2018年01月30日

イギリスの有名ブートレッガー「ミスター・トード」が死去

 これはレッド・ツェッペリンのファンサイト「Led Zeppelin News」に1月26日付で掲載された記事ですが、ミスター・トードというと、ボブ・ディランのブートレッグもたくさんリリースした人物です。ゴスペル曲のみで構成されたコンサート(1979年11月16日サンフランシスコ公演)を収録した史上初のブートCD《Contact With The Lord》や、1981年ヒューストン公演のサウンドボード・テープを収録した《You Can't Kill An Idea》を1990年にリリースした後、ボブ専門レーベル、Wanted Man Musicも作りました。今から四半世紀以上前に、ゴスペル期再評価の最初のきっかけを作ったのがミスター・トードといっても過言ではありません。



イギリスの有名ブートレッガー「ミスター・トード」が死去
文:ledzepnews


 ミスター・トードのニックネームで知られているブートレッガーで、2007年の海賊盤裁判で注目を浴びたロバート・ラングレイが、今月上旬にこの世を去った。
 ブートレッグ情報サイト「Collectors Music Reviews」もラングレイ死去のニュースを報じているが、死因は明らかになっていない。
 2007年にジミー・ペイジが証人として出廷して話題となった裁判では、ラングレイに懲役20カ月の判決が下っている。
 ラングレイは、2005年5月にスコティッシュ・エキシビション&カンファレンス・センターで開催されたレコード・フェアに警察の捜査が入った際に逮捕された。その際、彼が権利者に無許可で違法に販売していた大量のブートレッグが、警察によって発見された。
 この人物が£11,500相当のレッド・ツェッペリンのブートレッグの他、£1,790相当のローリング・ストーンズのブートレッグ、£885相当のビートルズのブートレッグを所持していたことが警察の捜査で判明したと、BBCニュースは報じている。
 ラングレイは、初めのうちは、3件の商標権侵害、2件の著作権侵害については否認し、抗弁していたが、ペイジが出廷して彼に不利な証言するに至り、遂には有罪を認めた。
 ザ・スコッツマン紙の記事によると、ペイジはジュディス・ハッチンソン地方検察官にこう語ったらしい:

「ファン同士で音楽をトレードするまでは問題ないですが、何かと交換するつもりはなく、それを商品化するやいなや、法律的にも道徳的にもルールを侵していることになります。…そうしたレコーディングの中には、ブンブンいってるだけで、音楽が聞こえないものもあります。もしこうしたものが正規にリリースされるとしたら、正しいことではありません」

 ペイジが出廷したことは、当時、マスコミで大きく報じられた:


 クリントン・ヘイリンがブートレッグ産業の歴史について著した本『Bootleg!』には、ラングレイの発言がフィーチャーされている。彼は「ミスター・トード」の名前でインタビューに答え、1990年代初頭はブートレッグCDを製造するのに大変苦労したと、ヘイリンに語っている。
 彼が作ったボブ・ディランのCDブートレッグ第1作目はこんな感じの出来になってしまった:

「初めて作ったCDは酷い代物だった。究極的に酷かった」とラングレイは語る。「《They Don't Deserve It》は届いてみたら滅茶苦茶だったよ。工場に送ったのは75分間の音源だったのに、戻ってきたら、あちこちがカットされて72分になっていた。…ボリューム・レベルも滅茶苦茶で、送ったテープとは全然違っていた。イスラエルに行って、韓国に行って…。戻ってきたら、裏ジャケットは、こういうデータを載せてくれって業者に渡した、[ミセス・トードが]タイプ打ちした原稿をそのまま印刷したものだった。白い紙にね」

Deserve.jpg


 ラングレイはこの本の中でこんな話もしている。彼のブートレッグCDレーベル、Silver Raritiesは、CDの製造工場を探しにドイツに行ったのがきっかけで、1991年8月に誕生したもので、その後、新たにディラン専門のブートレッグ・レーベル、Wanted Manも立ち上げられた。
 イギリスでCDをプレスしてくれる工場を発見することが出来たおかげで、ラングレイは事業を拡大することに成功したのだが、ヘイリンはこのあたりの事情をこう説明している:

「彼は聖杯に出くわした。持って行った音源が何であれ、つべこべ言わずに製造してくれるプレス工場が、イギリスにあるのを発見したのだ。しかも、自分の代わりにあらゆるリスクを引き受けてくれる仲介人も見つけたのだ。イギリスの約半数の卸業者のために前代未聞の値段とスピードでCDをプレスしてあげたことで、彼は誰も逆らうことの出来ない人物になった。
 しかし、これが一時的な状態で、いつかは過ぎ去ってしまうだろう、自分が撒いた憎しみの種が7倍になって返って来るだろうとは、ミスター・トードは夢にも思っていなかった。著作権保護制度の隙間の蝶番{ちょうつがい}がはずれていた非常に短い間、イギリスはヨーロッパのブートレッグ製造の中心地となっており、ミスター・トードは、こうなりたいと夢に見ていた成り上がりの荘園領主のように、そこの主となっていたのだ」



The original article "The legendary bootlegger known as 'Mr. Toad' has died" by Ledzepnews
http://ledzepnews.com/2018/01/26/robert-langley-mr-toad-bootleg-dead/
Reprinted by permission

   



おまけを読む
posted by Saved at 22:19| Comment(0) | Music Industry | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月09日

ストックホルムで北欧盤をハンティング

ノーベル文学賞

 春休みにボブ・ディランのストックホルム公演(4月1、2日)を見に行ってきました。毎年1発目のコンサートはいろんな点で注目されるわけですが、今年に限っては、直前にニュー・アルバム《Triplicate》がリリースされ、参加ミュージシャンのクレジットにスチュ・キンボールの名がなかったことから、コンサート常連の間では選曲とバンドの人事の点で普段より注目度がアップ。しかも、ノーベル賞騒ぎのおかげで、ファン以外からも大きな興味を持たれていました。
 会場となったウォーターフロントはラディソン・ブルー・ホテルに併設されており、ノーベル・アカデミーの担当者が4月1日の午後2時頃に会場に来て、ホテルの3階の部屋で「出前」の授与式が行なわれたそうです。アカデミーの面々は、コンサートの際には前から4列目か5列目の席(スチュの前あたり。私のすぐ左のブロック)にいたのを目撃されています。
 4月1日夕方の時点では、会場の様子を取材、あわよくばメダルをもらった直後のボブの姿を写そうとするテレビカメラやパパラッチがいましたが、私の知る限り成功はしていません。美人パパラッチはボブ・バスから目を離しませんでしたが、テレビカメラのほうは会場前でいろんな観客に話を聞いて回っており、私もインタビューされてしまいました。名前と年齢、出身国の後、来た理由を訊かれたので「ノーベル賞がらみの大騒動の後なので、今回のツアーはストックホルムで見るのが一番面白いだろうと思いました」と答え(単なる野次馬)、ロック界では他に誰がノーベル文学賞に値するかという質問には「キング・クリムゾンの歌詞を書いたピート・シンフィールド」と答えましたが(ロバート・ハンターって答えたほうがよかったか…パティー・スミスとは絶対に答えたくはなかった)、このやりとりがスウェーデンのテレビで放送されたかどうかは不明です(ネットかどこかで見つけたら是非教えてください)。

paparazzi.jpg

(ボブ・バスから目を離さない美人パパラッチ)


israel.jpg

(インタビューを受けるイスラエルから来たファン。
後ろに見える黒いバスがボブのツアーバス)


 で、コンサートのほうは既にビデオ、オーディオ、写真、評がたくさん出回っているので、私が書くまでもないでしょう。それよりも、ストックホルムに着いて初めて知ってビックリしたのが、ニューヨークやロンドンでは壊滅状態のレコード屋が健在だということです。全部をのぞくことは出来ませんでしたし、購入したレコードも4枚のみでしたが(なのでタイトルにはちょっと偽りあり)、私の1,000倍くらい真剣にレコードの収集をしている諸兄姉にストックホルムにもっと興味を持ってもらえるよう、私が見聞きしたことを、忘れないうちに小さな記事としてしたためることにしました。


スウェーデン雑感

 そもそも、スウェーデンてあまり人気ないのでしょうか? 日本からの直行便は基本的にないし、『地球の歩き方』では『北欧編』として近所のノルウェー、デンマーク、フィンランドと一緒にまとめられている状態で、その他のガイドブックもあまり存在しません。どっちの方向を見てもステキな風景&建物だらけで、おとぎの世界みたいなラヴリーな国なのに…。物価が高いのは確かにネックですけどね(セブンイレブンでサンドイッチとジュースを買うだけで1,000円くらい。地下鉄の初乗りは500円くらい。ひえ〜〜〜〜)。ガイドブック自体が数少ない上に、マニアックなレコード屋を紹介している記事など、なおさらありません。
 ホテルから1軒目のレコード屋に到着するまでの道すがら、案内人であるペールさん(昨年のボブの日本公演で知り合った)にスウェーデン全般のことを訊いてみました。前日の夜に到着して、中央駅からホテルに向かうタクシーの中で、いきなり運ちゃんから言われたのが「東京にはホアはたくさんいるのかい? 売春婦のことだよ。最近、ストックホルムには主にルーマニアから大量の売春婦が流入してるんだ。この通りには結構多いんだぜ」ってことでした。まずは治安の面に関して質問したら、こんな回答でした:

 いわゆる昔のニューヨークのような危なさはないし、特に危険な地域もないけど、ルーマニアから来た孤児は一応注意したほうがいいかなあ。親はいないの。子供だけで来て、ストリートでたむろしたり寝たりしてるんだ。子供だから政府も追い返すことが出来なくて…。


 スウェーデンが一時はやめてた徴兵制を再開する予定とのニュースも最近、入ってきました。世界中で鷹派的な考えが蔓延してきていますが、北欧のおとぎの世界、スウェーデンよ、お前もか、というのが私(平和ボケの典型)の感想です:

 ロシアが脅威なんだよ。ゴットランド島を狙ってるんだ。ここを押さえればバルト海を軍艦が自由に行き来出来るからね。日本にとってもロシアは脅威なの? ある意味すごいよな。西の端っこじゃスウェーデンの脅威で、東の端っこじゃ日本の脅威になってるんだから。どれだけデカい国なんだよ。オレも19歳の時に兵役に参加して、北のほうの町で訓練を受けたんだ。(ニコニコしながら屈託なく話す)なかなか楽しい経験だったなあ。


 ガイドブックによるとスウェーデンの人は、みんな、英語が得意なんだとか。ペールさんもしかり。私の泊まったバックパッカー用安ホテルの従業員も英語で普通にOK:

 教育制度のおかげでもあるかもしれないけど、英米の映画が吹き替えられず、英語のまま、スウェーデン語の字幕付きで上映されることのほうが多いからっていうのもあると思うよ。映画を見てるうちに英語を覚えちゃう。それに、いろんな取扱説明書とかは、英語のものしかない場合も多く、必要に迫られてってこともあるかもしれない。


 さて、次の質問がメインだったりします。年金世代のスケベ爺さんから是非調査してきてくれとリクエストされたことです。かつての日本では、スウェーデンはフリーセックスの国であるという伝説が語られていました(60歳以上のジジババ世代だと特に)。フリーセックスが何を意味するのかはいまいち不明なのですが、映画『パッチギ』にも、オダギリジョー扮するちょっと進んだ青年がフリーセックスにあこがれてスウェーデンに向かって旅立つシーンがありました。フリーセックスは本当なのでしょうか、それとも、黄金の国ジパング的な伝説なのでしょうか?:

 一部は正しく、一部は間違ってる。当然、その頃なのでヒッピー・ムーヴメントの影響もあるでしょう。でも、その前に、スウェーデンはカトリックじゃなくてプロテスタントの国で、しかも、伝統的に、みんなそんなに信仰熱心じゃないんだよ。毎週日曜日に教会に通ってる人なんてあまりいないし。だから、男女のつき合いに宗教的な縛りはない。セックスは結婚してから、なんていうものない。婚前交渉OK。つきあったり結婚したりするのに、まずは相手のご両親に挨拶して承諾を得てから、なんていう手順も必要なく、つきあうかどうか、結婚するかどうかは女の子本人が自分の意志で決めることが出来るんだ。ここでは男も女も平等だ。そういう点が、他の文化の人からは、かなりフリーに見えたのかもね。

 
 なるほど! そうこうしているうちに1軒目のレコード屋に到着しました。ボブ・ディランのオッカケや家族旅行で地球のあちこちに行ってるペールさんは世界のレコード屋事情についてこう語ります:

 あれほど面白いレコード屋がたくさんあったロンドンやニューヨークは今や壊滅状態だけど、東京とストックホルムはまだ健在なんだよ。



   




記事の続きを読む
posted by Saved at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | Music Industry | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月20日

『Never Say No To A Rock Star』の著者グレン・バーガー・インタビュー

 当ブログでは既にいくつかの記事でお馴染みのグレン・バーガーが、ニューヨークのA&Rスタジオで働いていた頃の回想をまとめた本『Never Say No To A Rock Star』を出しました。ボブ・ディランの《Blood On The Tracks》セッション、ローリング・ストーンズのブリュッセル公演のミキシング、ポール・サイモンやフランク・シナトラのセッションの話を核に、スタジオでの喜怒哀楽、悲喜こもごもを綴った本書は、有名ミュージシャンの裏話の紹介にとどまらず、現在の職業である精神科医の見地から「人の心を動かす芸術を作るとはどういうことなのか」を深く、鋭く洞察したものです。



 当サイトではグレンのインタビューを複数回に渡って掲載予定ですが、今回、まずは、TheVinylPressによる包括的な話題のインタビューを紹介します。そして、近々、私がグレンに電話をかけて、話題を主にボブ・ディランの《Blood On The Tracks》とローリング・ストーンズのヨーロッパ'73に絞ったインタビューを行ないたいと思っています。今から1週間後くらいにニューヨークに国際電話をかけて、積年の質問をぶつけてみる予定ですが、こういうことも訊いてくれというリクエストがありましたら、まだ間に合いますので、コメント欄に記入していただくか、直接メッセージをください。

   






記事本文を読む
posted by Saved at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | Music Industry | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする