで《THE 1966 LIVE RECORDING》のことはしばらく忘れてましたが、約1カ月前にグラスゴーのローカル情報のサイトにこんな記事が掲載されました。マンチェスター・フリートレード・ホール公演の本『ジューダス!ロック史上最も有名な野次』の補足として読んでください。


ボブ・ディラン・イン・グラスゴー
ナイフを持った暴漢と機材盗難

文:ロン・マッケイ


 ジョージ・スクエアにあるミレニアム・ホテルのオーナー連中にビジネス・センスがあるなら、数日後には、ノーベル文学賞の受賞者、ロバート・アレン・ズィママンがかつてここに宿泊したことを記念する真鍮のパネルを壁に打ち付けることだろう。もし過去の宿帳が見つかったら、そこには彼がボブ・ディランというペンネームで記したサインがあり、宿泊し、ザ・ホークスとジャム・セッションをした部屋も特定されることだろう。ホテルとしては、そこで消費された大量のドラッグについては、大々的に取り沙汰したくはないだろうが…。
 ディランが初めてスコットランドにやって来たのは50年以上も前のことだ。ショウの後半では、アコースティック・ギターのかわりにフェンダー・ストラトキャスターを肩にかけて、ザ・ホークスをバックにエレクトリックな新曲を爆音で演奏し、毎回野次られていたことで有名な、あのツアーの時の、1966年5月18日にグラスゴーに到着したのだ。
 その前の晩のマンチェスター・フリー・トレード・ホールでは、「ジューダス!」と叫んだ何者かに「お前の言うことなんか信じない!…嘘つきめ」とやり返した後、バンドに音量アップを命じて、怒濤のように〈Like A Rolling Stone〉を演奏している。
 ボブ一行がホテル----当時はブリティッシュ・レイルが所有していたノース・ブリティッシュ----にチェックインした時は、その晩にオデオン・シネマで行なう予定のギグを楽しみにはしてなかったであろう。既にボブはフォークの寵児から目の敵へと変化しており、野次がツアーの見所となっていたからだ。グラスゴーの青年社会主義同盟は出来るだけたくさんのメンバーを集めて、コンサートに行ってブーイングをさせたのだが、彼らの声はポジティヴな反応に圧倒され、埋もれてしまった。
 途中退場も野次もあったが(おそらく青年社会主義同盟が組織的に行なったものであろう)、「ディランを出せ」という野次に対して、ボブは「ディランは体調が優れず、バックステージで休んでいます。彼の代わりに私がここに来ました」と返答した。翌晩、エディンバラのABCでは、反エレクトリック派の連中はバンドの演奏を聞こえなくしようとハーモニカを持参したが、無駄に終わった。
 ノース・ブリティッシュ・ホテルの寝室でディランがロビー・ロバートソンと未発表曲〈What Kind Of Friend Is This?〉を演奏するシーンがYouTubeにアップされているが、この部屋は後に、グラスゴーの負の象徴となる出来事の現場になってしまった。食べ物を持ってドアのところにやって来たウェイターが、突然ディランに向かって「フォーク・ミュージックの裏切り者!」と叫び始めたのだ。



 ディランのドライバー兼ボディーガードのトム・キーロックは、すかさず、この男を部屋から追い出したが、彼はこの時の状況をこう回想する:「そいつはオレにナイフを向けてきた。証拠の傷が今でもあるよ。蹴りを入れてやったけどな」 バンドのツアーバスも被害を被り、レコーディングやハイファイの機材が盗まれた。

bob-dylan-keylock.jpg

[左の人物がトム・キーロックらしい]


 しかし、翌日、エディンバラを離れる時のディランは上機嫌だった。ディランの監督のもと、自称ディラノロジストのDA・ペネベイカーが撮影したツアーのドキュメンタリー映画『Eat The Document』には、ボブがジョージ・スクエアで、バグパイプの音が鳴る中、警察犬の訓練士を眺めている様子が映っている(3:20くらいから)。バグパイプを演奏している者の姿は画面に登場していないが、恐らく警察のパイプバンドであろう。(4:37にパイプバンドが登場)



 そして、ボブが町を離れるために車に乗り込もうとすると、サイン帳(前世紀のセルフィーか)を振り回している少年少女に取り囲まれる。ボブが彼らに前晩のギグに来ていたのかどうか、ブーイングをしたのかどうか訊くと、彼らは元気にそれを否定する。「オレはブーイングをした連中全員の名前を知りたいんだ」 ボブはこんな冗談を言うと、車で走り去った。



 ツアーはディランが最高にクリエイティヴだった18カ月間の真っ最中に行なわれた。この間にディランは《Bringing It All Back Home》《Highway 61 Revisited》《Blonde on Blonde》をリリースしており、ノーベル委員会に評価されたのもこの頃の作品に違いない。
 5月27日にロンドンで行なわれたツアー最終公演の2カ月後、ディランはオートバイ事故を起こし、その後、8年間はツアー活動から身を引いていたが、この期間にもたくさんの曲を書き、ザ・バンドの面々が暮らしていた家、ビッグ・ピンクで彼らと一緒にそれを録音した。
 以来、ディランは何度もグラスゴーを再訪しており、いわゆるネヴァー・エンディング・ツアーではたいていSECCでプレイしているが、1966年のショウは既に伝説と化している。
 マーティン・スコセッシ監督のドキュメンタリー映画『No Direction Home』(2005年)で、ディランは熱心に語っている:「あのツアーでオレに同行してくれた連中は…オレたちは皆で一緒にライオンの口の中に頭を突っ込んでたようなものだった。オレと一緒に頑張ってくれたあいつらには本当に敬服した。スタッフとして働いてくれただけでも、勇敢な騎士だ。オレの後ろに立っててくれただけでもね」
 グラスゴー公演とエディンバラ公演は、シドニーから始まりロンドンで終わったツアーの現存する全音源を収録したCD36枚組ボックスセット《Bob Dylan: The 1966 Live Recording》に収録されている。グラスゴー公演はDisc 21に、翌晩のエディンバラ公演はDisc 22、23で聞くことが出来る。
 ライナーノーツによると、この音の記録は「無限のヴィジョンを持ったディランの進化をステージ上の現象として捉えている」とのことだが、1966年にグラスゴーのホテルの部屋でギターをつま弾く姿はノーベル文学賞受賞の決め手にはなってないだろう。


The original article “Bob Dylan's wild night of knife fights and robberies in Glasgow” by Ron McKay
http://www.glasgowlive.co.uk/news/history/bob-dylans-wild-night-glasgow-12022386


   
posted by Saved at 21:08| Comment(0) | Bob Dylan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月18日

ニューアルバム《Whistle Down The Wind》とさよならツアー

 これは1年前に紹介した記事ですが、FARE THEE WELL(さよなら)と題したヨーロッパ・ツアーの日程が続々発表になっていて、3月にはニュー・アルバムも出ます。最後にもう1度、日本でも歌ってもらいたいです。10年くらい前に、スカーレット・リヴェラを呼んだプロモーターがバエズの来日公演に向けて頑張ってるという話が私の耳にも入ってきましたが、結局、実現しませんでした。


ジョーン・バエズ、ボブ・ディランのノーベル賞受賞と自らの引退時期について語る
http://heartofmine.seesaa.net/article/446259901.html

 
posted by Saved at 10:59| Comment(0) | Joan Baez | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月10日

ドアーズ/ビートルズつながりで2題

 ドアーズに関するトリビア満載の面白サイト「THE DOORS EXAMINER」を発見しました。興味深い話題がわんさか掲載されているのですが、主筆のジム・チェリーさんのご好意で、ビートルズに関連した2題をこちらでも紹介できることになりました。


ビートルズとドアーズはメンバー同士会ったことがあるのか?
文:ジム・チェリー


 ビートルズとドアーズは活躍の時期こそ重複していたものの、交流は殆どなかったようである。どちらのバンドの活動を綴った本にも、メンバー同士が会ったとは全く書かれていないし、一緒に写っている写真も1枚も存在しない。しかし、両バンドの間に繋がりがあったことを示す証拠文書があり、メンバー同士が会ったと考えるに値する風説も存在する。
 ビートルズとドアーズの最初の縁は、ドアーズがバンドになり始めたばかりの1965年9月にあった。エレクトラ・レコードの創設者、ジャック・ホルツマンはクラシックのアーティストがビートルズの音楽を演奏しているアルバム《The Baroque Beatles Book》を制作中だったのだが、ビートルズからダメ出しが出ることを恐れた彼は、ロンドンに飛んでジョン・レノンとポール・マッカートニーと会見し、ふたりからこのプロジェクトに対する祝福の言葉をもらったのだ。



 ドアーズ初のヨーロッパ・ツアー(1968年9月)の後、ジム・モリソンとパム・カーソンはロンドンでアパートメントを借りて、数週間、この地に滞在していたのだが、この頃、ジム・モリソンはアビイ・ロードで〈Happiness is a Warm Gun〉をレコーディング中のジョン・レノンと会ったという噂がある(セッションは1968年9月23〜25日にアビイ・ロード第2スタジオで行なわれていた)。これは十分ありえることだ。ホルツマンがビートルズと会ったことをモリソンが知っていて、紹介してくれと彼にお願いした可能性は高いだろう。この曲のコーラスにはモリソンが参加しているという説もある。
 モリソンがロサンゼルスに戻った後の話だが、彼がアビイ・ロードを訪問したお礼に、ジョージ・ハリスンが1968年11月に《The Soft Parade》のレコーディング中のドアーズを表敬訪問したという噂もある。詳しい日時は不明だが、11月29日のことだったとする情報源もある(ハリスンのこの時の渡米の主な目的は、ニューヨーク州ウッドストックにあるボブ・ディラン宅の訪問)。《The Soft Parade》はドアーズが初めてジャズや管弦楽のミュージシャンを起用した作品で、完成に9カ月を要し、1969年7月に発売された。ハリスンは複雑な作業過程を見て、《Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band》のレコーディングを彷彿させると語ったらしい。
 1969年9月に、ドアーズはトロント・ロックンロール・リヴァイヴァル・フェスティヴァルのトリを務めたが、当初、チケットの売れ行きが芳しくなく、主催者側ではコンサートの中止も考え始めていた。そんな状況下で、このイベントの司会を務めることになっていたキム・フォウリーはジョン・レノンと連絡を取って、開催に力を貸してもらうことが出来た。このショウの時にレノンがドアーズの誰かと会ったという報道は全くないが、レイ・マンザレクは、バックステージに用意されていた食べ物をレノンの側近が全部食べてしまったと報告している。

The original articles "The Beatles-Doors Connection" and "The Doors-George Harrison Connection" by Jim Cherry
http://doorsexaminer.com/beatles-doors-connection/
http://doorsexaminer.com/george-harrison-visit-doors/
Reprinted by permisson

   


次の記事を読む
posted by Saved at 13:00| Comment(0) | Doors | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月08日

ブッチが回想するトリッピーな大晦日ライヴ

 昨年の今頃、オールマン・ブラザーズ・バンドのブッチ・トラックスが銃で自殺という悲しいニュースを聞きましたが、彼が2011年7月から13年5月まで『the world according to Butch Trucks』というブログで面白いエッセーを発表していたことを、つい最近になって知りました。しかも、2011年9月には「A Funny Thing Happened On The Way To 1974!」と題して、1973年大晦日コンサートの超笑える思い出話を書いてます。サンフランシスコのカウ・パレスで行なわれ、グレイトフル・デッドのジェリー・ガルシア、ビル・クロイツマンが飛び入りして盛り上がったことで知られている伝説のライヴですが、定説では、ふたりがプレイに参加したのは「*」となってます。しかし、ブッチの記憶によると、ビルはもう少し早くからプレイに参加していた模様です。それにしても、オウズリー、悪いやっちゃ。

Setlist: Allman Brothers Band Cow Palace San Francisco, CA 12/31/1973
Wasted Words, Done Somebody Wrong, One Way Out, Stormy Monday, Midnight Rider, Blue Sky, In Memory Of Elizabeth Reed, Statesboro Blues, Southbound, Come & Go Blues, Ramblin' Man, Trouble No More, Jessica, Les Brers In A Minor, Drums, Les Brers In A Minor, Whipping Post Jam*, Linda Lou/Mary Lou*, Hideaway/You Upset Me*, Bo Diddley*, 21 Mountain Jam*, Bo Diddley*, Save My Life*, Blues Jam*, You Don't Love Me*, Will The Circle Be Unbroken*, Mountain Jam*
* with Boz Scaggs, Jerry Garcia & Bill Kreutzman





1974年を迎えながら起こった笑える出来事
文:ブッチ・トラックス


 1970年3月13、14日、オールマン・ブラザーズは初めてニューオリンズのザ・ウェアハウスでコンサートを行なった。この会場にはマジックがある。ここは元は埠頭の綿花の倉庫で、かつては輸出前の綿花をここで保管してたんだ。木で出来ていて、音響も最高。当時、オレたちがプレイしてたどの会場にも劣らない最高の雰囲気があった。1970年12月31日にザ・ウェアハウスで初めて大晦日コンサートをやって、同じようなイベントは1972年12月31日まで毎年続いた。この頃には、《Eat a Peach》がマルチプラチナムに届き、マディソン・スクエア・ガーデンやスペクトラムといった会場もソールド・アウトするような状態になってたんで、ザ・ウェアハウスのような2,000席の会場でプレイしたのは、オレたちが純粋に楽しみたくてやったことだった。あそこでやった大晦日コンサートは伝説になった。コンサートをやりながら新年を迎えるのが楽しくて、会場が閉鎖になるまで3年間は続けたんだ。
 1973年も大晦日が近づいて来てたんだが、ザ・ウェアハウスはもうない。ということで、マネジメントとビル・グレアムは、サンフランシスコのカウ・パレスで1973年12月31日と1974年1月1日に2夜に渡ってコンサートを開催するというアイデアを出してきた。どちらのショウもすぐに売り切れたので、全米のラジオで生中継することも決定した。リスナー数は、フランクリン・ルーズベルト大統領の炉辺談話以来、最多となる見込みで、実際にそうなった。今でも、この記録は破られてないと思う。
 とにかく、会場にいる2〜3万人とラジオを聞いてる数百万人に向かってプレイする準備をしてると、誰かがオレに教えてくれた。一緒にジャムるために、グレイトフル・デッドの連中が既に来てるぞと。デッドとはフィルモア・イーストで一緒にコンサートをやったことがあるんだが、それ以前、オレは1度しかトリップした経験がなかった。デッドにはオウズリー・スタンリーっていうローディーがいた。こいつは文明化された世界の大半のためにLSDを製造してる化学者で、あらゆる人間に一服盛ることがこいつの目標だった。フィルモアでのあの晩、オレたちのビールを冷やすための氷水の中に純度の高いアシッドがオウズリーによって仕込まれてて、ビールを飲んだら、缶についた氷水に含まれてるLSDを摂取し、完全にトリップすることになっちまった。あの晩、オレは1缶以上のビールを飲み、ショウが中盤に差し掛かる頃には、プレイ出来ない状態になっちまったのだ。
 そいつがカウ・パレスで行なわれる大晦日コンサートに来てると聞くやいなや、オレは自分のワイン・ボトルを掴んで、封を切った後は手元に置き、他の物は絶対に飲まないようにした。フィルモアでの出来事を繰り返したくはなかったのだ。新年を迎えたのはファースト・セットの後だった。1974年元日を迎える様子のラジオ放送はこのサイトで聞いてくれ:

http://www.concertvault.com/the-allman-brothers-band/cow-palace-december-31-1973-set-2.html

 そこまではいい調子だった。オレたちはセカンド・セットを開始した。しかし、その約1時間半後、ジェイモーとオレのドラム・デュエットが含まれることになってる〈Les Brers in A Minor〉の直前に、オレのドラムが宇宙空間を漂い始めたのだ。ドラムを叩いても、マシュマロを叩いてるような感じになっちまったんだ。オレは思った。「また、あいつにやられたぜ」って。振り返ると、ビル・クロイツマンが立っていた。イエス・キリストのように見えたね。後光もさしていた。オレは持ってたスティックを差し出して、ドラムを叩いてくれないかとお願いした。オレはもう音楽についていけなかった。ビルは引き受けてくれた。続いて、本来ならばオレが数百万人のオーディエンスの前で大活躍するはずだったところでも、ビルが演奏した。オレはステージの端に移動して、残りのショウを堪能した。その後の、ジェリー・ガルシアと、ずっとオレのドラムを叩いているビル・クロイツマンとのジャム・セッションも含めて。
 数年後、オウズリーに会った時に聞かされた話なのだが、奴は水鉄砲にLSDをたっぷり仕込んだ後、フロア・タムの下に置いてあったオレのワインボトルに近づいて狙い、遂にそのいたずらをやり遂げたとのことだった。してやられたぜ。


The original article "A Funny Thing Happened On The Way To 1974!" by Butch Trucks
http://thebutchtrucks.blogspot.jp/2011/09/funny-thing-happened-on-wayto-1974.html


   
posted by Saved at 12:00| Comment(0) | Allman Brothers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする