2020年03月17日

スージー・ロトロのFBIファイルが存在。ということはボブ・ディランのファイルも…?

文:アーロン・J・レナード(トゥルースアウト


元記事 “FBI Tracking of Bob Dylan and Suze Rotolo Foreshadowed Future Abuses” by Aaron J. Leonard, Truthout


 ネオ・ファシスト団体「プラウド・ボーイズ」が2019年8月17日にオレゴン州ポートランドで集会を開き、それが左派集団からの抗議を受けた時、ドナルド・トランプも「アンティファを「テロ組織」と呼ぶことを鋭意検討中」とツイートしてこの論争に加わった。このツイートのちょうど1カ月前には、テッド・クルーズ上院議員(共和党の保守強行派政治家)がRICO法(威力脅迫及び腐敗組織に関する連邦法)に基づいてアンティファを調査することを求め、それがFBIや他の連邦の調査機関に対してゴー・サインを発するかたちになってしまった。アンティファに対するこのような弾圧の指示は、いわゆる黒人アイデンティティ過激派等に対するFBIによる監視と相まって、現在、恐ろしい道を作りつつある。スージー・ロトロは過去の時代の文化的人物だが、先頃公開された彼女に関するFBIファイルからはさまざな洞察が得られ、こうして行なわれる調査はえてして行き過ぎる傾向があることを強調している。



FBIと《The Freewheelin' Bob Dylan》


 1963年にボブ・ディランは出世作となったアルバム《The Freewheelin' Bob Dylan》をリリースした。冷戦状態に異を唱えたこの芸術作品には、第3次世界大戦をパロディー化した〈Talkin' World War III Blues〉、不平等や黒人差別に反対した〈Blowin' in the Wind〉〈Oxford Town〉、キューバ・ミサイル危機によって変わってしまった世界のヴィジョンを印象深く歌った〈A Hard Rain's A-Gonna Fall〉等が収録されている。こうした歌は社会秩序に楯突いたものであり、多くの点で、その後10年間にわき起こった黒人解放運動、反戦、その他のラジカルな社会運動の上演開始のベルとしての役割を果たした。
 レコード盤が入っているジャケットには、ディランと当時のガールフレンド、スージー・ロトロが、2月の寒さの中、グリニッジヴィレッジのジョーンズ・ストリートを歩いている有名な写真が使用されている。ディランと《Freewheelin'》、そしてロトロとの関係については多くの文章が書かれているが、2011年に亡くなったロトロ本人も、2009年に出版した回想録の中で、この関係について自ら綴っている他、政治活動家、芸術家として活躍していたことも述べている。しかし、一般には知られてなく、あらゆる記事が書き漏らしてしまっているのは、あの写真が撮影された頃、そして、ディランとつき合っていた期間中もずっと、ロトロが----そして、ある程度はディランも----FBIの監視下にあったということだ。ロトロに関するFBIファイルは、1960年代にFBIが弾圧的な活動を行っていたことを示す典型的な資料であり、FBIや、反対意見を押さ込もうとするその他の組織が、現在もなお不気味に存在することを強調している。
 スーザン・エリザベス・ロトロはメアリー&ジョアチーノ・ピエトロ(「ジョーキム」もしくは「ピート」としても知られている)・ロトロの娘で、両親ともアメリカ合衆国共産党の党員として積極的に活動しており、FBIにはマークされていた。

Suze 1.jpg


Suzie 2.jpg


 スージー・ロトロはディランとつきあう前からFBIのレーダーに引っかかっていた。共産党青年部の組織「デュボワ・クラブ」の前身である「アドヴァンス」というグループに参加していたからだ。恐らくこのために、彼女が1961年前半に(ディランと出会う数カ月前)母親と一緒にイタリア旅行をするために、パスポートを申請したのをFBIに察知され、彼女の渡航計画に関するメモがファイルへのエントリー第1号となった(ファイル中の他の報告には1958年の出来事のものもあるのだが)。ロトロのファイルは最終的には174ページになった。FBIの平均からするとそんなに多くはないのだが、彼女を調査対象とすべき根拠の小ささからすると、大量だと言える。ロトロに関する情報収集は1974年まで続いていた。
 ファイルにある文書を読んでいると、アメリカ版シュタージ(国家安全保障局、CIA、FBI、軍の諜報機関などの総称。「シュタージ」とは、もとは、旧東ドイツで国民を監視していた秘密警察機関のこと)の臭いがプンプンする。例えば、ロトロがティーンエイジャーの頃に「キャンプ・キンダーランド」に参加したという報告がある。FBIのリポートによるとここは「共産主義者が運営しているキャンプ」であり、ある情報提供者から得た「彼女は16歳の時にしばらく、有名な共産党指導者の息子のガールフレンドだった」という記録もある。
 ファイルは続いて、ディランとの関係について語り、「1963年中、イタリアから帰国した後はボブ・ディランという名のフォークシンガーとつき合い、その関係は1963年12月くらいまで続いた」という報告にクロスリファレンスがついている。ジョン・F・ケネディー大統領が暗殺されてまだ間もない1963年12月に、ディランが緊急人権擁護委員会(Emergency Civil Liberties Committee)からトム・ペイン賞を受賞した際に行なった発言に関する報告にもクロスリファレンスがついている。ディランはここで、いつもの挑発的なスタイルで、リー・ハーヴィー・オズワルドについて私見を述べた。自分だったら絶対にそんなことはしないがと明言しながら、「私は彼の中に少し自分を見ました」とも語ったのだ。この発言は小さくない混乱を巻き起こし、ディランは退場しなければならなかった。もちろん、この件もロトロのFBIファイルに記録されている。
 その後、この出来事はロトロのファイルの中でひときわ目立つ汚点を残すものとなってしまった。FBIは1964年の報告書の中で「1963年中、対象はフォークシンガーのロバート・ディランと頻繁に会っていた」と記し、その後で、再び、緊急人権擁護委員会でのディランの発言について説明している。ロトロのファイルがその存在を強く示唆しているボブ・ディランに関するファイルの中で、この件に関してはさらに多くのことが知られよう。現在、そのようなファイルの公開請求権を一番有しているのはディランである。
 ロトロのファイルの中にある最も驚きのものは、「陸軍省[編集済]職員によって用意された」1964年7月の報告書である。その情報提供者の説明によると、仕事としてFBIの報告書を読んでいる際にロトロの名前を発見し、その後、FBIに次のような報告書を送っている:「私の妻は1956年頃までスーザン・ロトロと極めて親しく…昨年、親類経由で聞いた話によると、スーザン・ロトロはフォーク・シンガーであるボブ・ディランとつき合っていたらしい。1963年にコロムビア・レコードはボブ・ディランのレコード《Freewheelin'》を発売し、スーザン・ロトロはアルバム・ジャケットの写真にディランと一緒に登場している」 報告書はこう述べて終わっている:「妻のごく近い親類によると、ディランとの関係は既に壊れているようである」 家庭内のゴシップは、このようにして、FBIへの通報へと変わった。
 公表されたページについて特筆すべきは、FBIが1950年代には積極的に共産主義者を見つけだそうとし、1960年代にはそのターゲットをニューレフトに変えるという大きな策謀の中で、ロトロがどのような経緯で目を付けられたかである。ロトロに関する資料収集が継続された主な理由は、彼女のキューバ訪問だった。関係書類のうちの多くは、彼女が1964年に政府の出した渡航禁止令----55年経った現在も禁止のまま----を無視して、学生旅行委員会でキューバに旅行したことに関するものだった。ロトロは旅行中、熱心に代表を務めていたことだけでなく、毛沢東主義に傾倒している進歩労働党がキューバ訪問の準備に関与していたことで、さらに危険かつ悪質と見なされ、ロトロはFBIから「SM-PL」(治安問題ー進歩労働)という監視対象者略号をもらっている。FBIとしては、彼女をセキュリティー・インデックス----「国家緊急事態」の際にはただちに拘束すべき人間のリスト----に加えるには、以上だけで十分な理由だった。ロトロは数年間イタリアで暮らしていた後も、1971年1月までこのリストに載っていたのだが、「対象は1965年以降は合衆国では活動していない」ということでリストから外された。
 ロトロのファイルに関して最も重要なのは、それが存在していたという点と、ディランに関するもっと大きなファイルが存在することを臭わせていることだろう。また、ロトロ・ファイルが語っているのは、「アメリカ国民を守り、合衆国憲法を擁護する」という使命に主眼を置いていると思しき組織の守備範囲の広さである。FBIがロトロの行動を逐一マークしていたことは、同組織が、20世紀後半を通じてウディー・ガスリーレナード・バーンスタインジョン・レノンといったアーティストを調査していたことと、同列上にある。秘密を話したがらない組織や政府によって、他のアーティストが「ゆるい」レベル以上の監視をどの程度されていたのか、その全貌は全くわかっていない。こうした全ての監視行為は、アメリカ合衆国が個人の政治的自由をおとぎ話的に認めているのとは、好対照をなしている。FBIの反共活動が守っていたのも、こうした自由だと思われていたのだが。
 ロトロとディランの監視は悪しき時代の残骸であり、今は事情が違うという意見もあろう。しかし、本当に異なっているのだろうか? 今日のFBIを過去のそれと同じだと考えることは、いともたやすい。法的に従わなければいけないプロトコルや規則は今日のほうが厳しいが、白人至上主義を唱える勢力の台頭によって情勢が極めて複雑になっているせいで、FBIがどういう性質の組織なのかを見失うのは間違いだろう。FBIは、国内向けの諜報機関としての役割においては、昔と何ら変わらない。「国内における政治的警察であり、国家が脅威と見なすものには、ただちに立ちはだかる」組織なのだ。トランプとクルーズのアンティファ関連の発言が、捜査の優先順位をねじ曲げ、要捜査と定義した存在に対する攻撃を露骨にエスカレートさせる結果となっているというのは、その好例である。その点から見ると、ロトロのファイルは、過去において弾圧的な力が行使されてきた証拠であり、今後もこうした職権の濫用に対して用心する必要があることを強調している。

The original article “FBI Tracking of Bob Dylan and Suze Rotolo Foreshadowed Future Abuses” by Aaron J. Leonard, Truthout
https://truthout.org/articles/fbi-tracking-of-bob-dylan-and-suze-rotolo-foreshadowed-future-abuses/
Copyright, Truthout.org. Reprinted by permission


このブログに掲載したFBI関連記事:
・報公情開法によって開示されたデイヴ・ヴァン・ロンクに関するFBI文書
http://heartofmine.seesaa.net/article/461941837.html

・エレファンツ・メモリーのベーシスト、ゲイリー・ヴァン・サイオック、ジョン&ヨーコを語る
http://heartofmine.seesaa.net/article/433310623.html

  



posted by Saved at 10:15| Comment(0) | Bob Dylan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月26日

清泉女子大学の入学試験にボブ・ディランが登場

 2018年2月に行なわれた清泉女子大の入学試験・英語の問題の第4問でボブ・ディランに関する文が出題されていたことが、受験生からのタレコミで判明しました。
 超手短にまとめると「2016年に、いわゆる文学者というよりもシンガー・ソングライターであるボブ・ディランにノーベル文学賞が贈られることが発表されたことで、世界は文学とは何かという定義を新ためて考えるきっかけとなった」という内容の文を読んで8個の設問に答える形式の問題なのですが、文学に関する常識と受験に関する常識とボブに関する知識があれば特に本文を一生懸命に読まなくても全問正解出来てしまう問題でした。
 文学に関する常識とは、(1)文学が文字として表現されるようになる以前は口承だった、(2)皆を納得させることが出来るように文学を定義するのは不可能だ、(3)言葉を創造的に使うのが文学だ、ということなどです。受験に関する常識とは、(4)一般常識の範囲内に収まっている言説の文が取り上げられるので、正解もそれに則ったものとなる傾向がある、(5)主観によって解釈に幅が出るものを正解にはしにくい、ということです。以上4つの基準で各設問を見ると、

Seisen1.jpg

(a) だったら受賞しないよってことで×
(b) 従来の文学観にこだわってる人は疑問を抱いたので×
(c) (5)で×
(d) 賛否両論を巻き起こしたので○


Seisen2.jpg

(a) だったら受賞しないよってことで×
(b) (2)で○
(c) ボブ受賞時に定義を更新したようなものなので×
(d) ボブ受賞は委員会が保守的でない証拠なので×


Seisen3.jpg

(a) (2)で×
(b) (2)で×
(c) (1)で○
(d) (1)で×


Seisen4.jpg

(a) (2)で×
(b) (3)で○
(c) (2)で×
(d) 本のない昔より現代のほうが絶対に盛んなので×


Seisen5a.jpg

Seisen5b.jpg

(a) ディランに関する知識で○
(b) ディランの頭の中はわからないが、ディランの芸術活動自体が強さと勇気の連続っぽいので×
(c) 人によって最重要なものは違う。(2)の点で×
(d) 最もよくあるわけではないだろうってことで×

Seisen6.jpg

(a) マイペースで気まぐれという評判なので×
(b) マイペースで気まぐれという評判なので×
(c) 締め切りにギリギリ間に合ったので×
(d) 自伝からも判断出来る。○


Seisen7.jpg

(a) 締めはホメロスの『オデュッセイア』だったので×
(b) (5)ボブの主観は他人にはわからない。本当に1番だって述べてるわけじゃないので×
(c) 一般常識から○
(d) そんな事実知らないから×と判断


Seisen8.jpg

(a) ノーベル文学賞関連なので◯
(b) ボブの話なのにボブが出てこないのは×
(c) 今回は、音楽の話は中心でじゃないので×
(d) (b)と同じ理由で×


 本文をしっかり読んだ後も、同じ結論に達します。大学側が正解を発表しているのかどうかはわかりませんが、過去に出題された問題をまとめたいわゆる「赤本」も同じものを正解としています。

Seisen9.jpg


 このところ、英語で民間の試験を取り入れるのが中止になったり、国語、数学の記述式答案の採点が問題となったり、大学入試はそのあり方をめぐって揺れに揺れていますが、そもそも、各大学の入学試験のスケジュールは、まず新年度が始まった春の教授会で「来年の問題は●●先生が作ってください」ということが決定し、担当となった先生は夏休みの宿題として問題案を作成し、秋に行なわれる教授会の承認をもって「それでは、来年の試験はこの問題でいきたいと思います」と正式決定されるということを、噂として聞いたことがあります。
 ボブのノーベル文学賞受賞が発表となったのは2016年10月。10〜11月、ノーベル財団はしばらくボブと連絡が取れず。12月の授賞式には自分は出ず、代理人が出席。2017年4月1日、ストックホルム公演に合わせてホテルでメダル等を受け取る。しかし、賞金800万クローナ(約1億円)を受け取るためには、受賞式の後、6カ月以内に(6月10日まで)講演を行なわなければならないというルールがあり、記念講演を音声として収録したのは6月4日。6月5日、提出された講演をノーベル財団がネットで公開----今となっては懐かしさすら感じますが、手に汗握るすったもんだがありました。なので、清泉の問題を担当した先生は、6月の記念講演の公表と、それに対する世間の反応を受けた上で、その直後の夏休みに問題を作成したと考えられます。このフットワークの軽さは評価に値します。

↓『英文徹底解読 ボブ・ディランのノーベル文学賞受賞スピーチ』は2016年12月に人に代読させたほうのスピーチです。17年6月のスピーチに関しても同様の本が出ることを希望します。

   
posted by Saved at 10:28| Comment(0) | Bob Dylan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月09日

あるビデオマニアの冒険(1994年2月15〜17日、小倉〜広島)

文:キャロル・C


 夫と私は1990年に日本を訪れて、この国をとても気に入ったので、1994年2月のディランの日本ツアーは再訪の良い機会だと思いました。最高の瞬間と最悪の出来事のあった旅でした。素晴らしいコンサートを楽しみ、ビデオ撮影も順調でした。しかし、5年間は何のトラブルもなかったのに、広島では初めて捕まってしまったのです。日本のプロモーターの人にです。何と、私の真後ろに座っていたのです。ショウが終わった時、私たちは会場から去る間もなく係員に取り囲まれて、「ディランのセキュリティーの責任者があんたらに話があるそうだ」と言われました。それだけは勘弁です。最悪の事態だと思いました。でも、どうにかテープを持ってその場を脱出しました。
 さらに好ましくないことに、私たちはボブ一行とたまたま同じホテルに宿泊してたのです。ツアーの追ッカケをやっててこんなことは初めてなので、ショウの後、もしくは次の日、ロビーやバーをウロウロしてれば一瞬でもボブに会えるかしらと思って興奮してたのですが、状況は一転。夫と私は一晩中、そして、翌日もボブとスタッフ全員がホテルを去るまで、部屋の中でじっとしてたのです。捕まった晩、後になって、私たちの内通者から、ディランのスタッフが、私が渡したビデオテープがダミー(万が一の時のために手元に用意しときました)だとわかって怒ってると聞いてたので、なおさらです。



 このビデオはその前の晩、2回目の小倉公演で撮影したものです。小倉では2晩とも1階席中央のなかなか良い席だったのですが、そこからだと撮影が出来ません----少なくとも見つからずには。なので、良いスポットを探すために私は2階に行ってみました。最初の晩は、2階席前方に空席がありました。次の晩にはそれより上の後方まで行かないと席は空いてませんでした。見ず知らずの、言葉も通じない人に囲まれて、ひとりで、とても緊張しながらの撮影でした。でも、やり遂げました。高過ぎる場所からなので、アングルは最高というわけではありませんが、素敵なパフォーマンスでした。
 この曲はあくまでサンプルです。そのうち完全版を発表しようと思ってます。皆で楽しめるように。少なくとも、私が持ってるものは全部そうしようと考えています。それまでは、これを楽しんでください。

 私は1989年から2004年まで80近いショウをビデオ撮影しましたが、その殆どは最近まで門外不出の状態でした。夫がトレードに伴うリスクを心配してたのです。ビデオがブートレッガーの手に渡ったり、ディランのスタッフとトラブルになったり、法律的にヤバいことになったりするのは避けたかったのです。それに、コレクター間での「力関係」や競争という問題が、事態を複雑にしてました。
 しかし、今では、非常にたくさんのマテリアルがインターネット上で自由にシェアされる状況になったので、拙宅に個人的に来てくれた人だけでなく、他のファンも楽しむことが出来るように、私のビデオを公開してもいいかなと思うようになりました。
 なので、まずは、夫が自分のDATレコーディングと同期させていた数曲から公開を始めました。イギリスのボブ・ファンに協力してもらって、映像と音の同期や編集をして、DVDのフォーマットにして音源/ビデオのトレント・サイトにアップする予定です。既に、いくつかはdimeadozenでダウンロード可能です。既にアップしてあるものに加えて、もっとたくさんのビデオをフェイスブックやYouTubeにアップしていきます。
 素敵なコンサートの思い出を皆と共有するのは素晴らしいことですが、ボブ・ディランが、あれから何年も経ってるのに、今でもなお強力なパフォーマンスを続けてるのは----一部のショウは人生最高のレベルです----もっと素晴らしいことです。残念ながら、今はもう、年に1、2度、ビデオ撮影のために自分の楽しみを犠牲にしてもいいほど、たくさんのショウを見てるわけではありません。それに、夫亡き今、昔ほど上手に出来る自信もありません。最近になって、ショウを楽しむことに100%集中するのもなかなかいいことだと思えるようになりました。ビデオカメラを持たないで手ぶらでコンサートに行っても、しばらくの間は、こういうカメラアングルだと…とか、警備はどのくらい厳しいかしらとか、この瞬間、あの瞬間を残しておきたかったなあとか、ついつい考えてしまいました。そんなふうに気を逸らされずにコンサートを楽しめるようになるのには、長い時間がかかりました。

* * * * * * * * * *


(ここから先はブログ主、Savedの感想です) つい先日、ネット上に1994年2月15日の小倉・九州厚生年金会館公演の〈The Lonesome Death Of Hattie Carroll〉の動画がフェイスブックとYouTubeに登場しました。私、このコンサート、見に行きました。音は自分で録音したので持ってますが、存在するとは思ってなかった映像版が四半世紀後に突然現れたので腰を抜かしました。そして、動画に添えられてた上記の文を読んでもっと驚愕しました。その翌日から翌々日にかけて、広島で、私のごく近くでこんなことが起こってたなんて全く知らなかったからです。この夫婦がホテルの部屋で息をひそめてた頃、私は友人数人と一緒に、ロビーやホテルの周辺で関係者やバンドのメンバーとお話をしたり(原爆ドームの見えるところで、そのセキュリティー責任者に原爆は上空で爆発したと解説)、朝、広島平和記念公園のほうに散歩に行って帰ってきたボブとちょっとだけ会ったり、なんてことをしてたのです。
 私がこの夫婦と知り合ったのは96年か97年のことで、94年の日本公演の時点では見ず知らず。彼らが来てたことや、録音とビデオ撮影もしてることは、友人になってから知りましたが、広島でこんなことがあったとは今の今まで全く知りませんでした。直接会ったのは98年1月のマディソン・スクエア・ガーデンのザ・シアター公演の時のみです。その後は疎遠になってしまっていたのですが(私だけでなく、欧米のボブ・コミュニティー全体と疎遠になってしまってたようです)、今年になってフェイスブックで、突然、奥さんから連絡があって、現状を知りました。
 彼らがビデオについては門外不出の方針であることは有名でしたが(オーディオは気前良く放出)、ネットの登場とともにファン同士の事情も変化し、残された奥さんの心境も変化して、少しずつコレクションの放出を始めたことはファンにとってはうれしい限りです。



アマゾンで売ってる怪しいアイテム↓

   
posted by Saved at 22:25| Comment(0) | Bob Dylan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする