2023年02月05日

《Fragments》に掲載されたステージ写真にまつわる話

 以前、コンサートでボブを密かに撮影した写真が《Rough And Rowdy Ways》の内袋に使われたアンドレアのインタビューを紹介しましたが(「ボブ・ディラン追っかけ談義(パート2)」「ツェッペリンフィールドから〈I Contain Multitudes〉まで 客席からボブを撮り続ける写真家」)、《Fragments》にも彼が撮影した写真が使用されています。ブックレットp.79(5CDバージョン)のちょっとブレてる写真がそれです。
 《Fragments》にはこの他にも見逃せない写真があります。ブックレットp.76〜77のステージ写真を撮影したバリーが2月にフェイスブックで思い出を語ってくれました。
 1998年にMSGザ・シアター5回連続公演の時にボブ・ディランを撮影した。正式筋から依頼されてもいたんだけど、ファンとして撮影した。フラッシュを使用しなければ大丈夫って言われてたんだが、翌晩、バロンと初めて言葉を交わすことになった。バロンはオレをボブキャットと呼び、カメラの中にあったフィルムは没収。カメラは預けさせられ、ショウの後、受け取りに来いと言われた。幸運なことに、そのやりとりの間に聞き逃したのは2曲ほどで、前の晩に撮影した分のフィルムは取られずに、会場を後にした。この連続公演の時の写真は1年間くらい(はるか昔のことだ)ボブ・ディランのオフィシャル・ウェブサイトで使われてたんだけど、今は、最新のアルバム《Fragments》のデラックス・バージョン(LP10枚組)のNo.4の裏だ。

328129085_904990607321769_5374515686829098142_n.jpg

 まあ要するに、コンサートを撮影してたら警備の人に見つかってフィルムを没収されたという話なのですが、バロンというのはボブのボディーガードで、ステージ袖から客席を監視し、オッカケやカメラ小僧、テーパーには厳しいことでも知られています。ハワイ出身の強面の日系人で、1994年には格闘技雑誌『Black Belt』の表紙を飾っています。ボブと一緒に何度も日本にも来てるので、この顔、見たことあるでしょう。

Barron.jpg

 1998年1月中旬のニューヨークは特別でした。1月14、16、17日はマディソン・スクエア・ガーデンのアリーナでローリング・ストーンズがコンサートを行ない、16、17、18、20、21日は、それに併設されているシアターでボブ・ディランとヴァン・モリソンがジョイント・コンサートを行なってたのです。こういうクレイジーな状況だったので、この1週間、ニューヨークには世界中からボブとヴァンとストーンズのファンが大集合しました。バリーも私も、こうしてニューヨークに引きつけられた人間のひとりでした(私は14日はストーンズ、16〜21日はボブ/ヴァンを見ました)。
 私はコンサートの終演後にロビーでバリーと会って、この顛末を聞かされたのですが、彼はバロンにフィルムを渡す際、感光しないよう注意しながらカメラから取り出して、「良いショットが撮れてるだろうから、現像して、必要だったら使ってくれ」と言ったそうです。帽子に仕込んだマイクや腹に巻いてたマイク・アンプやDATレコーダーは見つからなかったものの、以上のやりとりは全部テープに記録されてるのだとか。バロンがフィルムをどうしたのかはわかりません。
 今回リリースされた《Fragments》のCD4枚目の殆どのトラックが客席録音であることにも注目です。ブートレッグ・シリーズの回を重ねるごとに、ブックレットの最後の協力者クレジットの中には、業界人や有名ジャーナリストではない、私でも会うことが出来るレベルの一介のファンの名前がどんどん増えてきています。写真や音源の提供だけでなく、データの地道な分析や考証の点で、ファンの協力がなかったらブートレッグ・シリーズは出ない!というのは乱暴過ぎる言い方ですが、面白さの点では劣るものになってるでしょう。

   
posted by Saved at 10:50| Comment(0) | TrackBack(0) | Bob Dylan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月28日

ボブのお袋の味:バナナ・チョコチップ・パウンドケーキ

 ボブのママ、ベアトリス(ビーティー)・ズィママンの命日(2000年1月25日にお亡くなりになりました)と、新ブートレッグ・シリーズ《Fragments - Time Out of Mind Sessions (1996-1997): The Bootleg Series Vol. 17》の発売を記念して、1999年にダルースのローカル紙に掲載されたボブ・ママのインタビュー記事を紹介します。この記事のどこかいいかと言うと、ボブが好んで食べていたと思しきバナナ・チョコチップ・パウンドケーキのレシピが載っていることです。拙宅にはオーブンがないので作ることが出来ないのですが、どなたか作ったら私にもひと切れ味見をさせてください(チョコを大量に投入してね)。

Beattie.jpg


ボブのお袋の味:バナナ・チョコチップ・パウンドケーキ
文:サンディー・トンプソン


 彼女はミネソタ州の謎の1つであり、数十年間、数多くのジャーナリストがインタビューを試みたが、成功した者はいない。しかし、ボブ・ディランの母親は、84歳となった現在、料理と家庭について語ることに同意した。
 ミネソタ州北東部のアイアン・レンジで暮らす昔気質の主婦と同様に、ビーティー・ズィママンも昔ほどではないが今でも料理をする。ビーティー(ベアトリスの愛称)はツイン・シティー[セントポールとミネアポリス]とアリゾナを行き来しながら、元気かつ幸せに暮らしている。
 ビーティーは現在58歳の有名な息子とはよく会っている。数日前の電話インタビューでは「あの子は少し前にここで1週間過ごしてたのよ」と明かしながら、最近気になるニュースや、仕事を持つ現代の親世代の苦労、時代を代表するアーティストである息子、ファッジ・ケーキなど、多岐に渡る話題について語ってくれた。
 ビーティーによると、彼女のファッジ・ケーキのレシピはあまり使えないと言う。「複雑過ぎるのよ。卵の黄身と白身を分けなきゃいけないし。嫌がらせですよ。オーブンから取り出すタイミングがわからないと作りにくいの。次の日にはパサパサになっちゃうし」
 ビーティーはズィママン家お気に入りの料理を紹介してくれた。「でも、こっちは素晴らしいレシピです。しかも、とても簡単なのよ。おばあちゃんの作るバナナ・チョコチップ・パウンドケーキは、子供たち皆から気に入ってもらえてます。甘過ぎないからでしょう」
 息子はどんな料理を好んでいたのか? 「ボブにはこれといって特に大好物なものはありません。昔から、私が料理したものだったら何でも食べました」とベティーは語る。「食通の子供なんていないわ。食べ物だったら何でも好きでしょ」
 「ボブが好きなものは1つあるわ。息子があれこれ書かれるのが嫌いなことはわかってるけど、あなただって何かいいことを書かなきゃいけないんでしょ。優れたレシピは皆さんお好きですし。ボブはチキン料理だったら何でも好きよ」
 ビーティーの好物はチキン(「毎日でも食べれるわ」)とロースト・ビーフ、それからスペリオル湖のトラウトにレモンを少しかけたものらしい。「体重が100万ポンド増えないように料理は控えめにしておこうと思ってます」
 ビーティーと夫のエイヴは14年間ダルースで暮らした後、ロバートとデヴィッドがそれぞれ6歳、2歳の時にヒビングに居を移した。
 「もうずっと昔のことね」 ビーティーは思いをめぐらしながら語る。「ダルースは好きよ。そこの人たちもね。でも、そこで友達だった人の多くは、今はもういないわ」
 親友のひとり、シルヴィア・セイラー(彼女もファッジ・ケーキを作るのだが、ビーティーは自分のものよりもこちらを勧める)はまだこの地で健在だ。ビーティーの妹で、結婚してゴールドファイン姓になっているアイリーン(75)もいる。5月にアーウィン&ビヴァリー・ゴールドファインがミネソタ大学ダルース校と大学システムへの貢献を讃えられて名誉学位を授与された時に、ビーティーはダルースを訪れている。
 「今の世代の人は私をあまり知りません」とディランの母親は語った。「私はボブのキャリアの助けになるようなことは殆ど何もやってません。ケネディー・アワードの時に護衛をしたことくらいでしょう」(ディランは1997年にケネディー・センター名誉賞を授与された)
 「でも、ボブはここにいない間はずっと、家族全員を自分のキャリアから遠ざけてたの。安全を考えてのことです。自分の生活を正常に保たなければなりませんでした。マスコミの取材を断ってたのは、子供たちが危険にさらされるのを恐れてのことです。子供たちは問題なく学校生活を送り、普通の素敵な人生を生きてます」
 ビーティーはコーヒーを飲み、ケーキを食べながら息子について話してくれたが、この時ばかりはどこにでもいるお母さんだ。「ボブは独立して素晴らしい家庭を持ちました。5人の素敵な子がいます。夏にはミネソタに来ましたよ。小さな家を買って、そこに子供たちを連れて来ました」
 ビーティーは孫たちのことも同じくらい誇りに感じている。「まずマリア。弁護士をやってます。結婚して4人の子供がいます。ジェシーはビデオやコマーシャルの制作をしていて、小さな子供がいます。アンナはアーティストで、今は30歳です。サムは31歳で、写真も物書きをやってます。ジェイコブはウォールフラワーズのメンバーです。立派な男の子です。幼い子も2人いて、とても忙しくしてます」
 ビーティーは息子が現在行なっているツアーのことも語る。「入場料に値するショウをやってますよ。世界中でショウを見ました。一度ショウマンになってしまったら、それを自分の血の中から抜くのは大変です」
 「ファンの皆さんはボブを見てとても楽しそうです。素晴らしい感動を与えています。皆さんはボブの言葉を愛しています。それは誰にとっても的を射てるでしょう。〈Blowing in the Wind〉もそうですが、世界にとって的を射てるんです。40年も前の歌なのに」
 「ボブは自分の感じるままを言葉にしています。今では、若い人たちがボブの作品に夢中です。ドラッグのことは書きませんし、お酒のことも書きません。日常の出来事を書いてるんです」
 「ボブは騒がれることが好きではないんです。私も39年間、それを避けてきました。大変でしたよ。39年て長い時間です。私は皆さんを批判してるのではないんです。皆さん、ボブについていいことを書いてくれます。でも、私まで皆さんに見てもらう必要はありません。友人が私のことを知っていてくれれば、それでいいんです」
 「私の希望は、皆が元気でいることです。電話が鳴って、元気ですって話なら、私も満足です」
 ズィママン一族について、ビーティーはこう語る。「私たちはとても素晴らしい人生を送っています。皆でクリスマスや感謝祭を祝っています。いつも誰かと会っています」
 そして、長男についてはこう言う。「あの子は、セレブというレッテルを貼られてますが、そんなことはありません。素敵な人間ですよ。普通のいい人です。それが人生の全てです」

 ビーティー・ズィママンはバナナ・チョコチップ・パウンドケーキについてこう語る。「とても美味しいんですよ。このレシピは失敗とは無縁で、ちょっとの時間で出来ます」

ボブのママ、ビーティー・ズィママンが教えてくれたバナナ・チョコチップ・パウンドケーキのレシピ:

グラニュー糖 1カップ
常温に戻したバターもしくはマーガリン 1/2カップ
卵 2個
サワークリーム 大さじ4杯
熟れたバナナ 2本 つぶした状態にする
中力粉 2カップ
ベーキングパウダー 小さじ1.5杯
重曹 小さじ1杯
チョコレート・チップ 1袋(6オンス=170g)(下の註を参照)

オーブンを華氏350度(180℃)に予熱しておく。
砂糖とバターを混ぜでクリーム状にする。
卵を加えて、よく練る。
さらにサワークリームとつぶしたバナナを加えて、よく混ぜる。
別のボウルの中で、小麦粉とベーキング・パウダーと重曹を混ぜる。
これをサワークリームとつぶしたバナナをミックスしたものに加えて、チョコレート・チップスを混ぜ込む。
今度はこれを油を塗った中サイズのパウンド型(20cm×7.5cm)2つに同量ずつ入れて、予熱したオーブンで約50分焼く。
焼けたものをオーブンから取り出して、冷却ラックかアルミホイルの上に載せる。これで2つ出来ます。

註:チョコレートが大好きだったら、12オンス(340g)まで入れても大丈夫。


The original article "Dinner for a song: Mom's banana bread, chicken always a hit when Beatty Zimmerman's son sits down to eat" by Sandy Thompson
Knight Ridder Newspapers, DULUTH, Minn.


実際に作ったひとのページ
Peace, Love, and Coffee
Beatty Zimmerman's Chocolate Chip Banana Bread
http://peaceloveandcoffee23.blogspot.com/2010/05/beatty-zimmermans-chocolate-chip-banana.html?m=1
Cake1.jpg


Reddit
Beattie Zimmerman’s (Bob’s Mom) Banana Bread- Fresh Out Of The Oven
https://www.reddit.com/r/bobdylan/comments/i7zhp5/beattie_zimmermans_bobs_mom_banana_bread_fresh/


   
posted by Saved at 11:25| Comment(0) | TrackBack(0) | Bob Dylan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年12月31日

カスタマーレビューがいつのまにか増えてます

 2022年大晦日夜の時点で、『ポール・マッカートニー死亡説大全: ビートルズ末期に起こったロック史上最大の珍事』にはカスタマーレビューが4件に増え、『「ジューダス!」ロック史上最も有名な野次: マンチェスター・フリー・トレード・ホールに至る道』は5つ星が1件ついています。ありがとうございます。kindle unlimitedに登録してるので、少しでも興味のある方はじゃんじゃん読んでください。

  

 Kindle Unlimited 年末年始キャンペーン 2か月99円で読み放題
posted by Saved at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | Bob Dylan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする