2019年12月26日

清泉女子大学の入学試験にボブ・ディランが登場

 2018年2月に行なわれた清泉女子大の入学試験・英語の問題の第4問でボブ・ディランに関する文が出題されていたことが、受験生からのタレコミで判明しました。
 超手短にまとめると「2016年に、いわゆる文学者というよりもシンガー・ソングライターであるボブ・ディランにノーベル文学賞が贈られることが発表されたことで、世界は文学とは何かという定義を新ためて考えるきっかけとなった」という内容の文を読んで8個の設問に答える形式の問題なのですが、文学に関する常識と受験に関する常識とボブに関する知識があれば特に本文を一生懸命に読まなくても全問正解出来てしまう問題でした。
 文学に関する常識とは、(1)文学が文字として表現されるようになる以前は口承だった、(2)皆を納得させることが出来るように文学を定義するのは不可能だ、(3)言葉を創造的に使うのが文学だ、ということなどです。受験に関する常識とは、(4)一般常識の範囲内に収まっている言説の文が取り上げられるので、正解もそれに則ったものとなる傾向がある、(5)主観によって解釈に幅が出るものを正解にはしにくい、ということです。以上4つの基準で各設問を見ると、

Seisen1.jpg

(a) だったら受賞しないよってことで×
(b) 従来の文学観にこだわってる人は疑問を抱いたので×
(c) (5)で×
(d) 賛否両論を巻き起こしたので○


Seisen2.jpg

(a) だったら受賞しないよってことで×
(b) (2)で○
(c) ボブ受賞時に定義を更新したようなものなので×
(d) ボブ受賞は委員会が保守的でない証拠なので×


Seisen3.jpg

(a) (2)で×
(b) (2)で×
(c) (1)で○
(d) (1)で×


Seisen4.jpg

(a) (2)で×
(b) (3)で○
(c) (2)で×
(d) 本のない昔より現代のほうが絶対に盛んなので×


Seisen5a.jpg

Seisen5b.jpg

(a) ディランに関する知識で○
(b) ディランの頭の中はわからないが、ディランの芸術活動自体が強さと勇気の連続っぽいので×
(c) 人によって最重要なものは違う。(2)の点で×
(d) 最もよくあるわけではないだろうってことで×

Seisen6.jpg

(a) マイペースで気まぐれという評判なので×
(b) マイペースで気まぐれという評判なので×
(c) 締め切りにギリギリ間に合ったので×
(d) 自伝からも判断出来る。○


Seisen7.jpg

(a) 締めはホメロスの『オデュッセイア』だったので×
(b) (5)ボブの主観は他人にはわからない。本当に1番だって述べてるわけじゃないので×
(c) 一般常識から○
(d) そんな事実知らないから×と判断


Seisen8.jpg

(a) ノーベル文学賞関連なので◯
(b) ボブの話なのにボブが出てこないのは×
(c) 今回は、音楽の話は中心でじゃないので×
(d) (b)と同じ理由で×


 本文をしっかり読んだ後も、同じ結論に達します。大学側が正解を発表しているのかどうかはわかりませんが、過去に出題された問題をまとめたいわゆる「赤本」も同じものを正解としています。

Seisen9.jpg


 このところ、英語で民間の試験を取り入れるのが中止になったり、国語、数学の記述式答案の採点が問題となったり、大学入試はそのあり方をめぐって揺れに揺れていますが、そもそも、各大学の入学試験のスケジュールは、まず新年度が始まった春の教授会で「来年の問題は●●先生が作ってください」ということが決定し、担当となった先生は夏休みの宿題として問題案を作成し、秋に行なわれる教授会の承認をもって「それでは、来年の試験はこの問題でいきたいと思います」と正式決定されるということを、噂として聞いたことがあります。
 ボブのノーベル文学賞受賞が発表となったのは2016年10月。10〜11月、ノーベル財団はしばらくボブと連絡が取れず。12月の授賞式には自分は出ず、代理人が出席。2017年4月1日、ストックホルム公演に合わせてホテルでメダル等を受け取る。しかし、賞金800万クローナ(約1億円)を受け取るためには、受賞式の後、6カ月以内に(6月10日まで)講演を行なわなければならないというルールがあり、記念講演を音声として収録したのは6月4日。6月5日、提出された講演をノーベル財団がネットで公開----今となっては懐かしさすら感じますが、手に汗握るすったもんだがありました。なので、清泉の問題を担当した先生は、6月の記念講演の公表と、それに対する世間の反応を受けた上で、その直後の夏休みに問題を作成したと考えられます。このフットワークの軽さは評価に値します。

↓『英文徹底解読 ボブ・ディランのノーベル文学賞受賞スピーチ』は2016年12月に人に代読させたほうのスピーチです。17年6月のスピーチに関しても同様の本が出ることを希望します。

   
posted by Saved at 10:28| Comment(0) | Bob Dylan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: