2016年02月16日

ポール・マッカートニー死亡説に関する新刊(?)



 私が気がついたのはつい最近なのですが、2012年には出てた本のようです。
 『ポール・マッカートニー死亡説大全』の第30章「1967年1月7日(土):本当にあった自動車事故 」では、ガドフリー誌に掲載された「ポール・マッカートニーを殺した男」という記事を紹介し、美術商ロバート・フレイザーのドライバー(兼ドラッグの運び屋)がポールのミニクーパーを運転して事故ったことが、ポール死亡説の出どころの大元ではないかとを推測してます。
 この雑誌は今となっては入手困難なので、元の記事を読むチャンスはなさそうと諦めていましたが、『The Man Who Killed Paul McCartney』を取り寄せてみたところ、この幻の記事の全文とおぼしきものが載っていました。全文ゆえ、当然、内容的にも詳しいです。すぐにポールはお見舞いに来てくれたけど、怪我の心配より車を大破させたことを怒ってたのだとか。
 この本はジム・ヨーカムがいろんな雑誌に書いた自分の記事をひとつの本にまとめた私家版のようで、タイトルにもなってる記事の他に、1960年代にリリースされたビートルズ人気便乗レコードのゴミクズ度に関する記事(大爆笑)、モンティー・パイソン経由でジョージに会った話なども入ってます。

  


タグ:ビートルズ
posted by Saved at 13:40| Comment(0) | TrackBack(0) | Beatles | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/433882774

この記事へのトラックバック