2020年03月17日

スージー・ロトロのFBIファイルが存在。ということはボブ・ディランのファイルも…?

文:アーロン・J・レナード(トゥルースアウト


元記事 “FBI Tracking of Bob Dylan and Suze Rotolo Foreshadowed Future Abuses” by Aaron J. Leonard, Truthout


 ネオ・ファシスト団体「プラウド・ボーイズ」が2019年8月17日にオレゴン州ポートランドで集会を開き、それが左派集団からの抗議を受けた時、ドナルド・トランプも「アンティファを「テロ組織」と呼ぶことを鋭意検討中」とツイートしてこの論争に加わった。このツイートのちょうど1カ月前には、テッド・クルーズ上院議員(共和党の保守強行派政治家)がRICO法(威力脅迫及び腐敗組織に関する連邦法)に基づいてアンティファを調査することを求め、それがFBIや他の連邦の調査機関に対してゴー・サインを発するかたちになってしまった。アンティファに対するこのような弾圧の指示は、いわゆる黒人アイデンティティ過激派等に対するFBIによる監視と相まって、現在、恐ろしい道を作りつつある。スージー・ロトロは過去の時代の文化的人物だが、先頃公開された彼女に関するFBIファイルからはさまざな洞察が得られ、こうして行なわれる調査はえてして行き過ぎる傾向があることを強調している。



FBIと《The Freewheelin' Bob Dylan》


 1963年にボブ・ディランは出世作となったアルバム《The Freewheelin' Bob Dylan》をリリースした。冷戦状態に異を唱えたこの芸術作品には、第3次世界大戦をパロディー化した〈Talkin' World War III Blues〉、不平等や黒人差別に反対した〈Blowin' in the Wind〉〈Oxford Town〉、キューバ・ミサイル危機によって変わってしまった世界のヴィジョンを印象深く歌った〈A Hard Rain's A-Gonna Fall〉等が収録されている。こうした歌は社会秩序に楯突いたものであり、多くの点で、その後10年間にわき起こった黒人解放運動、反戦、その他のラジカルな社会運動の上演開始のベルとしての役割を果たした。
 レコード盤が入っているジャケットには、ディランと当時のガールフレンド、スージー・ロトロが、2月の寒さの中、グリニッジヴィレッジのジョーンズ・ストリートを歩いている有名な写真が使用されている。ディランと《Freewheelin'》、そしてロトロとの関係については多くの文章が書かれているが、2011年に亡くなったロトロ本人も、2009年に出版した回想録の中で、この関係について自ら綴っている他、政治活動家、芸術家として活躍していたことも述べている。しかし、一般には知られてなく、あらゆる記事が書き漏らしてしまっているのは、あの写真が撮影された頃、そして、ディランとつき合っていた期間中もずっと、ロトロが----そして、ある程度はディランも----FBIの監視下にあったということだ。ロトロに関するFBIファイルは、1960年代にFBIが弾圧的な活動を行っていたことを示す典型的な資料であり、FBIや、反対意見を押さ込もうとするその他の組織が、現在もなお不気味に存在することを強調している。
 スーザン・エリザベス・ロトロはメアリー&ジョアチーノ・ピエトロ(「ジョーキム」もしくは「ピート」としても知られている)・ロトロの娘で、両親ともアメリカ合衆国共産党の党員として積極的に活動しており、FBIにはマークされていた。

Suze 1.jpg


Suzie 2.jpg


 スージー・ロトロはディランとつきあう前からFBIのレーダーに引っかかっていた。共産党青年部の組織「デュボワ・クラブ」の前身である「アドヴァンス」というグループに参加していたからだ。恐らくこのために、彼女が1961年前半に(ディランと出会う数カ月前)母親と一緒にイタリア旅行をするために、パスポートを申請したのをFBIに察知され、彼女の渡航計画に関するメモがファイルへのエントリー第1号となった(ファイル中の他の報告には1958年の出来事のものもあるのだが)。ロトロのファイルは最終的には174ページになった。FBIの平均からするとそんなに多くはないのだが、彼女を調査対象とすべき根拠の小ささからすると、大量だと言える。ロトロに関する情報収集は1974年まで続いていた。
 ファイルにある文書を読んでいると、アメリカ版シュタージ(国家安全保障局、CIA、FBI、軍の諜報機関などの総称。「シュタージ」とは、もとは、旧東ドイツで国民を監視していた秘密警察機関のこと)の臭いがプンプンする。例えば、ロトロがティーンエイジャーの頃に「キャンプ・キンダーランド」に参加したという報告がある。FBIのリポートによるとここは「共産主義者が運営しているキャンプ」であり、ある情報提供者から得た「彼女は16歳の時にしばらく、有名な共産党指導者の息子のガールフレンドだった」という記録もある。
 ファイルは続いて、ディランとの関係について語り、「1963年中、イタリアから帰国した後はボブ・ディランという名のフォークシンガーとつき合い、その関係は1963年12月くらいまで続いた」という報告にクロスリファレンスがついている。ジョン・F・ケネディー大統領が暗殺されてまだ間もない1963年12月に、ディランが緊急人権擁護委員会(Emergency Civil Liberties Committee)からトム・ペイン賞を受賞した際に行なった発言に関する報告にもクロスリファレンスがついている。ディランはここで、いつもの挑発的なスタイルで、リー・ハーヴィー・オズワルドについて私見を述べた。自分だったら絶対にそんなことはしないがと明言しながら、「私は彼の中に少し自分を見ました」とも語ったのだ。この発言は小さくない混乱を巻き起こし、ディランは退場しなければならなかった。もちろん、この件もロトロのFBIファイルに記録されている。
 その後、この出来事はロトロのファイルの中でひときわ目立つ汚点を残すものとなってしまった。FBIは1964年の報告書の中で「1963年中、対象はフォークシンガーのロバート・ディランと頻繁に会っていた」と記し、その後で、再び、緊急人権擁護委員会でのディランの発言について説明している。ロトロのファイルがその存在を強く示唆しているボブ・ディランに関するファイルの中で、この件に関してはさらに多くのことが知られよう。現在、そのようなファイルの公開請求権を一番有しているのはディランである。
 ロトロのファイルの中にある最も驚きのものは、「陸軍省[編集済]職員によって用意された」1964年7月の報告書である。その情報提供者の説明によると、仕事としてFBIの報告書を読んでいる際にロトロの名前を発見し、その後、FBIに次のような報告書を送っている:「私の妻は1956年頃までスーザン・ロトロと極めて親しく…昨年、親類経由で聞いた話によると、スーザン・ロトロはフォーク・シンガーであるボブ・ディランとつき合っていたらしい。1963年にコロムビア・レコードはボブ・ディランのレコード《Freewheelin'》を発売し、スーザン・ロトロはアルバム・ジャケットの写真にディランと一緒に登場している」 報告書はこう述べて終わっている:「妻のごく近い親類によると、ディランとの関係は既に壊れているようである」 家庭内のゴシップは、このようにして、FBIへの通報へと変わった。
 公表されたページについて特筆すべきは、FBIが1950年代には積極的に共産主義者を見つけだそうとし、1960年代にはそのターゲットをニューレフトに変えるという大きな策謀の中で、ロトロがどのような経緯で目を付けられたかである。ロトロに関する資料収集が継続された主な理由は、彼女のキューバ訪問だった。関係書類のうちの多くは、彼女が1964年に政府の出した渡航禁止令----55年経った現在も禁止のまま----を無視して、学生旅行委員会でキューバに旅行したことに関するものだった。ロトロは旅行中、熱心に代表を務めていたことだけでなく、毛沢東主義に傾倒している進歩労働党がキューバ訪問の準備に関与していたことで、さらに危険かつ悪質と見なされ、ロトロはFBIから「SM-PL」(治安問題ー進歩労働)という監視対象者略号をもらっている。FBIとしては、彼女をセキュリティー・インデックス----「国家緊急事態」の際にはただちに拘束すべき人間のリスト----に加えるには、以上だけで十分な理由だった。ロトロは数年間イタリアで暮らしていた後も、1971年1月までこのリストに載っていたのだが、「対象は1965年以降は合衆国では活動していない」ということでリストから外された。
 ロトロのファイルに関して最も重要なのは、それが存在していたという点と、ディランに関するもっと大きなファイルが存在することを臭わせていることだろう。また、ロトロ・ファイルが語っているのは、「アメリカ国民を守り、合衆国憲法を擁護する」という使命に主眼を置いていると思しき組織の守備範囲の広さである。FBIがロトロの行動を逐一マークしていたことは、同組織が、20世紀後半を通じてウディー・ガスリーレナード・バーンスタインジョン・レノンといったアーティストを調査していたことと、同列上にある。秘密を話したがらない組織や政府によって、他のアーティストが「ゆるい」レベル以上の監視をどの程度されていたのか、その全貌は全くわかっていない。こうした全ての監視行為は、アメリカ合衆国が個人の政治的自由をおとぎ話的に認めているのとは、好対照をなしている。FBIの反共活動が守っていたのも、こうした自由だと思われていたのだが。
 ロトロとディランの監視は悪しき時代の残骸であり、今は事情が違うという意見もあろう。しかし、本当に異なっているのだろうか? 今日のFBIを過去のそれと同じだと考えることは、いともたやすい。法的に従わなければいけないプロトコルや規則は今日のほうが厳しいが、白人至上主義を唱える勢力の台頭によって情勢が極めて複雑になっているせいで、FBIがどういう性質の組織なのかを見失うのは間違いだろう。FBIは、国内向けの諜報機関としての役割においては、昔と何ら変わらない。「国内における政治的警察であり、国家が脅威と見なすものには、ただちに立ちはだかる」組織なのだ。トランプとクルーズのアンティファ関連の発言が、捜査の優先順位をねじ曲げ、要捜査と定義した存在に対する攻撃を露骨にエスカレートさせる結果となっているというのは、その好例である。その点から見ると、ロトロのファイルは、過去において弾圧的な力が行使されてきた証拠であり、今後もこうした職権の濫用に対して用心する必要があることを強調している。

The original article “FBI Tracking of Bob Dylan and Suze Rotolo Foreshadowed Future Abuses” by Aaron J. Leonard, Truthout
https://truthout.org/articles/fbi-tracking-of-bob-dylan-and-suze-rotolo-foreshadowed-future-abuses/
Copyright, Truthout.org. Reprinted by permission


このブログに掲載したFBI関連記事:
・報公情開法によって開示されたデイヴ・ヴァン・ロンクに関するFBI文書
http://heartofmine.seesaa.net/article/461941837.html

・エレファンツ・メモリーのベーシスト、ゲイリー・ヴァン・サイオック、ジョン&ヨーコを語る
http://heartofmine.seesaa.net/article/433310623.html

  



posted by Saved at 10:15| Comment(0) | Bob Dylan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする