2019年06月28日

マハリシの瞑想道場に潜入したKGBスパイ、ユーリ・ベズメノフ

 1970年にカナダに亡命したソ連のスパイ、ユーリ・ベズメノフの発言が、まさに現代の世界を言い当てているとして、最近、脚光を浴びてるようです。ググったら次のような記事が出てきました。

・34年前にロシアが企んだ“米国崩壊計画”、すべて現実化していた! 元KGBスパイが明かした「長期的イデオロギー破壊工作」とは!?
https://tocana.jp/2018/08/post_17904_entry.html

・元KGBが暴露した超効果的な“国民の洗脳方法”がヤバすぎる! 善良な左翼は「使えるバカ」、一方アメリカの洗脳方法は…!?
https://tocana.jp/2018/03/post_16371_entry.html

・国家転覆の方法 by 元KGB工作員ユーリー・ベズメノフ(トマス・シューマン)
https://ameblo.jp/millnm/entry-12184863749.html

 上記の記事は、恐らく、ベズメノフが1984年に答えたインタビュー↓を元にして書かれたもののようですが、私が聞き逃さなかったのは49:55付近から語られている内容です。なんと、ビートルズが1968年に行ったマハリシ・マヘシ・ヨギのアシュラム(瞑想道場)にベズメノフも潜入調査に行ったと証言しています。



 こんなことを言ってます:

 KGBはマハリシ・マヘシ・ヨギにも興味を持っていた。まあ、単なる巻き添えのようなんだけどね…。こいつは優れた宗教指導者、大ペテン師、いかさま師----どちら側から見るかによって、さまざまな解釈が出来る人物だ。ビートルズのメンバーがインドのハリドワールにあるこいつの道場{アシュラム}で瞑想の修行を行ない、ミア・ファロウやハリウッド出身の他の役に立ちそうな愚か者どもも彼の学校にやって来て、マリファナとハシシ、そして瞑想というクレイジーな思想で精神が完全に酔った状態で、アメリカに帰って行った。
 瞑想とは、言い換えると、自国の社会・政治的問題から自分を切り離し、自分の殻の中に閉じこもり、世界の問題を忘れてしまうことだ。KGBは愚かなアメリカ人のための洗脳センターとなってる素晴らしい学校に興味をそそられた。私はアメリカのどういう種類の重要人物がこの学校で勉強してるのかをチェックするために、KGBによって派遣されたんだ。


Maharishi.jpg


● この写真の左の人物があなたですよね。

 そうだ。左に写ってるのが私だ。私はその学校に入学しようとしたんだが、残念なことに、マハリシ・マヘシ・ヨギの要求する金額が高過ぎた。入学したいなら500米ドル払えと言われたよ。でも、私の任務はこの学校に入学することではなかった。どういう種類の人間がアメリカからこの学校にやって来るのかを調べることだった。影響力のある、良い家柄の、オピニオン・リーダー的な人物が来て、インド哲学に関するクレイジーな話を頭に叩き込まれて帰国していることがわかった。
 インドの人々は彼らを役に立つ愚か者と見なしていた。KGBがそういう連中を極めて騙されやすい、誤って導かれた人間だと見なしてたことは、言うまでもない。例えば、国会議員の奥さんや、ハリウッドの有名人といったVIPは、その学校で訓練を受けると、世論を操作する者にとって、普通の人よりもはるかに役に立つ人間になるんだ。KGBはそれをよく理解している。この種の宗教修行を偽物と見抜く力がある。


● 彼らはどうして操作されやすいのでしょうか?

 さっきも言ったように、マハリシ・マヘシ・ヨギがアメリカ人に教えてることを注意深く見ればわかる通り、内省的な瞑想をやり過ぎると、問題の殆どが----今日の緊急を要する問題も----瞑想さえしてれば解決出来ると考えてしまうようになる。ボートを揺らすな。かかわるな。座って、瞑想しろ。そうすれば、宇宙の波動によってとかいう変てこりんなロジックで、全てが自然と解決する。
 これこそまさに、KGBとマルクス=レーニン主義者がアメリカにしたいプロパガンダだ。アメリカが抱える真の問題から自分の意見や注意、精神的エネルギーを逸らして、問題なんかない、世界なんかないって思い、存在しない調和を考えるようになってしまう。自意識のある、健康的な、健全な肉体を持って、現実に注意してるアメリカ人より、こうした間抜けなアメリカ人がたくさんいるほうが、ソ連にとっては都合がいい。
 マハリシ・マヘシ・ヨギはKGBの協力者名簿には載ってないが、こいつはアメリカ社会の混乱には大きな貢献をしている。本人にそのつもりがあるのかどうかは知らないけどね。しかも、マハリシだけじゃない。愚かで単純な国民から金を巻き上げるために、何百人ものグルがアメリカにやって来ている。これが今のトレンドさ。瞑想が流行。引きこもろう、が今の流行りなんだ。
 KGBがマハリシに興味を抱き、私がハリドワールに行く費用を負担し、私にあんな奇妙な任務をさせたくらいなんだから、KGBの連中は私の調査報告にうっとりしてたよ。アメリカを混乱させるのにはあの種の洗脳が非常に効果的で有用と、KGBは確信してたね。


   


posted by Saved at 20:51| Comment(0) | Beatles | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする