2017年01月14日

放送大学公開講演会『ボブ・ディラン〜音楽に文学を重ねた男』

PT370561.JPG


 2017年のセンター試験第1日目の1月14日に、茗荷谷にある放送大学の東京文京学習センターで行われた公開講演会『ボブ・ディラン〜音楽に文学を重ねた男』が行なわれたので、タイトルに誘われて行きました。旧年中に行なわれたボブ関係のイベントというと、みんなでビールで乾杯したり、日本酒が振る舞われたりと、ノーベル文学賞が酔っぱらいによって酒の肴に矮小化されちゃった感がパないものばかりでしたが、『文学を重ねた』講演会はアルコール度数ゼロで、飲めない奴にも敷居の低いイベントでした。主催の放送大学としては、新年度の生徒募集のプロモーションの一環であって、講演後には大学スタッフによる進学相談も行なわれていたようです。
 講演の内容はというと、まずはパティー・スミスがノーベル賞授賞式で〈A Hard Rain's A-Gonna Fall〉を歌うビデオを流して、「この場に一番ふさわしくない人です。これに違和感を抱かない人はいないでしょう。でも、違和感なんか感じてる暇なんてないほど世界は早く動いてるんだぞ」というツカミで佐藤良明先生が始めたのは「いつも」のロック史概観・ボブ度ちょっと高めバージョン。開始早々、佐藤先生からは、中身はタイトルと違います宣言が出て、結局、お話全体を100とすると文学の話は2くらいの量でした。
 予定時間90分のうち、「ビートルズは(世界史で習うイギリス、アメリカ、アフリカの)三角貿易の逆回し」等の面白い話が進み、1965年のニューポート・フォークフェスティヴァルに到達したのは開始80分後。その後、最後の5分くらいで見せられたのがこのグラフです。

Chart.jpg


 ピケティーの『21世紀の資本』が話に出てくるとは完全に予想外でした。私のような頭の悪いロック・ファンはこんな本、読みませんから(正確に言うと、読んでも理解出来ない)。「アメリカの上位1割による資産の占有率」をロック史と重ね合わせると、資産占有率が低かかった時代とロックの黄金期は重なるというのです。しかも、ボブの30周年記念コンサート頃から、占有率は急上昇しています。ボブやビートルズ、ローリング・ストーンズといったロック・レジェンドたちが、レジェンドであることから逃れられなくなった時期とも一致しています。
 普段、だらだらレコードを聞いているだけの不勉強な私にとっては、これは久しぶりの「あっ!」でした(決して「ヘウレーカ」でないところが、私の脳味噌の限界です)。今までのはイントロダクション、ここからが本題って雰囲気になってきたものの、残念ながらここで時間切れ。続きは今後の著書や講義でってことで講演会はお開きになりました。
 ということで、帰りの電車の中ではこんなことを考えました:

・そういえば、1970〜80年代にビートルズ、ボブ、ストーンズは学校で全く人気がなかった。ファンは私ひとりだけ。郊外のレベルの低い公立校だったので、そうだったのかもしれないが…。

・こういう状況では人間不信にならないほうが不思議。現在、手のひらを返したように彼らをレジェント扱いするファンがウジャウジャいるのも(しかも同年代)人間不信の原因。

・ボブ30周年記念コンサートはチケット代が初めて100ドルを超えたロック・コンサートのひとつだった。

・ストーンズ初来日10,000円も衝撃だった。

・今やチケット代は100ドルでも安いほう。2015年にはグレイトフル・デッドでさえ100ドルを超えたので、個人的に超ビックリ。

・現在、資産を独占している人は、1960〜70年代に少年時代〜青春時代を送ったロック世代に属している。

・資産を独占するレベルではないものの、ロックファンはいつの間に高いチケット代を喜んで払い、高いボックスセット(箱物行政という)をハァハァしながら買えるほど金持ちになったのだろう?

・ノーベル財団の人が受賞者発表時に言ってた「アメリカの民衆音楽の伝統に新しい詩的表現を…」という言葉からすると、一昨年にNHKが放送したラジオ番組『カルチャーラジオ 文学の世界 ボブ・ディランの世界を読む』がまさにこれに沿ったもの。NHK、先見の明があったなあ。


   

posted by Saved at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | Bob Dylan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445924685

この記事へのトラックバック