2020年06月26日

『No Direction Home』の言葉遊び



 片岡義男『彼らを書く』では、『No Direction Home』で町で見かけた看板の文句でボブ・ディランが言葉遊びを始めるシーンを取り上げ、〈Subterranean Homesick Blues〉〈Desolation Row〉〈Tombstone Blues〉がそうして作った曲ではないかという編集者の意見を紹介しています。私は常々、この言葉遊びの分かりやすい例が〈Memphis Blues Again〉の「An' he just smoked my eyelids An' punched my cigarette」じゃないかと思ってました。交換したら意味通るでしょう。

   
ラベル:片岡義男
posted by Saved at 20:12| Comment(0) | Bob Dylan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月12日

Rough And Rowdy Ways収録曲のタイトル



I Contain Multitudes
False Prophet
My Own Version Of You
I’ve Made Up My Mind To Give Myself To You
Black Rider
Goodbye Jimmy Reed
Mother Of Muses
Crossing The Rubicon
Key West
Murder Most Foul

 古代ローマにちなんだタイトルがあるので、↓こちらの人は楽しみが倍増でしょう。きっと。

ボブ・ディランとギリシア/ローマ文学:リチャード・F・トーマス教授インタビュー
http://heartofmine.seesaa.net/article/457551667.html

   
posted by Saved at 20:25| Comment(0) | Bob Dylan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする