2016年10月18日

ボブ・ディランをネタに英語で俳句

 ボブ・ディランがノーベル文学賞に選ばれ、その作品の文学性を論じた似たり寄ったりの記事がたくさん登場したと思ったら(本人が何もやらなくても、ファンや世間がこういう理論武装は全部やってくれる----50年以上前から)、今度は、ノーベル財団が本人と全然連絡が取れず、授賞式に出席するのかどうかも不明という次の局面に騒ぎが移行してる中、面白い本が出版されました。ボブ・ディランの歌のエッセンスを「俳句」に凝縮して遊んでみたという本です。しかも、それをやったのはアメリカ人ジャーナリストで、英語で五七五のリズムで詩を作っているのです。出版社が見つからずに苦労したそうですが、すんなり見つからなかったからこそ、この絶妙過ぎるタイミングで発売になったとも言えます。
 私は高校生の時にマイケル・グレイ著『ディラン風を歌う』という本の「誰にでもできる「…説」遊び」という章を読んで以来、四半世紀以上、自分でも何かクリエイティヴなことが出来ないかなあと常々思ってきたわけですが、いかんせん芸術的センスもその他の能力もゼロなので、何の成果もないまま今日に至ってます。



 そんな時に発見したのがロバート・マクミランの「ディラン俳句」のサイト、Haiku 61 Revisitedです。彼と早速facebookでお友達になると、新作が出来るたびにお知らせが届くようになりました(デリーのレコード屋に関する情報交換なんかも)。そして、遂に今秋、彼がこれまでに書きためた作品が、紙の書籍として出版されたのです。俳句という日本に関連したものなのに、Amazon.co.jp等で扱ってもらえるのかどうかは現時点では不明なのですが、まずはひとりでも多くの本邦のボブ・ディラン・ファン、俳句ファン、文学ファンにディラン俳句の存在を知ってもらいたい(影響力の大きい人の目にとまればいいなあ)と思い、ウェブ上で作品を発表していた頃のロバートのエッセイを紹介します。


英語俳句については、次のサイト、書籍を参照のこと:
愛好者増加中!? 「英語俳句」ってどんなもの?
https://gakumado.mynavi.jp/gmd/articles/20625

   



記事本文を読む
posted by Saved at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | Bob Dylan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月16日

やっぱり記憶違いだったのか

 11月11日に《The 1966 Live Recordings》が出たら状況は変わりますが、今のところは1966年5月27日ロイヤル・アルバート・ホール公演の完全版音源は流通していません。【ISIS Selection 01】では実際にこのコンサートを見た複数の人物の記憶から、その中身を文字として再構成した記事を紹介しました。

 

【ISIS Selection 01】21世紀から探る1966年UKツアーの真実

by JJ・ステンゾスキ、イアン・ウッドワード他
forkN

この曲(〈One Too many Mornings〉)は通常ならばエレクトリック・セットの6曲目に演奏されていたのだが、私は新曲の前に演奏されたことを覚えている。〈Just Like Tom Thumb's Blues〉と〈Leopard-Skin Pill-Box Hat〉の間だったかもしれない。クリントン・ヘイリン著『Rain Unraveled Tales』にあるコンサート・プログラムの写真には、持ち主が書いた5月26日の公演の曲目のメモも載っているのだが、ここでも〈One Too Many Mornings〉は4曲目となっている。この晩、曲順を変えたのだとしたら、次の晩も変えた可能性が高いのではなかろうか。

という定説のセットリストとは異なる思い出の持ち主もいるのですが、公表されたボックスセットの曲目によると、演奏曲順は他の日と同じです。実際にディスクを聞いてみるまでは100%確定とはなりませんが、定説が覆らない可能性のほうが高いです。

CD 28 -London, May 26, 1966 (CBS Records recording)
1. She Belongs to Me
2. Fourth Time Around
3. Visions of Johanna
4. It’s All Over Now, Baby Blue
5. Desolation Row
6. Just Like a Woman
7. Mr. Tambourine Man

CD 29 -London, May 26, 1966 (CBS Records recording)
1. Tell Me, Momma
2. I Don’t Believe You (She Acts Like We Never Have Met)
3. Baby, Let Me Follow You Down
4. Just Like Tom Thumb’s Blues
5. Leopard-Skin Pill-Box Hat
6. One Too Many Mornings
7. Ballad of a Thin Man
8. Like a Rolling Stone

CD 30 -London, May 27, 1966 (CBS Records recording)
1. She Belongs to Me
2. Fourth Time Around
3. Visions of Johanna
4. It’s All Over Now, Baby Blue
5. Desolation Row
6. Just Like a Woman
7. Mr. Tambourine Man

CD 31 -London, May 27, 1966 (CBS Records recordings)
1. Tell Me, Momma
2. I Don’t Believe You (She Acts Like We Never Have Met)
3. Baby, Let Me Follow You Down
4. Just Like Tom Thumb’s Blues
5. Leopard-Skin Pill-Box Hat
6. One Too Many Mornings
7. Ballad of a Thin Man
8. Like a Rolling Stone

   

posted by Saved at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | Bob Dylan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月14日

文学関係記事、これもありました

《欲望》収録曲を共作したジャック・レヴィーがボブの詩作の特徴について語ってます:

【ISIS Selection 12】悪魔に無関心な歌〜ジャック・レヴィー・インタビュー
http://heartofmine.seesaa.net/article/367640792.html

posted by Saved at 10:01| Comment(0) | TrackBack(0) | Bob Dylan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする