2015年09月18日

ポール・マッカートニーの(秘)ユダヤ系人脈史

 去る9月14日はユダヤ人にとっては「ロシュハシャナ」という新年を祝う日だったそうで、ポール・マッカートニーがこんな内容のツイートをしたのは記憶に新しいでしょう。

paulrosh.jpg

 今回紹介する記事(2013年秋発表)は私の中では「トリビア知識系」に属しますが、記事の筆者にとっては自らの出身に関する誇りとか歴史とか、もっと濃厚で重大なニュアンスが含まれています。ただし、ここに書かれていることの中に「秘密」はありません。世間に隠していることを暴露しているわけでもありません。
 この記事を書いたセス・ロゴヴォイは『Bob Dylan: Prophet, Mystic, Poet』の著者でもあり、ボブ・ディランの作品のあらゆる箇所からユダヤ的な匂いを嗅ぎ取り、ボブは何だかんだ言って結局はユダヤ人なんだという解釈をしている人です。拙ブログでは、以前、イスラエルのサイトに掲載されたこの本の書評を紹介しました。
 セス・ロゴヴォイは「The Rogovoy Report」という自身のウェブサイトでポール・マッカートニーの他、ブルース・スプリングスティーンやエアロスミスのユダヤ系人脈についても書いています。ボスに関する記事は「結構年をとってる人なら、ブルース・スプリングスティーンのキャリアの初期には、このロックンロールの救世主がユダヤ人だと世間一般には思われていた、もしくは、一部の人から、そうであることを密かに望まれていたのを覚えているだろう」なんていう調子です(ボスは母親がイタリア系で父親がオランダ&アイルランド系)。白と黒と黄色くらいしか区別のつかない日本のロック・ファンには出来ない発想です。



記事本文を読む
posted by Saved at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | Beatles | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月14日

ジョン・メイヤー死亡説

 デマサイトにこんなもんが掲載。それよりも、秋にグレイトフル・デッドのメンバーと行なうコンサートが気になります。

http://feednewz.com/top-news/569111/pop-star-found-dead-in-freak-sex-accident-4041

   
posted by Saved at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | Beatles | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月27日

『ポール・マッカートニー:最初で最後の完全物語』音声がネットに登場

 『ポール・マッカートニー死亡説大全』第23章で取り上げられている『ポール・マッカートニー:最初で最後の完全物語』というテレビ番組は、1969年11月30日に1回だけしか放送されず、ビデオテープは廃棄されてしまったようなのですが、音声のみテープに録音したという人の旦那さんが、ネットにアップしてくれました。音声ファイルが存在するうちに聞いてください。

F. Lee Bailey & Others - "Is Paul McCartney Dead" Mock Trial
http://picosong.com/mxGx/

 当時の『TVガイド』に掲載された番組紹介には、アップルのスタッフだったクリス・オーデルの名前もありますが、上記音源の22:58から2分ほど証言しているのが彼女でしょう。残念ながら、名前を言う部分はカットされてしまっていますが(きっとコマーシャルの箇所ではテープを止め、それが終わったので大急ぎで録音を再開したのですが、ちょっとタイミングが間に合わなかったのでしょう)、2年間アップルで働き、現在はハリウッド在住と語っているので、アメリカ・ツアーに向かうローリング・ストーンズと同じ便でアメリカに帰国し、ハリウッドでリオン・ラッセルと暮らし始めていたミス・オーデルで間違いないと思います。

36A - TV Guide listing.jpg


 その他、詳しいことは『ポール・マッカートニー死亡説大全』をお読みください。

  
posted by Saved at 14:17| Comment(0) | TrackBack(0) | Beatles | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする