2018年07月21日

ビートルズ誕生の地、リヴァプールに行ったぞ

 旅が大嫌いながらも、世界を見てみたいなとは思ってるんですよ。で、ボブ・ディランやグレイトフル・デッド、ローリング・ストーンズのオッカケという名目で、何度か重い腰を上げて、ロック・コンサートが行なわれるような大都市はいくつか行きましたが、なぜか今まで残ってしまっていたのがリヴァプールです。ポールとリンゴがここでコンサートをやる時を逃していたのが最大の原因なのですが(12月のポールのリヴァプール公演決定のニュースはマンチェスターで聞きました。今回もタイミング悪い)、この2人でなくても、何かいいコンサートはないかと機会をうかがっていたところに、ロジャー・ウォーターズが夏にヨーロッパ・ツアーをやるというので、まずは7月2日(月)リヴァプール公演と3日(火)マンチェスター公演をTicketmaster UKで予約。そろそろ飛行機とホテルを予約しようと思っていたら、7日(土)にアイルランド音楽の祭典「Feis Liverpool」が開催されることが決定し、ヴァン・モリソンとチーフタンズが出るというので、現地に少し長居してこれも見ることに。この3つのコンサートを核にして、暇な時間にリヴァプール観光、フリー・トレード・ホール、Bron-Yr-Aur訪問という計画を立てました。後者2つについては既にここに書いた通りです。
 ということで、やっとリヴァプールにやって来たものの、町自体がボロボロで、ホームレスも多く(マンチェスターも)、公道での喫煙も多すぎ。どこに行ってもパブだらけ。ストリートは吸い殻だらけ。町を歩いてる人のタトゥー率も異常に高いです(ワンポイント£5で入れてくれる店が多数)。危険な目には全くあっていませんし、酒やタバコがOKな人には何ともないことだとは思いますが、私にとっては神経に障ることだらけです(日本にいてもそうなんだけど)。かといって、再開発されてキレイになってるところは私には無縁だし…と複雑な気持ちで行った場所を、極めて主観的な見応え度(☆5つが満点)付きでメモ程度に紹介したいと思います。

museum.jpg


リヴァプール博物館(☆☆☆☆)
 先史時代から現代までのリヴァプールの歴史を鳥瞰することの出来る博物館です。丁度「ダブル・ファンタジー展」が行われていました。小ぶりの特集だったものの、さいたまスーパーアリーナ内にあったジョン・レノン・ミュージアムで見た品々に再び会えてうれしかったのと、埼玉には展示されたことがない(と思います)サードニクスを見ることが出来て大感激。

double.jpg


guitar.jpg


flyers.jpg


 同時に「リヴァプールにおけるゲイの歴史」の特集もやってたので、もしやと思ってのぞいてみたら、やっぱりブライアン・エプスタインが登場。避けて通れない人ですね。

brian.jpg


マージーサイド海事博物館・奴隷貿易博物館(☆☆☆☆)
 リヴァプールはかつては奴隷貿易に加担したという負の遺産も抱えていることをしっかり自覚しているようで(南北戦争時には南部を支持)、海事博物館の一部が奴隷貿易博物館となっています。私が行った時には「タイタニック展」が行なわれており、乗船者リストには細野晴臣のおじいちゃんの名前も。

hosono.jpg


キャヴァーン・クラブ(☆☆)
 今あるものはオリジナルではなく、場所を少し移してそっくりに作られたものです。コンサートもよく行なわれているようですが(アンディー・フェアウェザ=ロウやチープ・トリックといった有名どころも出演)、基本的には飲み屋です。特に感慨はなし。マシュー・ストリート自体が飲み屋通りで、雰囲気悪いです。エンガチョ。ハンブルクでも赤線地帯の飲み屋でプレイしていたので、ビートルズは酔っぱらいに鍛えられたようなものなんだということを確認。今は店内禁煙ですが、ビートルズが出演していた時代には禁煙なんていう概念はなく、ナチスのガス室状態だったことは容易に想像出来ます。

matthew.jpg


matthew2.jpg


ザ・ビートルズ・ストーリー(☆☆)
 ゆかりの品とかもまあまあの量、展示されてますが、最近になって観光目的で作られたもの。特に感慨はなし。ヘッドホンガイドによる説明を聞きながら中を回る仕組みですが、半分以上知ってることなので、面倒臭くて全部は聞いてられません。私が行った時には特別に「インド瞑想旅行50周年」のコーナーが出来ていましたが、皆が勢揃いしてマハリシと一緒に写ってる写真が壁一面に大伸ばしになってるだけ。ジョージが持っていたシタール以外は大した展示はありませんでした。

sitar.jpg


Rikhi.jpg

 ギターでいうヘッドとナットの間に「Rikhi Ram」(デリーの楽器屋の名前)の文字が。

ブリティッシュ・ミュージック・エクスペリエンス(☆)
 ビートルズだけでなく、スキッフル以降のイギリスのロック全般に関する博物館ですが、展示品も少ないし(アップル・ビルの落書きだらけのドアは今はここにあります)、演奏体験コーナーは「ギブソンの提供」と謳ってる割には、置いてあるギターの殆どはエピフォンのものだったりと、ガッカリ度が高いです。大英博物館なんていうものすごい博物館を作る国なんだから、1つの部屋を丸々使って1つのブームやジャンルを紹介して、全部で少なくとも20部屋くらいあるようなロック博物館を作って欲しいです。

appledoor.jpg


mmt.jpg


マジカル・ミステリー・ツアー(☆☆☆☆)
 いわゆるバスでビートルズゆかりの地を回る観光ツアーです。土地勘が全くない個人が普通の路線バスを乗り継いで行くのはハードル高いので、メンバーの少年時代の家やゆかりの地を約2時間で効率よく回ってくれるこのツアーは便利です。リヴァプール訛りのお兄ちゃんの愉快なガイドがついて、これから行くところにちなんだ曲や、誕生日や他の記念日の人のお気に入りの曲をバスに乗ってる皆で大合唱しながらの楽しい2時間でした。私が参加したのは7月2日午前11時出発のバスでしたが、6月にポールが『Carpool Karaoke』に出演したこともあって、車内はこのネタで盛り上がりました。「さて、問題です。ポールが最後にここを訪れたのはいつでしょう? そうです。3週間と2日前です」なんていうアナウンスが3回くらいありました。この番組でポールがサインしたペニー・レインの看板ですが、私がここに来た時点(11:30頃)ではこう。かなり薄くなっちゃっていました。

pennylane.jpg


(2週間後の時点の様子をリポートしたページがこれ。今では透明なプラスチック版で覆われているそうですが、もう少し早くそうしとけばよかったのに)

 ストロベリー・フィールズでは門をバックに記念写真を撮る参加者が多い中、私が注目したのはポール死亡説がらみの落書き(〈Strawberry Fields Forever〉はポール死亡説ソングの1つ)。撮影の順番を待ってる人、既に終わってわきによけて休んでる人に、「ちょっとすいません」と言ってどいてもらって撮影したのがこれ。変な目で見られたことは言うまでもありません。

paul1.jpg


paul2.jpg


paul4.jpg


paul3.jpg


カスバ・コーヒー・クラブ(☆☆☆☆☆)
 例のマジカル・ミステリー・ツアーではルートに含まれてなかったので、自分で勝手に行くことにしました(もっと高い料金のツアーだと、ここも含まれてるようです)。ジェイムズ・ステイションからストックブリッジ・ヴィレッジ行きのバスに乗って、約25分後、イートン・ロード・ノースで降りて、歩いてすぐのところにあるのですが、バスは「次は●●に停車します」というアナウンスは一切流れず、初心者には超ハードルが高い。乗り合わせてる親切な人に「ここに来たら教えて」って助けを請うしかありません。そうしてバスを降りてカスバにたどり着いたのですが、自由に内部を見ることが出来るシステムではなく、あらかじめ見学ツアーを申し込んで置かなくてはならないようなのです。で、次のツアーは30分後というので庭で待っていると、垢抜けないそこらのオジサンがガイドとして現れ、私ひとりのために説明を開始(リヴァプール訛がきつい)。1対1なので、こちらからも自由に質問出来る状態でした。

gate2.jpg


gate.jpg


casbah.jpg


 カスバはリヴァプール中心地からはかなり離れた、本当に閑静な住宅街にあります。近所には喫茶店やスーパーすらありません。こんな静かなところに、突然、ティーンエイジャーの子が集まってわいわい騒ぐ場所が出来たら、近所の人から苦情が来たんじゃないかと思うのですが、オジサンの説明によるとこうです:

・ロックンロールがブームになった時、ここみたいな私的なクラブを作ったものの、騒音に対する苦情が来て、1週間くらいしか続けられなかったところが、それこそたくさんあったんだよ。
・カスバは、その点で、近所の人とある取り決めをしてたんだよ。いつでも遊びに来てください、コーヒーもコカコーラもタダで飲んでくださいって懐柔してたんだ。そこがモナのうまいところさ。さもなきゃ、すぐに苦情が来ちゃって、店は続けられない。店で出してたのはコーヒーとコカコーラだけで、酒は出さなかった。子供たちが安全に遊べる場所だった。モナは「子供たちは私が守ります、私が保護し、監督します」って言って、周囲の大人たちを納得させていたんだ。モナはまさにリヴァプールのロックンロールの母親さ。

mona.jpg


 観光用に新たに作ったキャヴァーンやザ・ビートルズ・ストーリーとは違って、カスバは当時のものがオリジナルの状態で残っています。ビートルズの面々がペンキ塗りを手伝ったという壁や天井、ジョンのいたずら書きもそのまま残っています。

john.jpg


john2.jpg


piano.jpg


 ピアノは当時のものとはいうものの、ボロボロで弾けなくなっちゃったので、弦を外して棚として使っています。

 下の部屋なんて6畳くらいの広さしかありません。ビートルズの面々はまずはここで演奏し、腕を磨いた後、市の中心にある本格的なライヴハウスに進出していきました。この場所こそビートルズの原点だと思うと、感慨もひとしおです。

room.jpg


1959.jpg



 8月には『ビートルズはここで生まれた 聖地巡礼 from London to Liverpool』という本が出るようです。読みながら旅の復習をしたいと思います。『ポール・マッカートニー死亡説大全』も引き続きよろしくお願いします。

   
posted by Saved at 21:12| Comment(0) | Beatles | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月04日

幻のドラマー、ジミー・ニコルの伝記映画制作決定:「ロックンロール探偵」インタビュー

聞き手:ボブ・ウィルソン


JIMBERKENSTADT4-1.jpg

[この人がジム・バーケンシュタット]


 ビートルズの5番目のメンバーは誰か?というのはよく議論の種になることだが、ドラマーのジミー・ニコルというのが一番妥当な答えだろう。ロックンロール探偵の異名をとるジム・バーケンシュタットは、2013年に出版した『The Beatle Who Vanished』(消えたビートルズのメンバー)において、ビートルズにとって初の大ツアーで、ジミー・ニコルが一時的にリンゴの代役を務めた件をじっくり語っている。ニコルの物語に興味をそそられた者は多く、現在、この本に基づいて映画の制作が進行中だ。ジムが今後のお楽しみを少し教えてくれた。



ジミー・ニコルと『The Beatle Who Vanished』について教えてください。

 『The Beatle Who Vanished』はジミー・ニコルについて歴史的調査を行なった世界初の本です。無名のドラマーがいきなりリンゴの代役に抜擢されて、ビートルズ初のワールド・ツアーを大惨事から救うという大冒険を行なったことは、彼の伝説のごく一部に過ぎません。13日間の名声は世界中の新聞の見出しになりましたが、ニコルはブラックリストに載ったり、裏切られたり、他にもドラッグ、離婚、破産といった謎に満ちた人生をたどり、最終的にはどこかに消えて生死すらわからない状態になってしまいました。
 ガービッジというバンドのドラマーで、ニルヴァーナ、フー・ファイターズ、スマッシング・パンプキンズ、ポール・マッカートニーをはじめ、いろんなアーティストのプロデューサーとしても有名なブッチ・ヴィグは、この本について、「面白い謎解きみたいな本だ。ハードコアなファンだけでなく、彗星の如くポップのスターダムにのし上がり、その後、地上に不時着するような人生を理解したいと思う人も必読だ」って言ってました。

jimmieNicolGeorgieFame-360x349.jpg


『The Beatle Who Vanished』に基づいた映画が現在制作中とのことですが、どのような経緯で作られることになったのでしょう? 誰が関与しているのですか?

 アレックス・オービソン(ロイ・オービソンの息子)が、ある日、ロイ・オービソンのfacebookページを見ていて、ファンがジミー・ニコルに関して私が書いた記事の1つをシェアしてるのに気づいたんです。アレックスもドラマーで、ナッシュヴィルで束の間の名声の話をたくさん見聞きしていたので、ニコルの話に好奇心をそそられ、友人であるアシュリー・ハミルトン(ジョージ・ハミルトンの息子)に話したんです。優れたシンガーである彼も、音楽産業の浮き沈みを体験していました。ふたりはこの本を取り寄せて読んで気に入り、面白い映画になりそうだと思ったんです。ということで、ある日、突然、私のところに彼らの弁護士から問い合わせのメールが届きました。本を映画化するオプション契約を結ぶことに興味はございませんか、という。それ以降のことは皆さんがご存じの通りです。既に彼らがスタジオと契約し、映画は今年プリプロダクションの段階に入ります。公表していい段階になり次第、あなたのサイトの読者に喜んで情報を提供する予定ですよ。

jimmyNicol96-360x480.jpg


ジミー・ニコルに関して、あれから新たに判明したことはあるのですか?

 あります。本の出版の面白いことの1つが、それを読んで、もしくは、書評等を読んだ多くの人が、著者に連絡を取って、該当の人物について知ってる情報を教えてくれることです。私はスコットランドのエディンバラまで行って、ジミーにとって最初の従兄弟となった人物、ロニー・ニコルに会いました。ロニーは数十年間、ジミーと連絡を取っていて、誰も知らない素晴らしい情報をたくさん持っていました。私は映画の公開に合わせて増補改訂版を出そうと考えています。章を1つ追加して新情報に当てる予定です。

JIMMIENICOLY4BEATLES.jpg


有名人から仕事の依頼の電話がかかって来るのはどんな感じなのですか? 弁護士や代理人との話が済んだ後、そういう人と直接話すというのは?

 ある晩、オリヴィア・ハリスンから電話があったのを覚えています。「マーティー(マーティン・スコセッシ)と話してたんですが…」って。彼とジョージ・ハリスンの生涯に関する映画について相談してたんだけど、映画の内容の歴史的考証はやりたくないかという内容でした。言うまでもありません。心臓発作を起こしそうになりながら、そう答えました(笑)。ということで、3年間、『George Harrison: Living in the Material World』という素晴らしい映画の作業をしました。この映画はエミーで2冠に輝きました。とても名誉なことです。

jimmienic.jpg


一介の男が、13日間だけビートルズのメンバーになるって、どんな感じだったのでしょうか?

 難しい質問ですね、ボブ。該当の人に質問するしかないでしょう。ジミー・ニコルの場合、私が本でも書いた通り、自分のグループでビートルマニアを再現出来るかもと考えたようです。ニコルは2回、バンドを作ってるのです。1964年秋と1965年冬に。どっちも目標はメジャーなポップ・バンドになることです。レコーディング契約をして、大規模なツアーを行なうことが出来ました。その結果どうなったかは『The Beatle Who Vanished』をお読みになってください。13日間ビートルズのメンバーだったことが彼の一生にどんな影響を与えたのかがわかります。

あなたのこれまでの仕事に興味を持った人は、どこでそれを知ることが出来ますか?

 私の過去の仕事は www.rockandrolldetective.com に載っています。テレビや映画の仕事については http://www.imdb.com/name/nm2844636/ にあります。『The Beatle Who Vanished』についてもっと知りたい方は www.thebeatlewhovanished.com へどうぞ。


The original article "An Interview with the Rock & Roll Detective" by Bob Wilson
http://beatlesmagazineuk.com/meeting-the-beatles-interview-with-the-rock-roll-detective/
Reprinted by the permission of Jim Berkenstadt

   
posted by Saved at 10:00| Comment(0) | Beatles | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月22日

シルヴェスター・スタローン死亡説

 昨日、シルヴェスター・スタローン死亡というニュースが流れましたが、当然、嘘です。

死亡説を否定する本人の動画
http://www.123trend.net/blog/sylvester-stallone-in-the-gym-laughing-at-death-hoax/


 かつてのポール・マッカートニー死亡説に関する情報・考察はこちらの本で。ボブ・ディランのコンサートで発せられたヤジに関する本もよろしくお願いします:

  
posted by Saved at 10:38| Comment(0) | Beatles | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする