2017年12月24日

ジョージが所有していたテレキャスをジェリーが弾く

 グレイトフル・デッドに関する「いい話」をまとめた本『Songs to Fill the Air: Tales of the Grateful Dead』が出版されました。その中にはこんなトリビアも載っています。著者のスコットさんから掲載許可をいただくことが出来たので、ここで紹介します。



ジョージが所有していたテレキャスをジェリーが弾く

文:スコット・W・アレン



 フィル・レッシュが写真家のリンダ・イーストマン(後に姓はマッカートニーになる)とディナー付きデートをしている件から、2016年夏にポールがボビー・ウィアをボストン公演に招いて一緒に演奏したことまで、デッドヘッズはグレイトフル・デッドをビートルズとつなげる物語を探しているが、今回は1つ、いい話を紹介しよう。

 1970年6〜7月に、カナディアン・ナショナル鉄道をチャーターしてカナダを横断するフェスティヴァル・エクスプレス・ツアーが行われた。このツアーでは全5回のコンサートが開催されたが、カルガリーで行なわれた2公演のうちのどちらかで、ジェリー・ガルシアとデラニー・ブラムレットがイアン&シルヴィアのステージに飛び入りして、一緒に〈C.C. Rider〉を演奏するというサプライズがあった。このゲスト・スポットの間にガルシアが弾いてたのが1968年に製造されたローズウッドのフェンダー・テレキャスター(シリアルナンバー#235594)なのだが、これこそまさにジョージ・ハリスンが1969年1月にアルバム《Let It Be》のレコーディングや、1969年1月30日にアップル屋上で行った42分間のギグ(ビートルズが人前で行なった最後のコンサート)、クリームの〈Badge〉のレコーディングで使用していたギターなのだ。
 ジョージの息子、ダニー・ハリスンは、これは父親のお気に入りのギターだったと語っている。
 フェンダー社の職人、フィル・クビキがローズウッドを使用して作ったカスタムメイドのテレキャスターを、同社がジョージにプレゼントしたのは、1968年12月のことだった。
 FeelNumb.comというウェブサイトには次の情報も載っている:「1969年12月1日に、ハリスンはデラニー&ボニーのロイヤル・アルバート・ホール公演を見に行った。すると、その晩の出演者のひとりだったエリック・クラプトンから、ショウ終了後に、イギリスとデンマークで予定されている残り数公演に参加しないかと打診された。翌日、ハリスンはツアーに加わり、デラニー・ブラムレットにこのギターをプレゼントした」
 ジョージはデラニーに「これは昨晩、親切にしてもらったことへの感謝の気持だ」と言った。
 デラニー&ボニーはフェスティヴァル・エクスプレスのオープニング・バンドの1つだったのだが、7月4日と5日に行なわれたカルガリー公演のどちらかで、デラニー・ブラムレットはガルシアにこのローズウッド・テレキャスターを貸すと、一緒にイアン&シルヴィア&グレイト・スペックルド・バードのステージに飛び入りして〈C.C. Rider〉を演奏した。

george.jpg

jerrytele.jpg


 ジェリーがジョージのテレキャスターを弾いてる間、カウボーイハットをかぶったビリーもこのお楽しみに加わり、リズムに合わせてタンバリンを叩いた。
 フェスティヴァル・エクスプレスには、イアン&シルヴィアだけでなく、トラフィック(トロント公演のみ)、ザ・バンド、ザ・ニュー・ライダーズ・オブ・ザ・パープル・セイジ、テン・イヤーズ・アフター。マウンテン、ザ・フライング・バリトー・ブラザーズ、デラニー&ボニー&フレンズ、バディー・ガイの他、ヘッドライナーとしてジャニス・ジョップリン&フル・ティルト・ブギーが参加していた。
 ローズウッド・テレキャスターは、2003年にデラニーがオークションに出品した際、俳優のエド・ベグリー・ジュニアがオリヴィア・ハリスン(ジョージの奥さん)とハリスン・エステートの代理として落札した。落札価格は47万ドルだった。
 ハリスンのテレキャスターのボディーに使用されたのがローズウッドなのだが、興味深いことに、これはフロリダー在住のギター職人、スティーヴン・クライプがライトニング・ボルトを作る際に用いた木材でもある。ライトニング・ボルトとは、ガルシアが1993〜95年にステージで使っていたギターで、お好みの1本だった。クライプはフィンガボードにはブラジリアン・ローズウッドを、ボディーにはイースト・インディアン・ローズウッドを使用している。
 ジェリーがローズウッド・テレキャスターの来歴を知っていたとしたら、真夜中に列車がサスカチュワン地方を爆走している間に、〈One After 909〉や〈For You Blue〉といった《Let It Be》に入ってる名曲でハリスンが弾いたリフを、ひとり貨車の中で弾いていた可能性があるのでは----ファンの妄想以上の可能性はあると思うのだが…。

The original article by Scott W. Allen appears in 『Songs to Fill the Air: Tales of the Grateful Dead』 pages 21 and 22
Reprinted by permission


 ちなみに、このテレキャスがデラニー・ブラムレットに渡った経緯やオークションの詳細はボビー・ウィットロックの回想録に詳しいです。デラニーのこと大嫌いみたいなので悪口三昧ですが…。

    


 何と、このテレキャス、フェンダーから再発されました!



posted by Saved at 21:53| Comment(0) | Beatles | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月08日

Rolling Stone誌のサイトでポール死亡説

 基本的な説を並べているだけで、特に新しい情報はありません。動画は英語のリスニングの練習になります。



http://www.rollingstone.com/music/videos/paul-mccartney-musics-most-wtf-conspiracy-theories-explained-w511027?utm_source=rsnewsletter&utm_medium=email&utm_content=daily&utm_campaign=110617_16

 こっちの方が断然詳しいです。
 
posted by Saved at 22:30| Comment(0) | Beatles | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月02日

今話題のブッチャー・カバー・オークション

 ジョンとポールとリンゴのサインが入ったブッチャー・カバーのオークションが話題になってます。日本の音楽系ウェブサイトでも話題になり始めました。

butcher.jpg


ビートルズ、ジョン・レノンが所有していたブッチャー・カヴァーのステレオ盤が競売に
https://nme-jp.com/news/45699/

 このレコードをデイヴ・モレルが少年時代にジョンからもらった話は『Horse Doggin'』に詳しく書いてあります。何と、海賊盤《Yellow Matter Custard》と交換したようなものだったのだとか。この直後と思しき時に、ジョンが《Yellow Matter Custard》に入ってるものをデッカ・オーディション・テープだと思い、ポールに驚きのメッセージを送っていることは、『The John Lennon Letters』で明らかになりました。「ポール、リンダ、その他の皆さん、これはデッカ・オーディションだ!! テープじゃなくて、海賊盤を見つけたんだ:こいつら、イカしたグループだったよな。なのに、これを不合格にするなんて! 愛を込めて、ジョン+ヨーコ」と書いてあります。今回のブッチャー・カバーはそういう因縁のあるレコードです。

  

 decca.jpg

 
 話題の人物となっているデイヴについては、拙ブログではこんな形で紹介しています:

ファンを相手にデマを流したモーリス・ギブ
http://heartofmine.seesaa.net/article/451326012.html

 拙宅にあるブッチャー・カバー(無価値)の話もついでにどうぞ:
http://heartofmine.seesaa.net/article/225010430.html

  
posted by Saved at 10:04| Comment(0) | Beatles | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする