2016年10月03日

新しいオルタモント本

 ジョエル・セルヴィン著『Altamont: The Rolling Stones, the Hells Angels, and the Inside Story of Rock's Darkest Day』が去る8月に発売されました。事件当時はローリング・ストーンズのツアー・マネージャーをやっていて、事件後は事後処理のためにひとりアメリカに残され、そのまま見捨てられていたところをグレイトフル・デッドに拾われて、今度はこっちのツアー・マネージャーになるという数奇な運命をたどったサム・カトラーがfacebookに書き込んだ読後の感想が「やっと公平な視点の本が出た。よくぞ書いてくれた」ということなので、早速お取り寄せ。約200点におよぶ参考文献をもとに丁寧にまとめられた本書は、1969年10月にデッドのマネージャー、ロック・スカリーがロンドンにやって来たところから始まって、時折、登場人物/バンドの紹介や背景説明をはさみながら、基本的には時系列通りに話が進む労作でした。オルタモントに至る道という大局を見失うことなく、トリビア的知識(あくまで「私のレベル」でね)も大量に含んでおり、飽きることはありません。



 例えば、こんなことはご存知でしたか?

・〈Gimme Shelter〉のゲスト・ヴォーカリスト、メリー・クレイトンはレコーディングに呼ばれた時、妊娠しててお腹がかなり大きかった。
・後に大監督になるジョージ・ルーカスは下っ端のカメラクルーとして撮影隊に参加しており、丘の上から望遠レンズでステージを撮影するのが主な仕事だった。コンサートが終わって皆が帰路につく幻想的なカットがルーカスの手によるもの。

Lucas.jpg

・殺されたメレディス・ハンターと一緒に来ていた白人の女の子は、過去に白人男子に嫌な思いをしていたので、もっぱら黒人の男子とばかり付き合っていた。
・ジェファーソン・エアプレインのセットでポール・カントナーと言い争ってたのが、へルズ・エンジェルズ・サンフランシスコ支部の中心メンバー、スイート・ウィリアム。(1968年冬にアップルに押しかけたのはこいつ。拙ブログのこちらこちらの記事も参照のこと)

William.jpg

・ビル・ワイマンはイベント当日の昼間に連れと一緒にサンフランシスコ市内で買物を楽しんでおり、会場に到着したのは日没の直前。
・〈Under My Thumb〉後の混乱の中、新曲〈Brown Sugar〉を演奏しようと提案したのは、新入りのミック・テイラー。

 ミュージシャン以外の、ストーンズのスタッフやデッドのスタッフ、ストーンズのアメリカ・ツアーに関わったさまざまな人(ビジネス系の人)も過不足なく紹介しており、この本を読んだ後にあらためて映画『Gimme Shelter』を見ると(2012年10月にフジテレビの深夜枠で放送された字幕説明入りのものがオススメ)、ストーンズの演奏シーン以外の、これまで早送りしちゃってた部分の面白さが格段にアップします。まさに「へえ」のオンパレード。(この映画については、拙ブロフでこんなこぼれ話も紹介してます)
 ただし、気になることもいくつか。それこそ200点ほど記されている参考文献リストにグレイトフル・デッドのフィル・レッシュ自伝『Searching For The Sound』とビル・クロイツマン自伝『Deal』が載っていません。前者は2005年春、後者は2015年5月に発表されたものなので、スケジュール的に間に合わないことはないと思います。参考にする価値なしという判断だったのでしょうか? フィルの元カノで、初期デッドの写真をたくさん撮影したロージー・マッギーの回想録『Dancing with the Dead--A Photographic Memoir: My Good Old Days with the Grateful Dead & the San Francisco Music Scene 1964-1974 (English Edition)』なんていう超マニアックな本はリストに載っているので、グレイトフル・デッドが筆者の視界に入ってなかったわけではないようです。その場にいた重要人物本人の発言を敢えて紹介しなかったのは、どういう理由からなのでしょう? ショウ当日、ヘリポートでミック・ジャガーがデッドのメンバーと会うシーンは、フィルが自分の記憶に頼って書いたものより、後に発売された『ゲット・ヤー・ヤ・ヤズ・アウト!<40周年記念デラックス・エディション>(DVD付)』のDVDに収録された動画のほうが、やや正確ですけどね。
 ということで、フィルの本とビルの本からオルタモント関連の発言をピックアップして、視点のさらなる「公平」性を図りたいと思います:
フィル・レッシュ自伝『Searching For The Sound』 第11章より

 バンドはトラックの中で縮こまりながら、私達全員が感じていること----このギグでは演奏出来ない----に合理的説明を加えようとした。私が考えた言い訳はこうだ:音楽が皆をステージのほうに引き寄せてしまうと、フロントラインのフリークたちはそれに押されて前に出てしまう。すると、エンジェルズの魔の手が待っている。これだと暴力のサイクルは終わらない。そんなものは断ち切ったほうがいい。苦痛を長引かせるのはやめよう。私達が知らなかったのは、ストーンズが映画用の照明効果が最大限になるよう、日が没するのを待っていたということである。しかし、それが明らかになった頃には暴力はますます激しくなり、私達は完全に怖じけずいてしまい、リスクを冒してもステージに上がりたいという気持ちはなくなっていた。ということで、ストーンズのロード・マネージャーのサム・カトラーが事情を説明するためにやって来た際には、彼に対してこのことを認めたわけではないが、私達は口をそろえてきっぱりと出演を拒否したのだった。
(中略)
 今、私はグレイトフル・デッドが演奏しなかったことを後悔している。ついさっき行なった前言を翻すことになってしまうが、もし演奏していたら、音楽の力でイベントのリズムを少しは修正出来たかもしれない、絶え間ない暴力の洪水のスピードを遅くし、もしくは止めることが出来たかもしれないと思うのだ。事態がどう転ぶかなんて誰にもわからないのだから。最終的な分析をすると、私達は、憎悪の流れを逆にして、それを愛へと変えるために、音楽の力とコミュニティーのスピリットを信じて立ち上がることが怖じけづいて出来なかったのだ。立派な態度だったとは言えない。

ビル・クロイツマン自伝『Deal』

(第4章より)
 ギグがない時には、自分たちでそれを作り出した。無料で、ただ演奏したくて演奏したのだ。あの頃は、出来るだけたくさん一緒に演奏したいっていうやむにやまれぬ気持ちがあり、フリー・コンサートはやらずにはいられないことだった。ビジネスじゃなく冒険だった。(中略)フリー・コンサートを行なう時には、神のご意志であるかのような恩寵とともに全てがまとまった。
 無料のロック・コンサートっていう概念は年月を経るに従って変わっちまったが、次の点ははっきりさせておきたい。オレたちがフリー・コンサートをやった時には、スポンサー企業は一切存在してなかった。密約もなし。リベートもなし。ただスリルだけがあった。プレイしたかったからプレイしたのだ。こうしたギグは、演奏開始の数時間前に、メンバーのひとりがやりたい気分になって、決まったこともあった。

(第7章より)
 マスコミが押しかけた記者会見にミック・ジャガーが登場して、ストーンズはツアーの締めくくりにゴールデン・ゲート・パークでフリー・コンサートを行なう予定だと発表したので、もう後戻りは出来なくなった。こうしたイベントはこんなに前もって発表すべきでないことくらい、ミックだってわかっていたはずだ。密かな要素ってものが、オレたちが数々のフリー・コンサートを成功させてきた秘訣の1つだった。宣伝しちまっては、公園でそれを行なうちゃんとした許可を確保することなど、もはや出来ないのだ。
(中略)
 この日のラインナップはサンタナ、フライング・ブリトー・ブラザーズ、ジェファーソン・エアプレイン、クロスビー・スティルス&ナッシュ、グレイトフル・デッド、そしてローリング・ストーンズだったのだが、オレたちはそのリストから消えることにした。それについてちゃんとした話し合いが行なわれたのかどうかは覚えてないが、オレたちは演奏するのは無理だった。あのステージに出て行くなんて出来なかった。あんな敵意に満ちた状況で演奏するなんて無理だ。単に生存本能に従ったまでさ。
 ローリング・ストーンズはその時点でステージに出て行くべきだったのだが、あたりが暗くなるまで、さらに数時間待った。ここで連中の真の動機が明らかになった。コンサートを撮影して、ツアーのドキュメンタリー映画のクライマックスとして使おうって算段だったのだ。結局、このイベントはフリー(無料)じゃなかった。ストーンズ側はここから利益を得ようと計画してたのだ。それがこのイベントを覆っていた暗い影と関係してたのかもしれない。オレたちの経験じゃ、フリー・コンサートが成功したのは他の下心がない時のみだった。演奏するもしないも自由だった。どちらにしても身が危険にさらされることはなかった。

 上記2書および他のさまざまな記事では、ローリング・ストーンズが観客を何時間も待たせたという論調ですが(Wikipediaも)、『Altamont』はこの認識に少し修正を施しています。ストーンズがステージに登場したのは予定時刻を少し過ぎたくらいで、1969年ツアーの他のコンサートと比べたら、客を待たせてないほうです(ビル・ワイマンの会場着が日没直前だったので、早目にステージに出たくても出れなかったでしょう)。客が長時間待つことになったのは、ストーンズのせいというよりは、デッドが演奏しなかったからです。
 そもそも12月上旬のサンフランシスコの日の入はだいたい17:00で、映画『Gimme Shelter』には「午後6:20、メレディス・ハンターの死亡確認」というシーンもあるので、遅くとも19:00にはコンサートは終了していたでしょう。昼間に出演したクロスビー・スティルズ・ナッシュ&ヤングはセット終了直後にロスに飛び、UCLAのポーリー・パヴィリオンでコンサートを行ない、グレイトフル・デッドは日没直前にステージを終了し、晩にはフィルモア・ウェストでのコンサートが予定されてました。デッドはこんなことがあった後なので演奏する気になれず、こっちもキャンセル(そう言い出したのはクロイツマン)。当然のことながら、ビル・グレアムは大激怒したそうです。
 最後の最後に、今回のオルタモント本の決定的な間違いを発見してしまいました。p.306に「ロック・スカリーは映画には全く登場してない」と書いてありますが、してます。こんなに大きく映ってます。証拠↓:

Scully.jpg


  


posted by Saved at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | Rolling Stones | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月13日

『ポール・マッカートニー死亡説大全』Amazonで読み放題

 『ポール・マッカートニー死亡説大全: ビートルズ末期に起こったロック史上最大の珍事』をアマゾンで読み放題に設定しました。こんなくっだらね〜トンデモ本、タダなら読んでやらないことはないという方、今がチャンスです。

フレッド・ラバー(誤)→ フレッド・ラボア(正)に直しながら読んでいただければ幸いです。

 

 youtubeにポールの顔の変化をまとめたこんな動画があります。頬がたるみ、シワが増えてきますが、鼻の形は同じ。途中で別人に入れ替わってはいないようです。

posted by Saved at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | Beatles | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月23日

「ハリケーンの夜」のテープの話(少しだけモハメド・アリ追悼)

 1975年12月8日にニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンで行なわれた「ハリケーンの夜」は、《The Hurricane Carter Benefit》等のブートレッグに収録された超優秀オーディエンス音源(ボブ・ディランの部分だけ)が昔から知られていますが、今回紹介する記事に出てくるのはこのテープではありません。オープニングから〈Hurricane〉までの約4時間を収録したモノラル・レコーディングを、15年ほど前に録音者本人が放出したので、それまで文字情報だけで音を全く聞くことが出来なかった部分(モハメド・アリのスピーチやルービン・カーターの電話出演、ロバータ・フラックのセットなど)を含むショウの「ほぼ」全貌が「音」として明らかになりました。「ほぼ」というのは、優秀オーディエンス録音は最後の2曲〈Knockin' On Heaven's Door〉〈This Land Is Your Land〉がなぜかノイズだらけ(この2曲を別の日から持って来たブート、ノイズだらけのまま収録したブートがあります)、新発掘の4時間テープは〈Hurricane〉までの収録という具合で、どちらもショウの最後の最後が不完全でした。

bob ali.jpg


ali.jpg


 とはいえ、今回の記事でも触れられているrec.music.dylanへの書き込みに対して、私も問い合わせを行ない、4時間バージョンを送ってもらったのを覚えています。「リクエストが世界中から」の中には私も含まれます。私からは何を送ったかなあ…。
 この録音者と再び接触があったのは、私がfacebookに登録した2010年のことですが、彼が作ってるディラン情報サイト、Dylan Examinerにこの話が掲載されるまで、彼があのテープの主だったとは気づきませんでした。あちらさんもトレードの件はすっかり忘れてたようです。
 私達が直に会う機会があったのは、2013年7月のポール・マッカートニーのボストン公演の時でした。パソコンの回線の向こうのずっと先のほうには本当に人間が存在しているのを確認するのは、毎回、嬉しいことです。

  





記事本文を読む
posted by Saved at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | Bob Dylan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月21日

ザ・ディキシー・ハミングバーズ〈City Of Gold〉秘話

文:ロッド・ペック

 私がラリー・キャンベルというミュージシャンの存在を知ったのは、1997年5月1日、インディアナ州イヴァンスヴィルでのことです。ボブ・ディランのバンドにいるラリーを見たのは、この時が初めてです。この頃はまだインターネットを始めてませんでしたが、ディランがイヴァンスヴィルに来ることと、バンドに新メンバーがいることは知ってました。エレクトリック・セットの最初の6曲では、ラリーが何をやってたかは覚えてませんが、その後、彼がフィドルを手にするとアコースティック・セットが始まり、その1曲目でディランが〈Friend Of The Devil〉が歌ったのです。これは音楽ファンとして私が体験した最高の瞬間の1つです。

campbell_dylan.jpg


 ところで、この話の本題はディランのレア曲〈City Of Gold〉です。これはディランが「ゴスペル期」の1980年に書いた曲で、理由は定かではないのですが、ディランはこの曲をコンサートでわずか数回披露した後は捨ててしまい、アルバム用にレコーディングすることもありませんでした。偉大なディラン研究家のポール・ウィリアムスは「伝統的スピリチュアルの優雅でシンプルな構成を持ったディランの新曲」と述べています。この曲が再び世に出たのは2003年のことでした。1920年代に結成された超ベテラン・ゴスペル・グループ、ザ・ディキシー・ハミングバーズの75周年記念アルバム《Diamond Jubilation》に収録されたのです。まさにこういうゴスペルを聞きたいと思うような、素晴らしい演奏です。しかも、驚いたことに、このアルバムのプロデューサーはラリー・キャンベルじゃないですか! 以来、私はずっと考えていました。「どういう経緯であのディランの曲がアルバムに入ったのかなあ?」と。

LC&birds.jpg


 時間を2015年まで早送りしましょう。この年、ラリー・キャンベルとテレサ・ウィリアムズは共演アルバム第1弾をリリースし、それが素晴らしい内容だったことは言うまでもありません。昨年夏にアイオワ州セダー・ラピッズのCSPSホールでふたりのショウがあったので、私は妻や友人たちと一緒に見に行きました。この規模のコンサートでは、たいてい「ファン・ミーティング」が催されるので、ラリーに〈City Of Gold〉について質問しようと思ってたのですが、一緒に行った仲間からはやめとくように言われました。ボブの話をしたらラリーに気まずい思いをさせてしまうのではないか、雇用契約にボブのことは他言無用という条項があったかもしれないし、というのが彼らの言い分でした。実際、ディランが自分のプライバシーをしっかり守り、彼に近い人間も口が堅いことは、有名な「ディランの神秘性」の一部です。ラリーは優しく、とても気さくな人物でしたが、彼と一言交わせる機会が回ってくる頃には、私は既に、ディランのことは訊かないようにしようと心に決めてました。しかし、全てが終わった後、「ラリー、〈City Of Gold〉の件、教えてください」と言わなかったことで自分を責めました。
 ということで、この前の日曜日(2016年4月17日)にラリーとテレサが再びセダー・ラピッズでコンサートをやることになっていたので、思いました。「今度は質問してみよう!」と。ショウの間ずっと、私は「どうしたら、ラリーにこの件を快く話してもらうことが出来るだろうか」と考えていました。それに、他に訊きたい質問もたくさん頭の中を駆け巡ってました。何カ月も前から計画してたことなのに、ショウが終わる頃には、私は緊張してきました。
 ということで、私はロビーのCDが並べられているスタンドの近くでラリーが出て来るのを待っています。この待ち時間を利用して、「ディランの神秘性」なんかナンセンスだと思ってる人に、それがどんなものなのか説明しましょう。ディランは存命中のアメリカ人ミュージシャンの中で最も影響力が大きいだけでなく、作曲や演奏において、実際的なレベルでは意味をなさず、神秘主義のようなものを通さないと理解することが出来ない深遠な内容を含んでいるようなイメージを与える才能も持っています。それにプラスして、あらゆるディラン・ファンが自分なりの「主張」を持っていて、本当にそう出来てるのかどうかはわかりませんが、自分にはディランの作品に対するある程度の洞察力があると思っています。そして最後に、数年前、私は週に1回、ディランに関するラジオ番組を担当してたのですが、作業をしている間中、後ろからボブがのぞき込んでいるような、私がバカなことを言わないか、ボブが聞き耳を立ててるような気がしてなりませんでした。これをお読みのディラン・ファンなら、私の言ってることがわかるでしょう。他の人は、私の頭がおかしいと思うでしょうけどね。
 さて、ラリーと話せるチャンスが遂に回ってきました。私のアゴはガクガク震えていましたが、遂に言いました。「あなたがプロデュースしたザ・ディキシー・ハミングバーズのアルバムに入ってる〈City Of Gold〉って曲について訊きたいことがあります。どういう経緯であのアルバムに収録されることになったのか、裏話があったら教えてください」
 そしたら、何のためらいもなく、ラリーは答えてくれました。「プロデュースの仕事が舞い込んだ時、ボブのところに行ってその件を話して、おすすめの曲はないかと訊いたら、この曲をくれたんだよ」
 そして、ディランは完成したトラックを聞いて気に入り、同年に出た映画のサウンドトラック《Masked and Anonymous》にも収録した(この時点で映画は既に完成していたのに)とのことです。
 私はディランに関するこのインサイダー情報を聞いて超驚き、訊きたいと思ってた他のことは全部、すっかり忘れてしまいました。「ワォ、ラリー。ステキな話だ」とお礼を言って、私の番は終了。
 ザ・ディキシー・ハミングバーズの歌う〈City Of Gold〉は下のアルバムに収録されています。



 1980年11月12日にサンフランシスコ、ウォーフィールド・シアターで披露されたディラン本人のバージョンは、ここで聞けます。



 明らかにリハーサル不足で、アレンジらしいアレンジも施されてませんが、それでもいい曲です。ディランはリジーナ・マクラリーとこんな歌詞を歌っています:

There is a city of peace
Where all foul form of destruction will cease
Where the mighty have fallen and there are no police...
There is a city, a city of peace
There is a city of hope
Across the ravine by the green sunlit slope
An' all I need is an axe and a rope...
To get to the city of hope


The copyrighted article "City Of Gold" by Rod Peck
Reprinted by permission


   

posted by Saved at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | Bob Dylan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする