2013年11月24日

【参考資料】1972年1月21日チャック・ベリーのコンサート

 ミス・オーデルことクリス・オーデルがビートルズ、ストーンズ、ボブ・ディランのスタッフを務めた経験を綴った本『ミス・オーデル』のp.209〜210(英語版ハードカバー)に、ストーンズが『Exile On Main St』の総仕上げでロサンゼルスに滞在している際、ミック・ジャガー、キース・リチャーズと一緒にチャック・ベリーのコンサートを見に行ったことが書いてありますが、これがその時の写真だそうです。

berry.jpg


 チャック・ベリーは自分のバンドを持たず、ツアーの先々で適当にミュージシャンをピックアップすることで知られていますが、1972年1月21日、ハリウッド・パラディアム公演でのバック・ミュージシャンは、カール・レイドル、ジム・ゴードン(デレク&ザ・ドミノスのリズム・セクション!)、そしてドクター・ジョンという豪華オールスター状態。ドラム・セットの向こうにいるのがキースでしょうか。音は残ってないのかなあ?

   

posted by Saved at 13:03| Comment(0) | TrackBack(0) | Rolling Stones | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック